http://エスキュービズムのサービス開発事業 http://エスキュービズムのサービス開発事業
  • 2016-2-26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『日経産業新聞』(2016年2月19日発行)に多言語対応の免税機能付きレジについて掲載頂きました。

プレスリリースはこちら(PDF)

  IoTソリューションを提供する株式会社エスキュービズム・テクノロジー(本社:東京都港区、代表取締役社長 武下真典、http://tech.s-cubism.jp/ 以下 Sテック)は、訪日客向けのレジと免税手続き処理がセットになったkiosk端末を開発しました。本端末の導入により店舗のメリットとしては、レジ精算後に手作業で行っていた免税書類作成の手続きが自動化されるため、業務効率の改善に繋がるほか、誤認などが軽減できます。また、訪日客のメリットとしては、自身で手続きが行えるためパスポートを手元から手放すという心配がなくなります。なお、3月8日(火)~11日(金)に東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN 2016(第32回流通情報システム総合展)」のエプソンブース(東1ホール ブースNo.RT1401)で展示します。

外国人対応免税セルフレジ

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
インバウンド対策、事例、ノウハウから、訪日外国人のデータまでの最新のお役立ち情報配信メディア「インバウンドNOW」
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る