ウェビナー案内 ウェビナー案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月20日、ニフティクラウドの解説本『ニフティクラウド IaaSによるシステム構築/活用入門』が発売開始します。

この本では、ニフティクラウドの基本的な利用方法から業務への適応、セキュリティやストレージ管理などの実践的な面、各種オープンソースソフトウェアを活用した環境構築の自動化、監視方法なども紹介しています。

ニフティクラウド解説本ですが、クラウドサーバ全般に当てはまる入門ラインから最新動向までを盛り込んだ内容となっており、最新技術の現場で活躍するエンジニア陣による執筆の一冊。エスキュービズムでは、開発企画部ディレクター・岸本が、第8章「クラウドのデータベース - NoSQLによるデータストアの構築」の執筆を担当しました。

・クラウド利用を検討している
・クラウドについて知識を深めたい
・ニフティクラウドを契約しているが、活用しきれていない
・インフラの最新技術についてキャッチアップしたい

こんな方々はぜひお手にとってみてください!

ニフティクラウド IaaSによるシステム構築/活用入門

クラウドサービスのひとつであるIaaS(Infrastructre as a Service)は、従来のホスティングサービスとの関連性が高く、国内でも多くのサービスが提供されています。こうした「国産クラウド」のうち、「ニフティクラウド」は、小さなシステムから利用を始められ、ストレージサービスやオートスケールなどの本格的な機能も持つことで注目されています。

本書は、IaaSを組織のシステムで使うことを踏まえたニフティクラウドの解説書です。ニフティ社専門スタッフとユーザーグループの中心メンバーが、サーバーの作り方からストレージの利用、運用/監視やセキュリティまでを詳しく解説します。クラウドを実務で利用する際に必要な情報を網羅した初の解説書として、読者の方にお読みいただけます。

▽オンラインショップでのご購入
翔泳社:SEshop
Amazon.co.jp

著者 石田健亮、岸本康二、仲山昌宏、吉田雄哉、渡辺一宏/ニフティ株式会社(監修)
書籍名 ニフティクラウド IaaSによるシステム構築/活用入門
発売日 2012年2月20日(月)
定価 3,129円(税込)
出版 翔泳社
ページ数 336ページ

目次

第1章 クラウドコンピューティングとニフティクラウド
第2章 ニフティクラウドの基本操作
第3章 ニフティクラウドによるシステムインテグレーション
第4章 運用監視の「自動化」と「見える化」
第5章 ニフティクラウドのセキュリティ
第6章 ニフティクラウドストレージについて
第7章 ニフティクラウドのスケーラビリティ機能
第8章 クラウドのデータベース ―NoSQLによるデータストアの構築
第9章 ニフティクラウドの実践的テクニック集

第8章 クラウドのデータベース ―NoSQLによるデータストアの構築

アクセス増減に対応するオートスケールとクラウドAPIなど、クラウド上のデータベース基盤についてネットショップを題材に考察。
データベース、クラウド環境の関係とメリット・デメリットと分散KVSについてご紹介しています。

著者:岸本康二
EC系のシステム開発に携わりながら大規模ECサイトの負荷に耐えうるデータベースの研究を行い、オープンソース分散KVSであるCassandraをベースにトランザクションを可能にした「NanaHoshi」を開発。EC-CUBEカスタマイズ本など執筆活動やセミナー講演なども数多く手がける。

S-cubism ニュースレター登録

アーカイブ

EC・小売業界のニュースやトレンド、最新情報などをお届けする無料メルマガにご登録ください。
ページ上部へ戻る