マルチテナント

複数のECサイトの売り上げや顧客情報を共通の管理画面から一括管理することができます。ブランドごとにECサイトを製作することも可能です。また、複数の企業から出店を募るショッピングモール形式のECサイトを構築することも可能です。

マルチテナントの構築に必要な機能が標準搭載されています

共通ログイン

ユーザーは共通のID・パスワードでマイページにログインすることができます。

カート(会計)共通化

異なる店子の商品を、ひとつのカートにまとめて決済することができます。

ポイント共通化

ユーザーに付与するポイントを共通化し、すべてのECサイトで共通で利用できます。ポイントを利用した販促活動に活用できます。

構築例1:ブランドごとにECサイトを構築

運営会社が複数のブランドを持つ場合、それぞれのブランドごとにECサイト(店子)を立ち上げ、一つの管理画面で売り上げや顧客情報などを管理することができます。
フロントデザインは自由に変えることができるので、客層や販売価格が異なるブランドでもユーザーから見たときの違和感を軽減することも可能です。

ユーザーはすべてのECサイトにおいて共通のID・パスワードでマイページにログインすることができます。

構築例1:ブランドごとにECサイトを構築

構築例2:ショッピングモール形式のECサイトを構築

運営会社からの出店を募り、ショッピングモール形式のECサイトを構築することができます。店子(ショップ)ごとに管理画面を振り分け、運営会社ごとに独立したECサイトを出店できます。 サイト全体を統括する総合トップページを作成することも可能です。
統括本部は、フロントデザインから商品登録、配送まで全てを運営会社に委ねることができます。

構築例2:ショッピングモール形式のECサイトを構築

ワンポイントアドバイス

カート共通化の場合、受注データの振り分け設計がカギになる。

マルチテナント型の場合、基本的にはフロントからバックエンド業務までを各テナントが行います。複数ブランド展開をしている場合や統合されたショッピングモールを持つ場合、共通カートを利用したいというニーズがあります。その場合、共通カートに入っている会計伝票の管理、受注データの振り分けや会員ポイントの持たせ方、配送料の処理をどのように設計するかが重要になります。

カート共通化の場合、受注データの振り分け設計がカギになる。

他の主要機能について見る

開発期間・費用・お見積もりについて、専門スタッフがお答えします。
まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ
03-6430-6732(受付時間 平日 9:30〜18:30)

ECのミライを考えるメディアのお役立ち情報