法人取引

これまではFAXや紙面でやりとりしていた企業間の受発注、新規口座の開設手続きなどをすべて電子化。 スムーズな企業間取引を実現し、業務効率の改善をサポートします。

円滑な法人取引を実現するドロップシッピングを構築

商品画像や登録用データをあらかじめ用意することで、メーカー直販のドロップシッピングを構築できます。
家電量販店などの複数の卸先とのやりとりを、より円滑に行うことができます。

マーケットプレイス型ECサイトの構築例

法人取引に必要な機能を搭載しています

受発注処理をすべて電子化

これまでFAXや営業担当同士が紙でやりとりしていた受発注のやりとりを、すべてWeb上で完結できます。

取引先別掛け率設定

いまお使いの基幹システムと連携、既存の顧客情報を取得しお取引先様ごとや商品ごと、カテゴリごとに掛け率を設定できます。(※新規構築の場合でも、連携する基幹システムはお選びいただけます。)

選べる口座開設フロー

新規取引先様の口座開設フローは、Web上だけで完結するフローと、従来通り紙のやりとりで承認を得たあとにWebから入力するフローの、2パターンから選ぶことができます。

請求書・見積書の個別発行

お取引先様ごとに請求書や見積書を発行することができます。また、お取引先様の専用画面から見積書、納品書などを宛名を任意に変更してダウンロード可能、BtoBtoBやBtoBtoCでの利用に対応しています。

配送締め時間を設定

注文商品の発送時間の締め時間を設定できます。例えば、午前中の注文は当日配送、12時〜18時までの注文は当日出荷翌日配送、などのように設定できます。

企業間マーケットプレイスにも対応

マーケットプレイス機能と組み合わせることで、多くのメーカーから商材を仕入れ、多くのお取引先様に卸す、といった企業間マーケットプレイスを構築できます。(※カスタマイズで対応しています)

ワンポイントアドバイス

価格設定時のワークフロー設計が重要

法人取引では、価格設定、ランク設定、購入可能・不可能設定、セット販売の有無など、取引先ごとに細かな設定が必要になります。また、設定を決定するに至るまでの運用会社側のワークフロー設定も重要になります。
特にワークフローの運用面で、Webシステム上でどこまでを管理、仕組化するのかが重要です。設定を細くしすぎてしまうとシステム動作や運用負荷が重くなってしまうので、バランスのとれた設計がポイントとなります。

価格設定時のワークフロー設計が重要

他の主要機能について見る

開発期間・費用・お見積もりについて、専門スタッフがお答えします。
まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ
03-6430-6732(受付時間 平日 9:30〜18:30)