貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年における小売業界のトレンドを読む上でのキーワード

最近では小売業者に対する消費者の要求も多岐に渡り、それに対応すべく使用するテクノロジーやその利用のされ方も

大きく変化してきています。また小売業者としては国内だけに留まらず世界的規模における業界のトレンドというものをしっかりと把握しながら対応していく必要があります。ここではこのような現状を踏まえて、小売業者が2015年のトレンドを考える時どのような点に目を向けていけばいいのかを、「旅行関連」「モバイル」そして「最新式小売システム」をキーワードに見ていきたいと思います。

旅行関連小売:

世界各国では依然として一般的に海外旅行の人気は高く、この先もますます多くの旅行者が世界を行き来することになるのは間違いありません。そして旅行する時というのは基本的にお金を多く使うものですから、それに合わせて小売業界もこういった海外旅行者をターゲットにした販売戦略を強化する必要があるといえます。

(引用元:Travel / susivinh

モバイル機器からの購入:

2015年には世界人口の65%が携帯電話を使用することになることが予測されており、それに伴ってモバイル機器を通した小売販売の分野において大きな成長が見込まれます。小売業者としては、実店舗においてもモバイル機器を便利に活用できるようにアレンジする他、ウェブサイトも様々なタイプのモバイル機器に適応化させるなどの対応が求められてきます。また、新しい世代はデジタル機器を必ず利用するという事を前提に考えるのはもちろん、小売業にとって「スピード」というのは顧客確保に関してこの先無視することが出来ない大切な要因となってきます。

(引用元:mobile phone / Irita Kirsbluma

最新技術を駆使した小売販売:

小売業界にはこれからも引き続き新しいテクノロジーを駆使した販売手段が次から次へと登場することが予想されます。従って業者側としてはこの流れをしっかり受け止めて積極的に最新テクノロジーをテストしてみる姿勢が重要です。また実店舗がEコマースに対抗するためには、ソーシャルメディアを上手に活用して宣伝を効果的に行いながら、消費者の注目を引くようにディスプレイなどにも工夫をこらし、様々な新しい形の販売プラットフォームを利用していくことが求められてくるのです。

(引用元:Die Idee 232/365 / Skley

この記事はTop Global Retail Trends of 2015の記事を海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る