貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンソース・ショッピングカートについて知っておきたいこと

オンラインショップを始める際には通常スタートアップに関する様々なコストが絡んでくることになり、特に自社

専用のショッピングカートを持とうとする際には「セットアップ費」「サービス費」「メンテナンス費」といった名目でその都度莫大なコストがかかってきます。一方、「オープンソース」式のショッピングカートの魅力と言えば何と言ってもその低価格にあり、自分の必要に応じてサービスの様々なカスタマイズが可能であるという点も特徴的です。このような特色を持つ「オープンソース・ショッピングカート」を利用するに当たって知っておきたいポイントをここでは検証していこうと思います。

データの安全性

オープンソースのサービスは文字通り不特定多数のユーザーが使用することになるため、ハッカーの攻撃による個人情報漏洩といったリスクが高くなってきます。そのためSSLプロトコルを導入してセキュリティ強化を図る必要が出てきます。利用するサービスによってコストは上下しますが、SSL導入は必要不可欠なものであるという事に間違いありません。

もう一点確認しておきたいことは、ショッピングカート自体がPCIに準拠しているかどうかということです。このPCI(Payment Card Industry)データスタンダードへの準拠はクレジットカードでの支払いサービスを提供する小売業者にとっては必須となるものです。

万が一PCIに準拠しないショッピングカートを使用して決済を行った際には罰金が科せられるケースも出てきます。最悪の場合は決済機能自体が使用不可能となる場合もありますから規則や規定は順守するようにしましょう。

実際にはPCIに準拠したオープンソース・ショッピングカートは「Shopify」など限られたオプションに絞られてきますので、それぞれのサービス内容について事前に調査しておくことをお勧めします。

幅広いカスタマイズ

ビジネスにとっては、在庫以上の商品を販売してしまったりサイト上でテクニカルな問題が発生して売り上げに影響を及ぼすような事態は是が非でも避けたいところです。

専門家も指摘するように、一般的なショッピングカートはデフォルト機能が充実しているとは言えませんので、オープンソース・ショッピングカートをインストールし、変更を加えながら独自にカスタマイズしていくことが必要になってきます。

画面上の操作パネルで簡単にカートの機能をカスタマイズできる場合もありますが、本格的に取り組みたい場合は「コード」から変更を加えることが重要です。

コンピュータに詳しくない場合は、カスタマイズ化されたショッピングカートの作成の手間を省くためにもネットワークホストを利用することで必要な機能に簡単にアクセスすることが可能になります。例えば様々なアプリの中からよりスムースな消費者サービスの提供に適した物として、注文が入ってから実際に配達が完了するまで追跡調査がいつでも行えるようにするアプリなどは大変有用です。

こういったアプリの中には無料のものもあれば月額$50ほどから費用がかかるものもあります。在庫管理アプリなどは商品の最新在庫状況を常にモニターして管理してくれるので、販売をより確実かつ円滑に行う助けとなり、これさえあれば消費者がいざ購入手続きに入るという段階で該当商品が在庫切れであった、といったような事態も防ぐことが出来ます。

サポートとトラブルシューティング

一般的には、ユーザーコミュニティによって構築されているオープンソース・ショッピングカート用の「お助けサイト」を通して問題点の原因などについての情報を得ることはできますが、結局のところ専門家では無い一般ユーザーの意見ですのでここでの情報は必ずしも正確かつ最新のものであるとは限りません。

この点がオンラインビジネスの多くがオープンソース・ショッピングカートの利用に対して二の足を踏む原因となっています。つまりオンラインビジネスそのものを常に消費者にとってアピール度の高いものに保ちながらも、テクノロジー面でのサイトメンテナンスを同時にこなしていかなくてはならないという場合は、管理業務に相当の負担がかかってくるのです。

したがって、自分でスキルが有るか無いかに関わらず専門のソフトウェアデベロッパーを利用するのが良いでしょう。こうして技術と知識が豊富なプロにショッピングカート自体のカスタマイズを任せることで、肝心のビジネスの成長やその他の問題点への対処に労力をつぎ込むことができるのです。

オープンソースの利点

オープンソースの利用に関してはいくつかの大きな障害が出てくることは避けられませんが、システムの持つ柔軟性やカスタマイズ機能といった特徴は長い目で見ると大きな効果をもたらしてくれるものです。

また、デペロッパーにショッピングカートのカスタマイズを依頼する際には、独自のカートを所有している場合と比べてもお得な費用で、さらに自分のビジネスにとって最適の形に調整してもらえることも期待できます。

オンラインビジネスにとって最も重要であるのは、自分のビジネスがユニークなブランドとしてしっかりマーケットで存在感をあらわしているかどうかということになります。したがってデベロッパーを選ぶ際にもソフトウェア拡張用のアドオンを無料で提供してくれるようなところを選ぶようにすると良いでしょう。

結局はここでもしっかりと事前にリサーチをして、自分のビジネスに合ったシステムを見つけ出すことが大切になってきます。

この記事はThe Truth about Open Source Shopping Cartsを海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る