http://エスキュービズムのサービス開発事業 http://エスキュービズムのサービス開発事業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オムニチャネル強化に新モバイルアプリを投入するアパレル小売りの「Guess」

アパレル小売りのGuessは店舗とオンラインにおけるシームレスな買い物経験、いわゆるオムニチャネル・リテイリングを

提供するためのアプリを開発しました。MicroStrategyによって開発されたこのアプリにより、小売りと顧客の関係強化が期待されています。このアプリが開発される前にもGuessはオムニチャネル・プラットホームの効果的な開発のために様々な方策をとってきました。

スマホやタブレットの普及、オンラインショッピングの人気の高まりにより、米国の小売りは、チャネルに関係なく顧客を引きつけるオムニチャネル・リテイリングに傾倒してきています。マルチチャネルにおける顧客は普通の顧客よりも購買意欲が高い傾向にあります。これもあって小売りは顧客の要望に応えようと企業努力を重ねています。
Guessにとってもオムニチャネルは重要事項であり、オンライン市場でライバルに打ち勝つべく店舗を有効活用しようとしています。

オムニチャネル化するアパレル市場

米国のアパレル市場は乱立するチェーン店やプライベート・レーベルにより飽和状態にあります。このような競争状態によりアパレルにおける成長の余地は限られており、結果eコマースのような代わりとなるチャネルに向かうのが必然でした。しかし、オンライン小売りの売上げが増加しているにも関わらず、GapやAmerican Eagle、そしてGuessのような企業にとってはeコマースは巨大産業に成長しませんでした。売上比にするとGapでは12パーセント、American Eagleでは13パーセントにすぎません。Guessは発表していませんが大きな売上げではないことが伺えます。Guess の2014年度第3クオーターにおける既存店売上高は、eコマースの売上げが33パーセント増加したのにも関わらず5パーセント減少しました。

こうした状況により小売りは現在、顧客のオンラインへの興味を店舗売上げの向上につなげることに目を向けています。2013年6月にRetail Systems Researchによって行われた調査によると、84パーセントの小売りが「チャネルを超えて一貫した顧客経験の創造が非常に重要である」と答えています。さらに、マルチチャネルにおける顧客はより広い商品構成やディスカウントに触れる分、通常の顧客よりも購買意欲が高い傾向にあります。そのため米国小売りにとってオムニチャネルに投資することは必須事項となっています。Edgell Knowledge Networkの調査によると、北米の小売りの大多数は2年以内にモバイル向けの施策を計画しています。
しかし、米国におけるオムニチャネルが十分に発展しているとは言えません。小売りがマルチチャネルの顧客の要求に対応しきれていないのが現状です。Retail Systems Researchの調査では、「オムニチャネル戦略の13の重要事項」を満たしている小売りは20パーセントにも満たないものでした。これはGuessにとってはライバルに差をつけるチャンスでした。

Guessの猛攻

過去一年間、Guessはeコマースと店舗、モバイル、ソーシャルメディアを統合するべく努めてきました。2014年度の第2クオーターでオンライン注文商品を店舗在庫から出荷し始めました。第3クオーターの終わりには100以上の店舗がeコマースの出荷業務を担うようになりました。さらに、Guessはオンラインで予約し店舗で引き取るサービスや、iPadキオスク、モバイル対応サイトなどを導入しました。これらと平行してPOSシステムをアップグレードし、製品ライフサイクル管理システムを強化し、サプライチェーン効率を向上しました。

最近では顧客サービス、ファッションのお勧め、シームレスな買い物体験を強化する最新のアプリを投入しました。
このアプリではソーシャルメディアで商品を勧めるなどしてブランドの知名度向上を担った顧客にロイヤリティプログラムを提供しています。顧客は追加のディスカウトや商品保証を受けられます。このアプリによってGuessの知名度は高まり、顧客と企業の距離も近くなるものと考えています。
Guessのeコマースが順調な一方で、店舗の方は苦戦しています。オムニチャネルを強化することでインターネットでの顧客の注目を集め、集めたトラフィックを店舗に向けさせることは可能であると思われます。そうすることでGuessは店舗の売上げを向上し、顧客の好みを読みやすくなると思われます。さらに、多くの小売りがオムニチャネル化することによってGuessの競争力は保たれると思われます。

この記事はGuess? Launches New Mobile App To Strengthen Its Omni-Channel PlatformをOrange Blogが日本向けに編集したものです。

モバイルアプリはマーケティングの次の一手に!

市場調査ダウンロード
モバイルアプリは今後企業のマーケティングの次の一手に成り得るかもしれません。
海外〜日本のアプリ市場動向、モバイルアプリ利用者の行動についてのレポートから、アプリをどのようなシーンで利用するかなどをまとめた資料が無料でダウンロードできます。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る