• このエントリーをはてなブックマークに追加

需要はあるが足りていないB2B Eコマース

Eコマースでの購入について考えた時、通常ではAmazon、eBayなどの企業から購入する個人顧客を想定します。

しかし、個人消費者ではなく、企業が企業から商品をオンライン購入する場合はどうでしょうか?

調査によるとB2Beコマースの需要は高いのですが、商品やサービスをオンラインで販売するB2B企業はわずか25%と、需要に足りていない状況です。また、90%のB2Bバイヤーはオンラインでの購入を望んでいますが、ほとんどの供給業者はそれにほとんど対応できていないことを統計は示しています。

Amazonはそうした空白をAmazon サプライ購入オプションで埋めようとしていますが、供給業者は第三者企業に商品販売を委託することでかなりの歳入を失っているため、改善が必要です。

以下はこうしたB2Beコマース不在の現状を表したインフォグラフィックです。目を引くのは20代、30代の世代が将来的にB2Beコマースに与える影響力です。2025年にはこの世代がB2B企業の人員の75%を占めます。また、現状で購入に関わる企業の89%を占めています。
B2BeコマースサイトにもっとアクセスがあればどれだけB2B取引が効率化されるかは想像に難くありません。

THE B2B E-COMMERCE PARADOX

インフォグラフィックスの全体はこちらから

この記事はB2B E-Commerce is in High Demand But Lacking [Infographic]を海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る