貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Javaは常に最新のバージョンにしておくべき理由

ときどき現れては最新版へのアップデートを促してくるJava。アップデートされたからといって大きく仕様変更がなされることも稀ですが、それでも定期的なアップデートは逐一行った方が良いと一般的には言われています。

大きな変更がないのにもかかわらずアップデートが更新され、インストールする必要があるのはなぜなのでしょうか。今回はそんなJavaの仕様と最新バージョンを維持すべき理由についてご紹介します。

  • ポピュラーなプログラミング言語であるJava
  • 最新の状態でなければその特性を活かせない
  • セキュリティ向上も兼ねて常にアップデートは忘れないように

そもそもJavaとは何か

Javaは世界で最も使われているプログラミング言語の一つで、様々なアプリケーションに用いられています。OSもwindows、macの両方に対応しているため人を選ばず、PCを持つ人であれば誰にでもJavaを用いたソフトを利用してもらい、かつJavaを用いた開発を行うことができるのです。

ポピュラーな言語であるJava

そのような汎用性からJavaをプログラミング言語として習得したいと考える人も多く、同時にJavaを使える人材も様々な分野で必要とされているのが現状です。世の中のIT化が進む一方で、まだまだエンジニアの数が足りているとはいえず、今日では日本のみならず世界中でJavaのようなポピュラーなプログラミング言語を取り扱えるエンジニアの需要が急激に増加しています。

他のプログラミング言語との違い

プログラミング言語にも種類はあり、シチュエーションに応じて様々な言語が使用されています。C言語やRuby、PythonにSwiftなど、時代によって需要の偏りはありつつも、今日ではどの言語も第一線で活用されている重要な役割を果たしています。

JavaとJavascriptは別物!

Javaももちろんその中の一員ではあるのですが、混同されやすいのがJavascriptという、また別の言語です。「Java」と名前についている以上は同じ言語なのかと思ってしまいますが、この二つは明確に異なる言語だということができます。
JavaとJavascriptの明確な違いとして、一つにはこれらが別々の役割にフォーカスの置かれた言語であるという点です。簡単にいうとJavaは動くものを作るためのプログラミング言語で、Javascriptは魅せるためのデザインを作るための言語ということができます。

javaは家電製品からスマホアプリまで動かす

Javaは様々なところで動かすことができるのは、そもそもJavaがあらゆるものをJavaを通じて動かせるようにすることを念頭に置いて設計された背景があるからです。BDプレイヤーのような家電製品から、オンラインゲームやチャットでよく用いられるのもJavaですし、androidのアプリケーションに至っては全てがJavaによって動作しています。
こういった例から、「Javaは動かすための言語」という言葉の意味を理解してもらうことができるのではないでしょうか。

WEBページに動きを与えるJavascript

一方のJavascriptは主にwebデザインに用いられる言語です。
webページはhtmlのような単一の言語のみで制作すると、一昔前に流行った個人webページのように、平面的で動きのない、リンクとテキストのみで構成されるサイトになってしまいます。ここにJavascriptのような言語を別に用いることで、スライド形式で流れていく画像を表示させたり、立体的にテキストや画像が表示されていく仕掛けを作ることができるのです。webページを見ている人にとって使いやすく、美しいデザインを提供するためにJavascriptは用いられると言えるでしょう。

動作環境にも違いがあるJavaとJavascript

またJavascriptはサーバーを介さずとも動作する一方、Javaのようにポピュラーなプログラミング言語は基本的にサーバーを介して動作するように使われているのも特徴的です。サーバーを介さない、つまりスマホやPCといったクライアント上でのみ動く言語は現在ではJavascriptのみで、Javaのような言語は裏方のサーバーでデータの管理なども行うため、サーバーとクライアントの二つが揃って初めて正常な動作が実現します。

そしてJavaはサーバーを介して動作させるからこそクライアント側がJavaの提供するJavaソフトウェアをダウンロードする必要があるのであり、定期的にJavaがアップデートを要求してくるのはダウンロードしたJavaソフトはスマホのアプリケーション同様、手動でアップデートをする必要があるからなのです。

なぜJavaを最新の状態にしておく必要があるのか

Javaはサーバーと同期させて動作する言語であるぶん、やはりそのリアルタイム性と汎用性があいまった性能を発揮できるのが特徴です。上でも紹介したように多くのユーザーが同時に接続し、リアルタイムでの同期が重要となるオンラインゲームやチャット、そしてFXや株価のチャートなど、様々な側面で活躍が見られます。そのため使用しているPCのJavaソフトウェアが最新のものではなかった場合Java特有の同期性が失われ、正常にアプリが動作しない、あるいはパフォーマンスの低い状態でアプリを動作させることになり得るのです。

どれだけアプリそのものの完成度が高くとも、ユーザー側できちんとアプリが動作する環境を確保してやらなければ正常に動作しない。常にJavaのソフトウェアを最新のものにアップデートしておく理由の一つは、そのようなJavaの同期性を確保するためにあると言えるでしょう。

サイバー犯罪から身を守るために

そしてもう一つの理由は、悪意のあるユーザーの攻撃から自身のPCやアプリを守るためです。
プログラミングは人の手によって開発されている以上、開発当初には気づけなかったバグや脆弱性は後々見つかってくるものなのですが、アップデートが定期的に行われるのはのちに見つかった脆弱性からソフトを守ったり、より処理の早いコーディングに書き換えてユーザビリティを向上させるために行うからなのです。

技術の発展とともにアプリはより使い勝手がよくなることもあれば、アプリに害を与えようとする人間のスキルも向上してしまうものです。こう行った悪意に少しでも柔軟に対応できるようになるためにも、Javaソフトウェアの提供者は常に改善に改善を重ねられるよう努めています。

そして害を与える側の人間もまた、アップデートを行っていないユーザーをターゲットに攻撃を仕掛けるような動きを活発にしています。精巧にできた偽のアップデートを促す通知をメールやポップアップで表示させ、フィッシングサイトに誘導したりウィルスをダウンロードさせて情報を抜き取るような行為も確認されているため、アップデートの際は必ず公式サイトを確認してから行うように注意する必要があります。

Javaを常に最新の状態で維持するために

これらの理由から、Javaは常に最新の状態で利用することが推奨されているわけですが、一度Javaをインストールされている方であればわかるように、Javaを常に最新の状態で維持することはそこまで難しい話ではありません。
インターネット環境にクライアントを繋いでさえいればアップデートがあるたびに通知が出てくるため、通知に応じてその都度アップデートしていれば最新の状態を維持することができます。

アップデートは公式サイトから

仮に通知を見逃していたとしても、公式サイトへ行けば最新のバージョンを確認できるほか、最新のJavaをインストールすることができるため、心配な方は確認してみると良いでしょう。気をつけるべきなのは、メールで案内が来た時や、開いた覚えのないウインドウでJavaのアップデートを促す内容のものです。どれだけ見た目がよくできていても身に覚えがないのならそれらには触れず、きちんと公式サイトからアップデートの確認をするようにしましょう。

Javaを最新にしておくことはソフトそのものの安定性の向上につながるだけでなく、セキュリティ面での安全性も向上させるためには欠かせません。いかなる使い方であっても、常にアップデートには気をつけながら利用することをお勧めします。

PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」ではお客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

>>お問合せはこちらから

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る