• このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、ECサイトが数多く、WEB上に上がっている中で、

 ・オリジナル性(個性)
 ・利便性(ユーザビリティー)
 ・オペレーション(運用)

の軸でECサイトの運営をされている方が多いかと思います。

今回は、ユーザの利便性について、『 iphone 』対応のサイト実現の
ご説明をします。

現在、通常の携帯以外にも、スマートフォンなどがありますが、
iphoneなどに対応していない場合、
iphoneユーザは、

   『 PCサイトをsafariで開き、細かい入力をし、購入 』

しなくては、いけません。

上記をしていただくユーザ様は、ありがたい。

でも少ないかと思います。

理由は、画面が小さいからです。
(ipadは?、。。。。)

では、
EC事業者様は、どのような心使いで、
iphoneユーザを取り込み、サービスを提供すればよいのか?

販売されている商材にもよりますが、
iphoneでアクセスされた際、

・ユーザのお気に入り商品を表示してあげる。
・定期的に購入する商品を表示してあげる。
・新着商品を表示してあげる。
・操作数を減らし、購入までできるような仕組み

などなど。

を提供することにより、幅広い携帯層を囲い込むことが可能です。

また、
iphoneの良い部分を利用し商品を見せることにより、
購買層のあらたな開拓も可能です。

現在、悩んでいる運営者様など、
是非、ご相談ください。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る