【2017年版】目を通しておきたい大手企業のキャッチコピー50選

キャッチコピーは人の注目を素早く集める意味合いを込めて、企業や様々な商品、エンターテイメントの宣伝に使われてきました。今回はそんな無数に存在するキャッチコピー群の中から各メディアでも度々取り上げられる有名なもの、記憶に残る秀逸なコピー、公募から生まれたコピーなどを含め、今回は50の大手企業のキャッチコピーを厳選してご紹介します。
企業のキャッチコピーは、経営理念に基づき、ブランディングを意識したものが多い印象です。また、CMのサウンドロゴに使われた場合は、企業名と共に企業のメッセージとして広く拡散される傾向にあります。

どれもチラシやポスター、CMとして使われてきたキャッチコピーばかりですので、実際に自分でコピーを作る際の手助けになればと思います。

企業のキャッチコピー

1、トヨタ自動車

START YOUR IMPOSSIBLE

http://www.toyota.co.jp/



グローバル企業としての歩みを進めるべく今年の10月より公開されたこのキャッチコピーは、トヨタという大企業でありながら常にチャレンジを忘れず、かつ私たちの絶え間ない挑戦を応援してくれるようなコピーと言えるでしょう。

2、マクドナルド

i’m lovin’ it

http://www.mcdonalds.co.jp/



2003年に公開されて以来、世界中のマクドナルドで用いられているこのキャッチコピーも、来年には15周年を迎えようとしています。「私のお気に入り」というファストフードらしい素朴さと親近感のあるフレーズは、うまくマクドナルドのイメージとマッチした秀逸なコピーです。

3、タワーレコード

NO MUSIC NO LIFE


http://tower.jp/



英語が苦手な日本人でも覚えやすい意味(音楽無しじゃ生きていけない)とフレーズで構成されたこのコピーは、タワーレコードを利用するであろう、海外志向でポップカルチャーに興味を持つ人々の心にうまくフィットする仕上がりになっています。

4、東芝

Leading Innovation

http://www.toshiba.co.jp/index_j3.htm



「Leading(率いていく)」というフレーズは企業や事業に自信がなければなかなか手の出ない言い回しですが、東芝ほどの大企業だからこそ言葉そのものにもインパクトが上乗せされ、うまく企業のイメージとコピーがマッチしている事例です。

5、日立

Inspire the Next


http://www.hitachi.co.jp/



TVCMなどでもおなじみのフレーズですが、こちらも東芝の「leading innovation」同様、大企業ならではのリーダーシップ性がコピーによく表れている一例です。

6、電通(2015年新卒採用)

キミが、感動のタネになる。

http://www.dentsu.co.jp/



就活生に前向きな言葉をかけることで企業イメージの向上、そして優秀な人材を確保し、「電通がそのタネを育てます」という自信も同時に伝えるという器用で秀逸なキャッチコピーと言えます。

7、日本航空

明日の空へ、日本の翼


https://www.jal.com/ja/



「翼」は人々に夢や希望を想起させるポジティブな言葉ですが、日本航空などの航空会社ほどこの言葉とマッチする業種もそう見当たらないでしょう。飛行機=翼のように、業種から前向きでわかりやすい言葉を連想するのも良いコピーづくりには欠かせないプロセスと言えます。

8、H.I.S(採用サイト)

Always Be Challenger!(挑戦者であれ。)

https://www.his.co.jp/global/japan/index.html


主に観光ツアーの企画や交通周りの仲介を取り持つエイチ・アイ・エス。様々な旅行企画を販売し続け、変なホテルなどの新しい取り組みにも挑戦する企業姿勢を、シンプルなキャッチコピーで応募者に表明しています。

9、LUMINE(ルミネ)

わたしらしくをあたらしく


http://www.lumine.ne.jp/



独創的で含蓄のあるキャッチコピーで評判の高いルミネのキャッチコピーです。シンプルイズベストとは言いますが、ルミネほどシンプルかつ的確に消費者の心を掴むコピーを生み出せる企業も珍しいでしょう。ルミネのコピーは毎回参考にしたいものばかりであふれています。

10、LIXIL(リクシル)

Made by LIXIL それが、リクシルのものづくり。



公式サイト:http://www.lixil.co.jp/
「それ」のように、含みのある代名詞で含蓄を持たせるのもキャッチコピーづくりにおいて重要な役割を果たします。英語だと「This is LIXIL.」となるでしょうか。

11、株式会社ドトールコーヒー

ドトール、のち、はれやか

http://www.doutor.co.jp/



これも自社の役割と理念を端的に表すことに成功している秀逸なコピーです。一杯のコーヒーを飲むことで、人々の表情が晴れやかになるイメージムービーと相まって、ドトールの存在意義がストレートに伝わります。

12、ベネッセスタイルケア

その方らしさに、深く寄りそう。


https://www.benesse-style-care.co.jp/



介護事業大手のベネッセスタイルケアですが、「寄り添う」という温かみのある言葉をきちんとコピーに収め、どのような運営方針かがきちんと伝わる工夫のなされたキャッチコピーです。

13、株式会社ロッテ

お口の恋人

https://www.lotte.co.jp/



キャッチコピーの中ではポピュラーな部類に入るロッテのコピーです。いつでもそばにおいておきたくなるお菓子を作り続ける意志が伝わります。

14、株式会社三井住友フィナンシャルグループ

LEAD THE VALUE


公式サイト:

http://www.smfg.co.jp/


金融系では大手の三井住友のコピーです。「Lead」と「Value(価値)」という言葉が使われているあたりに大手金融らしさが感じられます。

15、三菱自動車株式会社

Drive your Ambition


「これから三菱自動車が進む道を示すメッセージ」として掲げられたキャッチコピーです。「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」 という志を持ったドライバーを、三菱自動車の持つ技術や新しい価値でサポートするという意味が込められています。

16、イオングループ

Singing AEON

http://www.aeon.info/


街中でも郊外でも見かけない日はないほどに勢力を拡大しているイオングループですが、ターゲット層が中流階級のファミリーということもあり、幸せな日常を構築するお手伝いをしてくれるポジティブなイメージがこのコピーの売りとみられます。

17、ライオン株式会社

今日を愛するLION


http://www.lion.co.jp/index2.htm



石けんなどの衛生面に関わる製品に多く携わるライオンも日常に密着した企業であることをアピールしています。「今日」や「愛」という言葉を使用することで、親近感のある存在であることをコピーを通じて訴えかけています。

18、株式会社ファミリーマート

あなたと、コンビに、ファミリーマート

http://www.family.co.jp/



現在、日本だけでなく世界で24,000件を超える店舗があるファミリーマート。お客様と近い存在になりたい、という表現を、自社事業の「コンビニ」とかけてうまく取り入れたキャッチコピーです。

19、セブン&アイホールディングス

新しい今日がある

http://www.7andi.com/



こちらもイオングループやライオンとターゲットは似ており、「今日」をポジティブに捉える手助けをしてくれる存在であることをアピールしているように思います。

20、株式会社ヤマダ電機

For Your>>Just


http://www.yamada-denki.jp/



電化製品は大きな買い物であるだけになかなか買うのに勇気が必要になることも少なくありませんが、「For Your Just(あなたにぴったりのものを)」という訴えは購入までのあと一押しを手助けしてくれる頼もしい存在であるような印象を与えています。

21、三越伊勢丹ホールディングス

向き合って、その先へ

http://www.imhds.co.jp/



百貨店も家電量販店と同様にお客さんへのサービスが肝となる業種ですが、「向き合う」という言葉に親しみを表現し、「その先へ」という先導的なフレーズが親しみをさらに高める役割を果たしています。

22、J.フロント リテイリング株式会社

くらしの「あたらしい幸せ」を発明する。

http://www.j-front-retailing.com/



百貨店の老舗、大丸と松坂屋が合併してできたJフロントリテイリングでは、百貨店事業からさらに拡大し、「グループの総合力を発揮して新たな成長を実現する企業」へと生まれ変わるための方向性を示す指針を掲げています。

23、株式会社ゼンリン

Maps to the Future


http://www.zenrin.co.jp/



地図のような情報を取り扱う会社のコピーはその情報が消費者にどのような結果をもたらすのか、という形でわかりやすく伝えるアプローチが取られることもありますが、ゼンリンの場合は「地図」が「未来」をもたらしてくれるというシンプルなメッセージが込められています。

24、ソニー株式会社

It’s a SONY


https://www.sony.co.jp/


現在は使われていないものの、SONY製品のCMの最後に使われていたサウンドロゴは記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。ものづくりを業務とする会社のコピーは代名詞を自社製品として捉え、「It」や「this」という言葉で製品の多様性や普遍性を訴えることが多いように見受けられます。

25、株式会社りそなホールディングス

想いをつなぐ、未来を形に。




バトンをつなぐ企業CMでも表現されている通り、未来へとつながる社会作りを金融サービスを通して提供するという思いが込められたキャッチコピーです。

26、株式会社みずほ銀行

One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに

http://www.mizuhobank.co.jp/index.html



『日本、そして、アジアと世界の発展に貢献し、お客さまから最も信頼される、グローバルで開かれた総合金融グループ』を表現したキャッチコピー。りそな同様、「未来」がキーワードになっています。

27、株式会社ダイエー

ごはんがおいしくなるスーパー

http://www.daiei.co.jp/index.php


美味しくなるけど安くなる、という消費者のニーズを詰め込んだキャッチコピーです。キャッチコピーと聞くとひねりの効いたものを作らなければいけないという縛りがあるように思われがちですが、基本的にはこのようなシンプルなものがベーシックなコピーとして喜ばれることも多いです。

28、株式会社髙島屋

いつも、人から。


http://www.takashimaya.co.jp/



「人を大切にする」という経営理念を表現したコピーです。シンプルな言葉に込められた思いがまっすぐに伝わります。

29、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ

Quality For You


http://www.mufg.jp/



Qualityとは「質」を意味しますが、金融を取り扱う企業は何よりも利用者との信頼関係が第一です。信頼性を容易に連想できる「クオリティ」という言葉を使うことで、シンプルにその企業が大切にしていることを伝えてくれています。

30、セコム株式会社

信頼される安心を、社会へ。


http://www.secom.co.jp/



こちらも信頼性が第一の警備会社ですが、実際は個人・法人間での取引が行われるにもかかわらず「社会」というスケールの大きい存在を警備の対象であると伝えることで、包括的な安心を契約者に届ける意志があることを訴えています。

31、本田技研工業株式会社

The Power of Dreams

http://www.honda.co.jp/



世界のホンダも常に上昇志向を忘れないことで成長してきた会社ですから、「夢」を追いかけることを忘れないという思いをキャッチコピーに込めていることがわかります。

32、キヤノン株式会社

make it possible with canon

http://canon.jp/



キヤノンは常に利用者ありきの製品を作ってきた会社ですので、利用者に最高のパフォーマンスを届けるのが使命であることがよくわかるフレーズと言えます。

33、三菱商事株式会社

Think Big,Act Honestly

http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/



グローバルな商社が掲げるのは「Act Honestly=誠実な行い」。大企業が持つ信頼感が伝わるキャッチコピーです。

34、日産自動車株式会社

Innovation that excites

http://www.nissan.co.jp/



自動運転や次世代エンジンの開発に取り組む日産自動車。自動車メーカーが打ち出す革新性、高揚感が表現されているキャッチコピーです。

35、株式会社伊藤園

自然が好きです。

http://www.itoen.co.jp/



シンプルに伊藤園のイメージを説明する巧みなキャッチコピーです。主語と述語だけで全てを説明するのは難しいところですが、お茶というシンプルな商品を売りにしているぶんシンプルなキャッチコピーとも相性が良いのでしょう。

36、インテル株式会社

intel inside/インテル入ってる

http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/homepage.html



こちらもシンプルですが不動の人気を誇るキャッチコピーです。「てる」で韻を踏み、覚えてもらいやすく一言にまとめられているのもポイントです。
■関連記事:異端会議:インテルジャパン元社長が明かす「インテル入ってる?」はこうしてできた

37、日本たばこ産業株式会社

ひとの 時を、想う。

https://www.jti.co.jp/



こちらもたばこという農作物を扱う会社だけあり、クリーンでエコなイメージを狙ったキャッチコピーです。たばこは悪者にされてしまいがちな嗜好品ですが、いかにクリーンなキャッチコピーで「悪」のイメージをかき消すかが腕の見せ所になっています。

38、コスモ石油株式会社

ココロも満タンに

http://www.cosmo-oil.co.jp/



たばこと同様、エネルギー系も人に寄り添うタイプのキャッチコピーが散見されます。エネルギー会社も環境問題と密接に関連している以上、エコロジカルなイメージ戦略は不可欠ということなのでしょう。

39、マイクロソフト株式会社

Be what’s next.



全世界のマイクロソフトで活用されているキャッチコピーは、「新しいテクノロジーによる変革と未来への挑戦を約束する」という企業姿勢を表しています。

40、キューピー

愛は食卓にある

https://www.kewpie.co.jp/



思わず唸ってしまうほど説得力のあるキャッチコピーです。愛は食卓にあるからこそ、キューピーが活躍できるという案に込められたメッセージも嫌味にならない程度に響いてくるところがコピーとして卓越した出来であることを物語ります。

41、KDDI株式会社

Designing the future

http://www.kddi.com/



通信関係も「future」といった未来的な響きと相性の良い業種です。こちらの場合は下手にでるというよりも自発的に通信んを通じて未来を形作ろうというリーダーシップ性の溢れるコピーとなっています。

42、株式会社ファーストリテイリング

服を変え、常識を変え、世界を変えていく

http://www.fastretailing.com/jp/



こちらのキャッチコピーは3ステップに分かれているのが特徴的です。服→常識→世界と徐々に変化のスケールが大きくなっていることから、一歩一歩着実にできるところから初めて行く誠実な姿勢が見受けられます。

42、アステラス製薬株式会社

明日は変えられる。

http://www.astellas.com/jp/



アステラスと「明日」がかかっているコピーですが、製薬も「希望」「未来」といった言葉と相性の良い業種です。薬のことは細かくなると消費者に伝わりにくいため、多少抽象的でもシンプルなフレーズの方が心に響きやすいのではないでしょうか。

43、京セラ株式会社

The New Value Frontier

http://www.kyocera.co.jp/



こちらも消費者に何をやっているかが伝わりにくい業界の会社ですが、「バリュー」や「フロンティア」といった感覚的な表現を用いることで、「なんだかすごいことをやってそうだ」という印象を与えるよう作られています。

44、キリンホールディングス株式会社

おいしさを笑顔に

http://www.kirinholdings.co.jp/



CMではおなじみのキリンのキャッチコピーですが、美味しさ→笑顔と、良いことに良いことを重ねていくイメージでポジティブな印象を消費者に伝えてくれています。

45、富士フイルムホールディングス株式会社

VALUE FROM INNOVATION

http://www.fujifilmholdings.com/ja/



企業キャッチコピーで最近よく使われるVALUE、INNOVATIONといった言葉は、「この会社は何か価値のあるものを生み出してくれる」と言う期待感を持たせてくれます。

46、第一三共株式会社

イノベーションに情熱を。ひとに思いやりを。

http://www.daiichisankyo.co.jp/



製薬、医療関連企業の第一三共。「情熱」というバイタリティを感じる強い言葉と、「思いやり」というやわらかなイメージの言葉をつなげ、バランスのとれたコピーになっています。

47、株式会社ブリヂストン

あなたと、つぎの景色へ

http://www.bridgestone.co.jp/



消費者やステークホルダーに対し、「あなた」という呼びかけにより、共に手を携えていこうという親近感と安心感を感じられるキャッチコピーになっています。

48、日本電産株式会社

All for dreams

http://www.nidec.com/ja-JP/



キヤノン同様、自分たちの夢だけでなくお客さんの夢のために全てを捧げているという思いが伝わるフレーズです。

企業以外のキャッチコピー

49、北海道

その先の、道へ。北海道

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/index.htm



北海「道」と北海道がこれから歩んでいく「道」をかけて希望溢れるキャッチコピーとなっているのがこちら。公募の中から選ばれたコピーとのことです。

50、風立ちぬ(スタジオジブリ)

生きねば。

http://www.ghibli.jp/kazetachinu/



シンプルなキャッチコピーですが、複雑な時代と環境の中で主人公が常に抱えていたと思われる言葉はこれしかないだろうと言わんばかりの芯に迫った迫力があります。

さいごに

最近では就職活動においても自分のキャッチコピーを用意して臨む方も増えているようですが、簡潔に何かを紹介するのは以外にも難しく、作り方をきちんと知らなければ自己紹介に使える気の利いたコピーを用意するのは難しいかもしれません。

責任感を持ち、努力ができる人材、気配り、思いやり、笑顔を忘れない人格であるなど、まずは自分のどのような人物であるかを自分で理解し、なぜその企業においてそういった特徴がどのようなメリットをもたらすのかといった理由を整理しておくと優れたコピーを用意することも可能でしょう。
よく使われる端的な表現として潤滑油やスポンジといったものに自分を当てはめて紹介するという例も見受けられますが、自分でオリジナルの例えを用意できれば高い評価を得られるかもしれません。

PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」ではお客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています



>>お問合せはこちらから

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange ECの「VRコマース機能」
訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
EC用語集
お役立ち資料
無料ダウンロード
  • 用途別最適タブレットOS指南表
  • ジュンク堂のO2Oインフラ
Return Top