• このエントリーをはてなブックマークに追加

最新テクノロジーが変えるEコマースのカタチ

最近はテクノロジーを使い慣れた消費者が一般化してきており、それに伴い小売業界そのものの進化のスピードも速くなってきています。

例えば、少し昔まではオンラインで商品を購入すること自体に対して懐疑的な姿勢を持つことが多くありましたが、今では普通の商品購入方法の一環としてその安全性や利便性が広く認識されています。

こういった流れはEコマースそのもののカタチを変えてきており、消費者としては効率的な価格比較、店舗比較、また店舗の場所の把握やクーポン獲得などといったことがごく簡単に行うことができるようになっているのです。

一方、こういった現状は小売業者側にとっても消費者との接点を強く保つことによってブランドイメージを素早く市場内に拡散させるメリットがありますが、全体的に見てみるとテクノロジーが小売業者と消費者との関係にもたらす変化としては以下のような例が挙げられます。

1:モバイルアプリのもたらす影響の大きさ

アプリの存在は、小売業者にとっては消費者とのつながりを実店舗によるものを超えてさらに密接なものへと高める効果があります。
つまり、消費者が店舗に足を踏み入れるのを待ったり、目に留まるような広告を掲載することだけに尽力する必要はなく、消費者がどこにいても積極的にはたらきかけることができるのです。

アプリを通していつでも自社ブランドの存在を刷り込むことができるということは、消費者が買い物をしていなくても小売業者から購入をはたらきかけることができるということにつながります。
さらに、店舗に足を踏み入れると同時に作動してメッセージを送信する機能などもあり、オンライン・オフラインの融合されたサービスも多く見られます。

2:小売業者と消費者のギャップが縮まる

以前はマーケティングはEメールで行うのが主流でしたが、最近ではスマートフォンに広告のポップアップを出すことができるようになり、これまでにない効率で販促活動を行うことができるようになってきています。

このような形でのはたらきかけは、迷惑メールのフィルターに掛けられて目に留まることすらなく終わってしまうこともなく、小売業者としては常に新しいセールス情報を消費者に必ず見てもらえるというのは大きなポイントです。

3:個別カスタマーサービスの浸透

個別対応されたカスタマーサービスに対する需要は今に始まったことではありませんが、最近ではテクノロジーがこの「個別サービスの実施」に大きな役割を果たし、顧客獲得・維持率のアップを実現させています。
裏を返せば、Eコマースビジネスにとって、機械を使ってただ自動メッセージを送信していればいいという時代では無くなってきているのです。

テクノロジーを活用して新しいサービスを提供するということは、様々な販売チャネルを通してカスタマーサービスを提供するということを意味し、サイト、Eメールはもちろん、Facebookにツイッター、さらにはインスタグラムなどのツールを活用しながら消費者と双方向につながるという事が大切になってきています。

4:消費者が「速く安く」を求めるように

Eコマースサイトの成功の是非は、「便利さ」にかかっているといっても過言ではありません。
しかしながら、この便利さに対す消費者の需要は増す一方で、同日配達サービスの実践に伴い商品価格そのものを上げなくてはいけなくなるケースも多くあります。
基本的には、スピーディな配達を実施すると自然とコストもかかってくるのです。

そこでテクノロジーに注目が集まるのです。将来的には、自動配達車やドローンなどを使って配達をするスタイルが一般化されていくでしょう(Amazonなどの大手ではすでに実験的採用開始済み)。
つまり、Eコマース競争を勝ち抜くには「いかに素早い配達を低価格で実現させるか」という点が重要となってくるのです。

※動画は自動車メーカーのFord社が発表した未来都市構想「Autolivery」のコンセプトムービーです。

5:小規模ビジネスの逆襲

一般的に、Eコマースに順応している小規模小売業者の未来は明るく、Etsyや Shopifyなどといったサイトは、Walmart やTargetといった大手業者と真っ向勝負できるようなプラットフォームを構築してサポートを提供しています。

スマートフォンやソーシャルメディアを通して、消費者は新しいブランドを簡単に見つけることができる時代になってきていますが、このことによる恩恵は老舗の大手だけでなく、新規参入企業もこういった最新テクノロジーをフル活用してこれまでに無いスピードで市場に参入をしてきています。
何よりも、家に居ながらにしてビジネスを始めることすら可能になっているのですからその利便性は特筆ものです。

この先、テクノロジーがどんな形で便利でスピーディなサービスを実現させていくのか興味は尽きません。

この記事は5 Ways Technology Is Changing Ecommerceの記事を本ブログが日本向けに編集したものです。

PR:ネット×リアル(O2O、オムニチャネル)を実現できるECサイト構築パッケージ、Orange EC

>>お問合せはこちらから

関連記事

アーカイブ

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

ページ上部へ戻る