• このエントリーをはてなブックマークに追加

6億ドルの取引を処理したLightSpeedの管理システム

(引用元:LightSpeed POS

Shopifyは2013年12月にリアル店舗とオンライン小売りの垣根をなくすべく、1億ドルの資金を投入することを

発表しました。しかしリアルとネットの融合を狙うソフトウェア・メーカーはShopifyだけではありません。

小売り向けソフトウェアを開発するLightSpeedはオンラインでもオフラインの両方で小売りを支援するソフトウェアを開発しました。LightSpeedの顧客企業はShopifyよりも少ないもののより大きな売上げを出しているとのことです。
LightSpeedは昨年17,000の顧客企業が約60億ドルの取引(一企業あたり約35万2千ドル)の取引を行ったと発表しました。一方のShopifyは80,000の企業で約17億ドルです。
LightSpeedのCEOであるDax Dasilva氏は「これは全く異なるアプローチをLightSpeedがとったことによる。我々の顧客はツール一式を求めている。LightSpeedは元々店舗向けの企業なので実店舗を念頭にツールを作成した」と語っています。
しかし今や小売りは顧客が帰った後でも顧客との対話を続けることができるとも指摘しています。

Dasilva氏はLightSpeedが開発したウェブベースの売上、在庫及び顧客管理システムについて言及しています。iPadアプリやウェブブラウザからアクセス可能で、LightSpeedの顧客企業はオンラインとオフラインの売上をひとつのダッシュボードで一括管理できます。このシステムの使いやすさゆえに、店舗のみだった企業が今後オンラインに進出するきっかけとなるとDasilva氏は語っています。

LightSpeedのクラウドがその他のソリューションと異なる点はサプライヤーとの統合です。たとえば自転車屋を経営する場合、システムは自転車のサプライヤーと直結します。有効化すれば発注提案や在庫補充も可能になります。
他のeコマースのシステムには無い機能で、LightSpeedは毎週新たなサプライヤーのカタログを大量に追加しています。

LightSpeedはの原点はMacの販売特約店の販売システムでした。プロジェクトは途中で休止となりましたが、他の特約店が興味を示し、Dasilva氏は2005年にLightSpeedを設立しました。Dasilva氏はこの販売システムが電器店やコンピュータストアのみならず、何にでも応用が利くことを確信していました。
以来LightSpeedは成長を続け、2012年にAccel Partnersから3千万ドルの投資を受けるまで外から資金を調達することはありませんでした。LightSpeedがモバイルソリューションを開発したのがその頃です。
「アップル・ストアが小売りを改革していた頃であり、これによりアップル・ストアの魔法を他の小売りに応用できた」とDasilva氏は語っています。

(引用元:LightSpeed POS

現在17,000の企業がLightSpeedのシステムを利用しており、そのうち昨年契約した企業は7,000に上ります。ほとんどは地方の小さな企業ですが、Adidas (ポップアップストア向け)やToms Shoesといった大企業もLightSpeedを利用し始めています。

LightSpeedは分析機能の強化を計画しています。より使いやすいデータやダッシュボードを顧客は求めているからです。そして顧客企業が自社の顧客と在庫のトレンドをより巧みに予測できるようにしたいと考えています。
LightSpeedの昨年度の利益は前年から50パーセント上昇し、1年半で従業数は53人から156人にまで増えています。

この記事はStores using LightSpeed processed $6B in transactions last yearをOrange Blogが日本向けに編集したものです。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る