ECと店舗のカキネを無くす ECと店舗のカキネを無くす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末商戦に向けたEコマースの販促キャンペーンは早めの仕掛けで!

年末年始などの買い物シーズンには、消費者は比較的早い時期から買い物を始めるものです。事実、2014年には29%の

消費者が年末年始の買い物を10月31日のハロウィーンが始まる前の段階で始めていたと答えています。この事からも分かるように、早めに年末商戦を開始し、長い期間に渡って続けることが成功の大きなカギとなってくるのです。
shopping-562617_1280

業界大手企業を相手にこの年末年始の商戦を勝ち抜くには、全ての販売チャネルで統一されたカスタマーサービスを提供できるかどうかが大きなポイントです。まずはブログやEメールを発信する前にじっくり時間をかけて計画を練ることが重要であり、去年の成功・失敗例を基に今年のターゲットを定めていくようにします。早めの段階で大まかなプランを設定しておければ、後々具体的なプロモーション活動を仕掛ける際にあたふたせずに済むという訳です。

具体的にはカレンダー上に一連の計画の流れをあらかじめ記載しておくのが効果的です。その際に以下の点を明確にしておきましょう。

1.広告キャンペーン実施日・場所

2.Eメールプロモーションの開始・フォローアップのタイミング

3.ブログの内容と投稿時期

4.実店舗の場合は店内ディスプレイや販売商品の入れ替え時期

5.ポップアップストアでの販促開始時期

カレンダーにキャンペーン関連の予定を書き込んでいく作業は時間と労力を必要としますが、プロモーションの的確なタイミングでの実施や関連性の高いコンテンツの作成など、後になって忙しくなってきた際に業務管理の面で効果を発揮してくれます。

このように、キャンペーン計画カレンダーは販売戦略をスムースに遂行するという点では欠かすことの出来ない重要なアイテムですが、これを基にスタッフの適材適所への配置もしっかりと実行するようにしましょう。
business-925900_1920

そして一旦カレンダーに予定が埋まったところでブログやSNSに積極的にプロモーション記事をアップしていくという流れですが、準備段階は出来るだけ10月以前の段階で済ませておきたいところです。

というのも、早めに準備を済ませておけば繁忙期にはお客様への対応に集中することが可能になるからです。そのためにもまずは業界内の一般的な動きもしっかり把握しておくに越したことはありません。

この記事はHow to Create and Organize Your Holiday Ecommerce Campaignsを海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る