貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小売業者の世界進出は本当に難しい?

一般的に、小売ビジネスのマーケットを世界規模にまで広げようとする際には、そのプロセスは非常に複雑であるという先入観をもつ企業が多く見られます。しかし、実際のところは皆さんが想像しているほど難しくは無いのです。

事実、最近では海外進出のプラス効果は増えてきており、事業拡大を考える際には現実的な選択肢となっています。その背後には、世界各国で中流家庭の数が増えてきており、インターネットの普及で商品の販売・マーケティングがより簡単に実施できるという事実が挙げられるのです。

「世界進出」と言うとどうしても大きな概念として捉えられてしまいますが、実際は企業規模の大小に関わらず比較的簡単に実行に移すことができる上、セールス面でも十分その効果を得られるというのが大きな魅力です。

では、世界展開へ動き出すには具体的にどのような点に留意するのが良いのでしょうか。

対象となるマーケットを絞り込む

何よりもまずはマーケティングの対象とする国や地域を絞り、そのエリアでの可能性を感じ取るための動きを起こすことが先決です。

これまでに見聞きしたデータや情報を基に、広い視野で対象地域の現実を把握することが目的となりますので、じっくり時間をかけてビジネスチャンスの有無を見極めるようにしましょう。

この時、ややもすると多くのエリアにあちこち目を向けてしまいがちですが、あまり手を広げ過ぎずにまずは2つほどのエリアに集中し、そこからゆっくりと必要に応じて視野を広げていくという流れが理想的です。

対象マーケットを調査

対象マーケットを絞り込んだ後は、該当マーケットをより詳しく調査することが必要となってきます。具体的にはその地域の持つセールス面での可能性や、他のマーケットとの比較、また自社が対象国とどの程度のつながりを持っているかどうかを吟味する必要があるのです。

さらに顧客ベースの規模、事業コストをはじめとして事業展開に関わる全ての要素を検証してくことも不可欠です。繰り返しますが国によってインフラなどのシステムは異なりますので十分に下調べを行うようにしましょう。

加えて、その国ごとの文化といった側面も見逃すことはできません。文化の違いによって思っていたような形でビジネスがスタートできない可能性の十分考えられますので、実際にその国に住む人からアドバイスを仰ぐのが得策です。Entrepreneur.comにはビジネスの世界展開を行う上での貴重なヒントが掲載されていますから参考にすることをお勧めします。

基本的には「自分の商品はその地域で売れるだろうか?」といった点に集約されます。従って、勝算があるのではという印象を持った時点ですぐにより詳細なデータを入手したうえで最終的な結論を出すよう留意しましょう。

ローカルのつながりを築く

新しいエリアに進出する際は地元の情勢に詳しい人にアドバイスを仰ぐのが得策です。計画を練り始める段階で早いうちにローカルのつながりを築くように動き出すと後々大きな助けとなるのは間違いありません。

できれば実際に数日間でもその国を訪れてみることができるとより確実ですし、そうすることで言葉や文化の違いなどビジネスを行う上で障害となり得る要因を事前に把握できるようになります。必要であれば地元の業界に詳しい人を現地スタッフとして雇ったり、こちらから現地駐在スタッフを派遣するのも効果的です。

対象地域への対応戦略

マーケティング対象地域を決定した後は、その地域に合わせた販売戦略が必要となります。 地域によって経済状況や文化背景も異なることは先に述べていますが、改めてこれまでの販売戦略が必ずしもそのまま当てはまることはないという点を頭に入れておく必要があります。従って、対象地域に支社を設立する必要性があるかどうかなども考慮しつつ、短期間ならびに長期的視野で無理のない戦略を立てるようにしましょう。

販売・配送経路の確保

最初のステップが整備されたら、次は具体的にどのようにして商品を販売するかを確定させることになります。例えば、商品は対象国内で製作するのか、もしくは海外から配送する形を取るのか、またその際も配送に関する規定は国や地域によってまちまちですので輸出入に関する情報と併せてしっかりと把握しておくことが重要です。

その他にも梱包はどのように行うかといったところから、配送に必要となる各雑貨のクオリティに至るまで(テープや輪ゴムは長距離輸送に耐えうる強度かなど)、なるべく早い段階で最終決定をすることで初期準備段階での進行がスムースになります。

終わりに~海外進出は夢物語ではない!

会社自体はまだ国際的ビジネス展開をしていないという場合でも、ビジネスチャンスの存在を確信しているのであれば挑戦してしかるべきであるというのが今回の結論です。

海外挑戦には多くの労力と綿密な計画が求められますが、成功した際に得られる見返りは計り知れないものがあります。くれぐれも事前調査に十分な時間を費やし、成功へ向けての光明が見出せたと確信したならば、臆することなく勇気を持って最初のステップを踏み出していただきたいと思います。

この記事はExpand Your Reach Across the Seas: Tops Tips for Taking Your Business Globallyを海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る