• このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドサービスのIaaSはどのようなメリットを生むのか

現代のコンピューティングにおいてはもはや常識となりつつあるクラウドコンピューティング。これまではセットアップの手間や金銭的なコストの問題で気軽には導入できなかったアプリケーションやサービスも、クラウドの登場により誰でも気軽に手に入れることができるようになりました。

クラウドで提供されるものにもいくつか種類がありますが、IaaSもまたそのようなクラウドサービスの中の一つです。
今回はIaaSに注目して、どのようなサービスのことを指しており、他のクラウドサービスとの違いやポピュラーなIaaSについてもわかりやすくご紹介していきます。

  • IaaSとはクラウドサービスの一種である
  • IaaSはPaaSでは物足りなくなってしまった人向け
  • AmazonやGoogleなど、IaaSプロバイダーは大手企業に人気が集中している

クラウドコンピューテイングとは

クラウドサービスの概要

クラウドコンピューティングとは、コンピューター上における余剰のリソースを活用したコンピューターの活用方法の一種です。

これまでのコンピューティングとはオンプレミス、つまり個人や企業といったユーザーが、自らそのアプリケーションを保有することで初めてサービスを利用することができるというものでした。

しかしこのクラウドコンピューティングは、プロバイダーが余剰のコンピューター資源とインターネットを利用してオンライン形式でサービスをユーザーに提供するというもので、ユーザー側はサービス料を支払うだけで簡単にサービスを利用できるようにすることを可能にしました。サービスのソースが自前のコンピューターではなくインターネットの向こう側にあるプロバイダーにあり、かつ様々なサービスがインターネットを介して各ユーザーに届けられていることから、ユーザー側はもはやプロバイダーと1対1の関係ではなく、1対多数の意識でサービスを利用しています。

ユーザー側からはまるでインターネットという巨大な雲からサービスを利用しているような錯覚を見てしまうことから、クラウド(雲)コンピューティングと呼ばれるようになりました。

クラウドサービスのもたらすメリット

インターネットを介してサービスを利用できるようになったことで、ユーザー側はオンプレミス型の時には得られなかった様々なメリットを受けることができるようになりました。

時間的なコストの節約

一つは時間的なコストの節約です。従来であればソフトをダウンロードする手間だけでなく、自社で活用するためにアプリケーションによっては複雑なセットアップを行う必要がありました。

しかし、クラウドコンピューティングを通じて提供されるサービスは、基本的にポピュラーなコンピューターには自動的に最適化されるよう設計されているため、ライセンス登録をするだけですぐにサービスを利用できるようになることがほとんどです。
「使ってみたいな」と思うサービスがあればすぐに導入してみることができるのは、業務の効率化にはもってこいの手軽さと言えるでしょう。

初期費用の節約

二つ目に金銭的なコスト、特に初期費用の節約に大きく貢献できます。
従来のオンプレミス型の場合は、アプリケーションの使用頻度や用途に関わらず一括でソフトを丸々購入する必要があったため、その後も使うかどうかもわからないものに多大な金額を支払わざるを得ない、ということは決して珍しくなかったものです。

しかし、クラウドを介した場合は基本的にサービスはプロバイダーが保有しており、ユーザーはあくまでもインターネットを通じてサービスを購入するのではなく借りるような形式で利用することができるようになりました。
そのためこれまでは一括購入で十数万円もの金額で利用していたサービスを、月数千円で活用できるようになるなど、初期投資のハードルははるかに低いものとなったのです。

IaaSとPaaS、SaaSの違いとは

クラウドサービスにもいくつか種類があり、それは提供されるサービスの内容によって分類されます。
サービスは主に三種類に分かれますが、中でも混同しやすいのがIaaSとPaaSの違いです。

IaaSについて

IaaS(Infrastructure as a Service)はその名の通り、インフラをサービスとして提供するタイプのクラウドサービスです。
コンピューティングにおけるインフラとは、仮想サーバーやファイアウォールといった、アプリケーションなどよりもさらに深い、コンピューターの基礎を担う構造のことを指しています。

アプリケーションを利用するためのOSよりもさらに下層の、ハードウェア面での設計をIaaSではマニュアルで行うことができるため、一般的にクラウドを介して提供されるサービスの中では最も汎用性の高いサービスと言われています。
一方でそのあまりの自由度の高さゆえに、ミドルウェアやハードウェアについての造詣がなければ使いこなすことができないことから、最も取り扱いが難しいサービスであることも特徴です。

PaaSについて

PaaSはPlatform as a Service、つまりプログラムの実行のためのプラットフォームがサービスとして提供されるものを指しています。PaaSではIaaSでは可能だったハードウェアの設計ができない代わりにあらかじめすでにミドルウェアまでの動作環境が完全に構築された状態が提供されるため、プログラムの構築のみを行いたい場合に活用したいサービスと言えるでしょう。

PaaSはプログラム実行環境があらかじめ用意はされていても、構築するプログラムによっては動作しないことも考えられます。そういった時に活躍が期待できるのがIaaSで、PaaSではいじれなかった設計から自由に行えることができれば、構築できるプログラムにも汎用性が生まれます。

IaaSの使い方としては、PaaSの発展形としての位置付けと考えておけばわかりやすいのではないでしょうか。

ちなみにSaaS(Software as a Service)はいわゆるアプリケーション型のクラウドサービスで、私たちの生活に最も馴染みのあるクラウドであるとも言えるでしょう。例えばGmailやDropboxのようなメールサービスやストレージサービスはSaaSの一種ですし、Adobeのイラストレーターなども最近はクラウドサービスとして展開されています。

IaaSの各国シェアや市場規模

世界中でそのシェアを拡大しているクラウドサービスですが、MM総研の調査結果によると国内においてもIaaSを含めてその市場規模は年々巨大化しているとのことです。

参考:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/16/033100020/040300100/

また、日本におけるクラウドサービスの市場規模は2016年度時点で前年比3割り増しの一兆円を突破する拡大を示し、2020年にはこれが3兆円を超えるという予測もたてられています。

特にPaaSやIaaSを含めたパブリッククラウド型のサービスは20%近い規模の拡大を見せ、2020年には6000億円を超える規模になると考えられており、今後もAWSやMicrosoft Azureを筆頭にますます成長していくことでしょう。

国内におけるIaaS導入事例

日本においても導入が進められているだけあり、その事例は様々なところで見られます。

NECのIaaS導入事例

NECの公開しているIaaS導入事例の中にはJAや京都大学の名前もあり、運用負荷・コスト削減による地方創生サポート、巨大な規模でのビッグデータ解析を低コストで実現するなど、IaaSの有効利用が散見されます。

参照:http://jpn.nec.com/cloud/iaas/case/index.html

富士通クラウドIaaS

富士通のクラウドIaaSも国内では比較的シェアが高く、導入事例を見ると多くの大手企業・団体で活用されていることがわかります。

参照:http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/iaas/fgcps5/casestudies/

クラウドサービスは海外企業が提供するものがよく目立ちますが、日本の企業によるIaaSもシェアがあり、少なくとも国内では決して国外のサービスに劣るものではないと言えるでしょう。

各IaaSサービスのシェアと比較

最後に現在展開されているIaaSもいくつか見ていきましょう。最近では様々な企業からIaaSが提供されていますが、やはりポピュラーなものは有名企業に集中している傾向があります。

AWS(Amazon Web Services)

IaaSで現在最もシェアのあるものといえばやはりAmazonの提供するAWSです。AWSは完全な従量課金制を設定しているため、使ったぶんだけコストがかかるという合理的なシステムが好評なのでしょう。加えてAmazonゆえのセキュリティレベルの高さやサポート体制の充実など、あらゆる側面での信頼性の高さも人気の秘訣とみることができそうです。

公式サイト:
https://aws.amazon.com/jp/

Google Cloud Platform(GCP)

GCPもグーグルが各種サービスで活用しているインフラをそのまま利用できるという理由で人気を誇るIaaSの一つです。
グーグルの提供しているサービスはGmailからグーグル検索、Youtubeなど多岐にわたり、もはや知らない人はいないサービスばかりですが、これらは全てグーグルのインフラをベースに構築されているものばかりです。普段使用しているサービスの信頼性ゆえのGCPの評判と考えれば、人気の理由も見えてくると言えるでしょう。

公式サイト:https://cloud.google.com/?hl=ja

さくらクラウド

さくらクラウドはコストパフォーマンスの高さで人気のIaaS型クラウドサービスです。初期費用無料、充実のセキュリティサービスなど初心者でも安心のサポート体制が整っているため、ここを利用する人が多いのも納得です。

公式サイト:https://cloud.sakura.ad.jp/

まとめ

IaaSをいきなり何も知らずに導入する、ということはないかもしれませんが、将来アプリケーション開発やプログラミングを行なっていく中で、いずれ必要になる可能性はあります。
そんな時に備えて一度IaaSについて知識を蓄えておくことは、必ず役に立つこととなるでしょう。

PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」ではお客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

>>お問合せはこちらから

関連記事

アーカイブ

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

ページ上部へ戻る