• このエントリーをはてなブックマークに追加

クリックがマーケティングのスタートであり、ゴールである

パソコン作業の中で「クリック」は一番使う動作ではないでしょうか。違うウェブサイトを見るためにクリックをし、ツイッターを投稿するためにクリックをします。
クリックは意思をウェブ上に発信する最後のアクションですが、一方でウェブサイト運営側からするとこのクリック数は非常に大きな意味を持ちます。

  • ウェブマーケティングでクリック数は大事な指標である
  • 能動的に動けばクリック数は獲得ができる
  • CTRでクリック率を測定する
  • CTRを高めるためにはいくつかのポイントがある

クリック数は広告測定に使われる

クリックは、ウェブマーケティングでは最も分かりやすい効果測定の指標です。
クリックには何らかの誘導があります。ウェブサイトであれば、「○○の詳細はこちら」という文章と共にリンクが貼ってありますし、グーグル検索であれば、ページタイトルがそのまま誘導文になります。このような誘導文を読んだうえでユーザーはクリックするため、クリックしたユーザーはそのリンク先の内容に興味があると判断できます。
そのためクリック数はそのページに興味を示しているユーザーの数になりますので、多いほどウェブサイトの価値が高いと見なすことができます。

クリック数を獲得しやすい環境

クリックを獲得するためには、最低限の設定や準備が必要です。今はSNSの発達により、情報発信が容易になっているので、能動的に動けばクリック数は獲得しやすい環境になります。

Facebookでリンク貼り付けと独自アカウントの開設

Facebookは利用者が減ったとはいえ、まだまだ世界最大規模のSNSです。もし読んでいただきたいページがあれば、投稿箇所にリンクを貼りつけて投稿すれば、クリック数獲得が期待できます。リンクを貼りつけると、そのリンク先にある写真や文章をFacebookが自動認識して投稿上に概要表示してくれます。

また、Facebookは最近自己紹介ページにURL登録ができるようになりましたので、そちらはぜひ登録しておいた方が良いです。さらに企業サイトやECサイトを運営する場合は、企業用アカウントを開設しての投稿がオススメです。アクセス解析もできるので、Facebook運用の改善点が分かります。

Twitterはsummary機能が特徴

TwitterもFacebookと同様、リンクをつけて投稿し、自己紹介欄にはサイトのURLを貼っておきましょう。ECサイトの製品紹介ページや、特集ページ、オウンドメディアへの誘導なども有効でしょう。Twitterはツイッターアナリティクスに登録すれば、アクセス解析ができます。

さらにTwitterはsummaryという機能があって、summary登録すれば、投稿で貼りつけたリンクが大きなクリックボタンに様変わりします。詳細は省きますが、summary機能を使えば、アクセスアップも期待できます。

Instagramはクリック期待値が低い

若者や女性に人気のInstagramですが、こちらは写真がメインのSNSです。そのため、そもそも長文の投稿はこのSNSには雰囲気的にマッチせず、さらにリンクを貼りつけても非活性になります。つまり、Instagram投稿によるクリック数獲得はあまり期待できません。
ただし、自己紹介の箇所にはURLが登録できます。Instagramはハッシュタグ検索が主流なので、ハッシュタグをもとに様々な人を探せます。ハッシュタグ経由で訪れてくれたユーザーが、自己紹介欄の企業URLや製品URLをクリックしてくれれば、クリック数獲得が期待できます。

また、ブランドイメージを視覚的に伝えやすいツールでもあるので、ECサイトとの連動を行うのであれば、目に留まりやすく、拡散してもらえるような写真を投稿することが重要になります。

やはり最強!検索サイトでクリック数獲得

googleやYahooなどの検索サイト経由が、一番クリック数を獲得できます。検索サイトではキーワード入力によってウェブサイトが上位表示されるようにコンテンツを充実する必要があります。
検索数の多いキーワードで検索した場合の上位表示が成功すれば、サイトのクリック数は急増します。検索サイトでクリックしたユーザーはほぼ新規ユーザーですが、サイトを見てもらった後にSNSに誘導してフォローしてもらえれば、継続してクリックが期待できます。

CTRでクリック数を測定

URLをクリックしてもらうためにはまずURLを表示させる(見てもらう)回数の増加が大切ですが、表示させた中でクリックされた割合を知ることも重要です。その指標をCTR(クリック率)と呼びます。

(計算式)
CTR = クリック数÷表示回数×100

上記の計算式でCTRは表せます。CTRは高ければ高いほど良いですし、ジャンルによっても標準値は変わります。1.0%を超えるとかなり良い数値だという報告があるぐらいですので、想像以上に基準数値は低いです。

CTRを高めるために

表示されているのに、ユーザーが未クリックなのには何らかの理由があるはずです。表示回数を増加できたら、どうすれば高頻度でクリックされるかを考えましょう。CTRを高めるためのポイントを一部お伝えします。

タイトルや紹介文が興味をそそるか

リンクを押すか否かは、最終的にはタイトルや紹介文などの誘導文です。実際のリンク先が求めている内容だとしても、ユーザーがクリックするかは誘導文が最終的に左右します。

あなたがFacebookのタイムラインを見ていた時に、フォローしているECサイトのお知らせが流れてきたとします。「秋物のスカート販売スタート」と書かれた一言よりも「2017秋のトレンドカラー“ネイビー”のボリュームスカートを先行販売」という一言の方が、リンクを押したくなりませんか?
内容が同じでも、誘導文次第で受け取り方は変わるので、タイトルはとても重要です。

検索で上位表示されているか

検索サイトに限ったポイントですが、検索結果では上位表示されればされるほどCTRは高くなります。検索結果1位に表示されるウェブサイトは、100%に近い確率でクリックされますが、4番目、5番目となるとクリック率は大幅に下がります。そして2ページ以降に表示されるサイトのクリック数は一段と低くなります。表示回数が同じであっても、上位表示されるほどクリック数は高くなります。

コンテンツが適切か

検索サイトやSNSで興味を持ってもらった結果、ウェブサイトやECサイトを覗いてもらった場合、そのコンテンツがユーザーの求めているものであるかは重要です。ユーザーはサイトに入った後もさらにサイト内の他のページをクリックしてくれます。最初閲覧したページのコンテンツが満足いく内容であればユーザーは別のページものぞいてくれる可能性が高いです。

移動しやすいサイト構造か

ウェブサイトやECサイトを覗いた時に分かりづらいサイト構成だと、クリックされる可能性を遠ざけます。ユーザーがスムーズに移動しやすいサイトを作るためには、ヘッダーやフッターにグローバルナビゲーションを設置し、カテゴリーページも充実させた方が良いです。
そして途中でユーザーが迷子になってしまう構造や、行きたいページにすぐ行けない構造ではユーザーは辟易して、サイトから離脱してしまいます。移動のしやすさはクリック数にも大きな影響を与えます。

まとめ

クリック数が高いほど、広告効果は高くなります。運営側はクリック数を増やすために、SNS運営やウェブサイト、ECサイトの更新に力を注ぎます。広告効果を高めるためのクリック数の獲得は重要ですが、しかし本質的な話として、クリック数はあくまで広告のためだけなので、ただクリック数を増やしてもそれだけでは何の意味もありません。

大切なことはクリックしてもらい、サイトを見てもらった後、いかに自社に売上をもたらすかです。クリックはウェブサイト運営側にとってはゴールであり、次のスタートでもあります。クリック数とそれに伴う売上獲得の両面を意識しながら、情報を発信すれば良い結果が待っているかもしれません。

[MA_DMP_LP]

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る