• このエントリーをはてなブックマークに追加

★2021年に2150億米ドル!AR/VR市場の今後★

IDC Japanは2017年8月15日、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)関連の世界市場予測を発表しました。2017年の114億米ドルに対して、2021年は約2150億米ドルの市場規模に達する見通しだそうです。2016~2021年の年間平均成長率(CAGR)は113.2%を見込んでいます。

AR/VRのハードウェアやソフトウェアおよび、関連サービスの支出合計額が最も多いのは米国で、32億米ドル、続いて日本を除くアジア太平洋地域(APeJ)が30億米ドル、西欧が20億米ドル。

応用事例としては、小売業における展示、現場での組み立てと安全管理、プロセス製造トレーニング、2021年には、これに産業設備の保守/メンテナンス、公共インフラ整備が加わると予測されています。
日本はまだまだ未開拓市場であり、「今後の技術革新やハードウェアの普及を考えると、現段階で採用/導入を進めることは、企業にとって極めて大きなアドバンテージになる」と指摘しています。

参考:AR/VR市場、2021年には2150億ドル規模に
http://eetimes.jp/ee/articles/1708/31/news032.html

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る