貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国消費者向けの日本商品越境ECが国内事業展開。越境ECと国内ECの二軸で事業強化

中国消費者向けの日本商品特化型越境ECを手がけるインアゴーラは、Wowma!内に出店した「WONDERFULL(ワンダフル)」ストアにて、国内EC事業に参入することを発表しました。

Wowma!はKDDIが運営しているECモールです。
インアゴーラとKDDIが資本提携することで実現した新事業になります。

越境ECのプラットフォームを国内ECにも利用

今回の事業提携により、インアゴーラで運営している中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆公主(ワンドウ)」の出店企業は、Wowma!を通じた国内ECにも出店することが可能になります。
インアゴーラとKDDIだけでなく、ワンドウで越境ECを行なっている出店者も、コストをかけずに国内ECに事業拡大ができることとなります。

プラットフォームを提供する企業の事業拡大により、それに参加する参加者にもメリットが得られる仕組みはインパクトが大きく、ネットワーク効果が働くことで更にエコシステムが拡大することが期待できます。

またインアゴーラは、「越境ECおよび国内ECの双方において商品情報の制作、物流、決済、マーケティング、顧客対応、在庫管理などの全工程を一元管理し、各出店企業にリソースの削減、在庫効率の向上などの利便性を提供していく」と発表しています。
これまでは越境ECを行うために、セキュアな決済方法を用意したり、商品を配送するための物流インフラを構築したりするといった、海外ならではの課題がありました。
しかし今回のインアゴーラの事業方針は、越境ECでの事業体制が一旦完了し、国内ECにもプラットフォームを共有する余裕ができたと見ることもできます。

難しいとされてきた越境ECですが、成果をあげる事業者が出てきました。
国内だけに限って販売していたEC事業者は、越境ECを検討する時期が来たのかもしれません。

参考:インアゴーラ、Wowma!内にストアを出店し、国内EC事業への本格参入を開始
https://eczine.jp/news/detail/5408

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る