• このエントリーをはてなブックマークに追加

ITにおけるエコシステムとは?成功事例から読み解くこれからの協業スタイル

昨今、インターネットの発達によって提供できるサービスが巨大化し、エコシステムの必要性が高まっています。
「エコシステム」というと、環境に関する言葉と思われがちですが、「ITにおけるエコシステム」は、デベロッパーやベンダーが平等に利益を得られる協業形式をいいます。

Appleやクラウド、シリコンバレーは巨大なエコシステムを形成しており、その影響力は世界中に及びます。

今回は「エコシステム」に関する解説をお届けします。

エコシステムとは:生態系をさす言葉からIT用語へ

エコシステム(Ecosystem)は、もともと生態系を意味するワードでした。ですが、現在はIT、通信の業界で使われています。
マーケティングにおけるエコシステムから、実際の成功事例までエコシステムのすべてをご紹介します。

生態系のエコシステム

生態系という意味においてのエコシステムとは、ある一部の地域や空間において、生きている動植物が互いに依存して生態を維持する状態をさします。
例えば、植物が無機物から有機物を生産し、それを食べて動物が活動、動物の排泄物は菌類が分解して植物の栄養になる、というものです。
つまり、

  • 生産者
  • 消費者
  • 分解者

という物質循環によって、自然が保たれている状態のことを意味します。

経営とITのエコシステム

対して、経営におけるエコシステムは、業界の枠および国境を超えて、企業同士が共存していく仕組みを意味します。系列の異なる複数の企業やライバル関係にある同業他社が手を取り合うこともあります。
コラボキャンペーンのように限定的な共存もエコシステムに含まれますが、生産業者と物流業者が連携するアライアンスや、共同開発はエコシステムには含まれません。
ITにおけるエコシステムも、

  • 基本OS
  • デベロッパー
  • ベンダー
  • サードパーティ
  • ユーザー
  • ベンチャー

といった異分野がそれぞれの環境を維持させ、収益を上げるモデルのことをさします。
ITのエコシステムで重要なのは、それぞれの構成要素となっているパーツが、なるべく平等に利益を得られる仕組みになっていることです。

エコシステムによるマーケティング事例

エコシステムがどのようなものなのかは、実例をみるのが一番分かりやすいでしょう。
まずは、身近なエコシステムの成功例としてマーケティング分野から紹介します。

エコシステムのマーケティング1. 日本コカ・コーラと日産自動車

エコシステムのもっとも先駆的な例の一つとして知られるのが、2008年におこなわれた「Coca-Cola×CUBEハートフルキャンペーン」です。
クイズやゲームによって「コカ・コーラゴールド」を貯めて、日産の新型キューブプレゼントに応募するこのキャンペーンは、70万人が参加しました。

サンタクロースの赤いコスチュームを広めるきっかけとして広く知られているように、コカ・コーラは毎年冬にキャンペーンをおこなってきました。2008年の企画は、恒例キャンペーンと、日産キューブのモデルチェンジが重なったことがきっかけといわれています。
このキャンペーンの画期的なポイントは、

  • 清涼飲料水メーカーと自動車会社という珍しい組み合わせによるインパクト
  • 社外秘のデータを互いに持ち寄って企画をよりよいものにした

の2つです。単に名前だけをコラボしたわけではなく、キャンペーンが大きな成功をおさめられるよう、議論を重ねてのぞんだことが成功につながったといわれています。

画像出典:Coca-Cola×CUBEハートフルキャンペーン(2008年)
http://j.cocacola.co.jp/corporate/project/detail_03.html

エコシステムのマーケティング2. ネスレとル・パティシエ・タカギ

ネスレの人気商品のひとつである「キットカット」と、人気パティシエの高木康政が手を取り合って出来上がったのが、「キットカットショコラトリー」です。
気軽なおやつとして認識されている価格帯のキットカット、高級なチョコレートとして知られる「ル・パティシエ・タカギ」は、同じくチョコレートを扱うライバル関係にあるともいえます。しかし、協業によってどちらにも重複しない価格帯のチョコレート「キットカットショコラトリー」を開発、ECサイトや百貨店で好調な売れ行きをみせています。「キットカットショコラトリー」の売れ行きは、両者の認知度を高めることにもつながっているため、販売利益以外のメリットが新たに創出されているといえるでしょう。

画像出典:キットカットショコラトリー
https://nestle.jp/brand/kit/chocolatory/

イノベーションのプラットフォームとしてITにはエコシステムが必要

インターネット黎明期においては提供可能なサービスやシステムがまだ小さかったため、各分野は協業する必要性を感じていませんでした。しかし、提供できるインターネット関連のさまざまなサービスやシステムが多様化、巨大化していくにしたがって、一社では抱えきれないボリュームとなり健全な協業スタイルともいうべきエコシステムの必要性が高まっていきました。
現在では、イノベーションのプラットフォーム(基盤)としてエコシステムが必須だという声があちこちで聞かれるようになり、バズワード化している側面もあります。
では、各社のプロダクトが平等に収益を上げる仕組みについて、具体的な例をみていきましょう。

成功事例からみるエコシステム

実際にうまく連鎖しているITのエコシステムについて、代表的なものから最新のものまで例を挙げていきます。

エコシステム事例1. Appleの製品と提供価値

もっとも代表的な例がAppleのエコシステムです。
Appleのエコシステムは2つの形態に分けることができるので、まずは製品群におけるエコシステムについてみてみましょう。
Appleが販売しているiPhone、iMac、iPadといった端末製品は、

  • チップセット
  • スクリーン
  • カメラ

といった数多くのパーツから成り立っています。これらの部品を製作し組み立てるまでには多くの企業が関わっており、それぞれが利益を上げています。また、Apple Store以外の販売企業についてもAppleのエコシステムの一部といえるでしょう。

Appleのエコシステム2つめは、端末をはじめとするApple製品の提供価値におけるシステムです。AppleのiTunesでは、Apple以外によるアプリや映画、楽曲などのコンテンツが配信されています。コンテンツの活用は端末を提供しているApple、アプリをリリースした企業、アプリを活用するユーザーがエコシステムに組み込まれ、利益を得ている状態といえます。
どちらもエコシステムの中心にはAppleがいますが、Appleが独占的に利益を搾取しているわけではありません。こうした相互的利益が発生する協業スタイルが、エコシステムの代表例です。

エコシステム事例2. Google

Appleと同様のエコシステムを形成しているのがGoogleです。
Googleは、

  • 端末
  • OS
  • ネットワーク
  • プラットフォーム
  • コンテンツサービス

の各シーンでさまざまな企業と協業し、ともに収益を上げています。
少し古いデータですが、総務省による平成24年版の情報通信白書では、これらのエコシステム戦略が紹介されています。

・総務省「平成24年版情報通信白書」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/index.html

エコシステム事例3. Amazon

Amazonは、ECやクラウドサービスを提供するプラットフォームを強化することで、企業を呼び込む戦略をとっています。

  • 端末(Amazon Echo、Kindle、Fire TV、Dash Buttonなど)
  • OS
  • ネットワーク
  • プラットフォーム
  • コンテンツサービス

といった各分野でエコシステムを形成しています。AIスピーカー「Amazon Echo」においては、他のAIスピーカーより一歩先をいくシステム作りを進めています。
AIスピーカーは、音声対話型のAI機器の総称で、

  • ニュースや音楽の配信を聞く
  • 音声でメモ入力をする
  • 家電を操作する
  • 音声で検索する

といったことができるツールです。現在は、Amazon「Amazon Echo」、Apple「Apple HomePod」、Google「Google Home」、LINE「LINE Clove WAVE」などがあり、各社が特徴を出しながら開発を進めています。

もともと、AmazonのAI開発は、Googleの発表したGoogleHomeと比較すると、後手に回っているといわれていました。それをカバーするためかどうかは分かりませんが、AmazonはAIスピーカーにおけるエコシステムの充実さで特徴を出しています。

まず、音声アシスタントである「Amazon Alexa」の機能拡張のための1万種類以上のスキルが挙げられます。
「Alexa」は、Amazonの配信するコンテンツを視聴するための「Fire TV」などにも搭載されており、両者の機能拡張はユーザーにとってのメリットと新たなサービスの創出に一役買っているといえます。
さらに、

  • 小型スピーカー「Echo dot」
  • スクリーン画面のついた「Echo Show」
  • カメラ搭載の「Echo Look」

など「Amazon Echo」をよりさまざまな用途で使える可能性のある商品によって、エコシステムを構築しています。

エコシステム事例4. クラウド・エコシステム

クラウドサービスは、インターネット経由でデータベースやストレージ、アプリケーションといったITのリソースを利用するものです。オンデマンドで必要な分だけ利用できることから、自社のビジネスに合わせた活用が可能なことがメリットとなり、クラウド会計システム「freee」などは個人事業主やフリーランスの間でもよく使われるようになっています。
こうしたクラウドも一種のエコシステムといえます。

クラウドの構築にあたっては、ネットワークや仮想化の仕組みにおいて、多くの企業が協業して開発にあたっています。また、クラウドが開かれた環境であればあるほど、イノベーションが繰り返され、スピード感のある変化が常にもたらされているといえます。
この環境は、生物の進化や互いに与え合う影響による変化を思わせます。これが特定の企業でなくてもクラウドもエコシステムを形成しうると解釈される所以でしょう。

エコシステム事例5. シリコンバレー

米国カリフォルニア州サンフランシスコのシリコンバレーは、いわずと知れたITの拠点です。シリコンを主な原材料とする半導体メーカーが多く集まっていたことから、こう呼ばれるようになりました。実際の地名はサンタクララバレーなどですがIT企業の集まる周辺地域を、まとめてシリコンバレーと呼称しています。

  • Apple
  • インテル
  • Google
  • Facebook
  • アドビシステムズ

など、多くのソフトウェアメーカー、インターネット企業が集まるこの地域は、一帯がエコシステムを形成しているという見方もあります。
ただし協業がどういった範囲をさすのか、またエコシステムというワード自体をどのように定義するのかといった点については意見の分かれるところです。

エコシステムは市場の影響を受ける

エコシステムは、外部からの干渉によっても変化します。
もっとも大きな干渉といえるのが市場規模です。マーケットが大きければ大きいほど、多くの企業が集まり、他社よりも優れたプロダクトを他社より低い価格で提供しようという動きが生み出されます。これは競争優位性といい、優位に立つために多くの企業が他社と協業しながら利益を最大化する方法を模索します。
この動きによってエコシステムはさらに巨大化し、多くの企業が関わり合って拡大していきます。

買収によってエコシステムの一部が独占されることも

エコシステムは関わる企業がともに利益を上げる仕組みだと説明しましたが、特定の企業やエコシステムを形成するある一部分が多大な収益を上げた場合、買収や吸収合併などによって一社に独占されることも起こり得ます。

まとめ

こうした協業スタイルとしてのエコシステムを健全に機能させるためには、手を取り合う企業が互いのパフォーマンスを充分に発揮できる環境が大切です。一社の独占的な利益追及になったり、足を引っ張り合うようなプロジェクトにならないよう気をつける必要があります。

PR:新しいECを、エスキュービズムのR&Dで実現!

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例
エスキュービズムニュースレター!
お役立ち資料ダウンロード
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る