手遅れになる前に!ECサイトがクラウドを導入すべき8つのタイミング


最近ユーザー企業様からECサイト構築・リニューアルのご相談をいただく中で、最近「クラウドってどうなの?」「うちのサイトもクラウドに移行した方が良いか?」などのご相談を多くいただきます。

今回は、自社のECサイトのクラウド移行を検討されている方にご参考にしていただければと思い、「ECサイトがクラウドへ移行すべきタイミング」をご紹介します。

(画像引用元:『http://www.entechcomputers.com/resources/what-is-cloud-computing/』)


クラウド環境へ移行する3つのメリット



(引用元:『http://www.filemakerstudio.com.au/filemaker-hosting/professional-filemaker-hosting-why-bother/attachment/cloud-computing-interior』)


低コストで急激なアクセス増に対応できる

テレビや雑誌などマスメディアに広告を打つ場合、サイトへの急激なアクセス増加・高負荷には注意が必要です。「せっかく広告費をかけたのに、サーバーダウンでECサイトが機能せず、受注が思うように伸びなかった」という事態は避けなければなりません。

これまでは自社で急なアクセス増に対応するリソースの確保、インフラ構築・運用には高額の投資が必要でした。

しかし、サーバーなどのハード機器やその上で動くソフトウェアなどを自社で持たず、クラウドサービス事業者の管理する環境を利用することにより、高額なコストをかけずに急激なアクセス増に対応できるのです。

労力のかかる物理サーバー管理から開放される

24時間365日の運用管理をクラウドサービス事業者にアウトソーシングすることで、これまでサーバー管理に割いてきた自社の労力を削減することができます。

サーバー管理上のリスクが減る

クラウドのインフラはデータセンターに設置されているため、電源供給や耐震性、サーバ環境などの面で、一般的なオフィスに比べて遥かに堅牢であり、BCP対策にもなります。

これらのメリットを踏まえた上で、どのような状況が発生した時にクラウド導入を検討すべきかをいくつか挙げたいと思います。

クラウドを導入すべき8つのタイミング



1.当初の想定よりも売上が伸びている

売上が予想を上回るということは、サイトへのアクセスが予想を上回っているということであり、サーバーダウンのリスクが発生します。

2.正直、アクセス数の予想が全くつかない

新規立ち上げの時などは、アクセス数を想定しにくいものです。

3.取り扱う商品に旬があり、時期によってアクセス数がバラバラ

季節的な変動があるケースです。クリスマス商品、ギフト、夏向け商品などがこれに当てはまります。

4.キャンペーンをよく打つ

セールやキャンペーンで、広告などを打てば急激なアクセス集中が発生します。

5.既存ベンダーのコストが高い

一般的なベンダーはアクセス集中のマックス数値を想定してインフラを構築するので、アクセス数の低い時期も同様のコストが発生することになります。

6.売上に対する固定費を安定させたい

クラウドであれば、サービスを利用した分だけ支払う従量課金が可能です。

7.社内でサーバーを持ちたくない

手間のかかるサーバー運営をアウトソーシングしたい、地震などの災害へのリスクヘッジをしたい場合がこれに当たります。

8.メンテナンスコストを下げたい

機器やソフトの更新作業や故障対応などのメンテナンスコストを削減できます。


以上、クラウドを導入すべき8つのタイミングをご紹介しました。
こうした状況にある企業様であれば、クラウド移行は検討する価値ありと言えます。

エスキュービズムではクラウド環境での運用が可能なECパッケージ「EC-Orange」を提供しています。
クラウド環境への移行をご検討の企業様はこちらから是非ご相談ください。

関連記事

EC-Orange VR
訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
EC用語集
お役立ち資料
無料ダウンロード
  • 用途別最適タブレットOS指南表
  • ジュンク堂のO2Oインフラ
Return Top

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/