• このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー株式会社とアジア最大の電子商取引企業グループアリババグループの100%子会社である淘宝(タオバオ)が提携し、6月1日に「Yahoo!ショッピング」と「タオバオ」の取扱い商品を相互取引できるサービスを開始する、というニュースがありました。

このサービスにより、日本人が日本語で中国の商品を検索・購入ができ、また中国人が中国で日本の商品を購入することが可能になります。
サービス開始時に提供される日中あわせた商品数は約1億点以上です。

すでに大手企業は自力で中国ECに進出をしていっていますが、今後はこのようなサービスにより中堅・中小のEC事業者も中国EC展開が可能になりそうです。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る