• このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、海外から面白いお客様がいらっしゃった。
日本の製品を海外(現地)で販売するECサイトのリニューアルをしたいとのこと。

海外との文化の違いなどいろいろとオモシロイお話が聞けたのだが、まだご挨拶した程度なのでこの件はまだヒミツ。

で、一番の課題は 【EC-CUBEが海外サイトでも使えるのかどうか】 である。

EC-CUBEの文字コードは EUC-JP だ。EUCはカンタンに説明すると、「UNIXで日本語を扱うために作られた文字コード」であるから、基本的に日本語以外は対応していない。
と、もちろんローマ字は対応しているから、英語であれば問題ない。

が、今回のお客様はスペイン語圏である。スペイン語が表示できないとダメだ。
例えば、「ñ」「¿」 といった文字が正しく表示される必要がある。

そこで登場するのが「UTF-8」という文字コードだ。UTF-8の詳細説明は省略するが、ざっくりカンタンに説明してしまえば、日本語に限らず中国語もスペイン語もフランス語も「UTF-8環境下」ならば全て表示が可能だ。
このブログも UTF-8 だから上記のように、「ñ」「¿」といった文字が(おそらく)問題なく表示されるわけである。

EC-CUBEを UTF-8 対応にするには…

  • データベースの文字コードを EUC ⇒ UTF-8
  • ソースファイルを全て EUC ⇒ UTF-8
  • もし例えばメタタグなどに EUC-JP といった形で直書きされている場所があれば修正

の3ステップで十分だと思われる。

たぶん、大丈夫だろう。

関連記事

アーカイブ

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

ページ上部へ戻る