• このエントリーをはてなブックマークに追加

世界各国で過去最大の成長率を見せるEコマース販売

中国がEコマース販売総額で他国を大幅にリード
2014年のビジネス-消費者間Eコマース販売成長率予想

1.アジア環太平洋地域は世界最大規模のEコマース市場に成長中。今年度はアジア諸国のEコマース購入総額が初めてアメリカ・カナダの総額を上回る見通し。

2.ビジネス-消費者間における今年度のEコマース販売総額は、アメリカ・カナダの4826億ドルに対しアジア環太平洋地域では5252億ドルとなる見込み。

3.2013年度のアメリカ・カナダにおけるオンライン販売シェアは、前年の35.9%から34.4%に減少し、2014年度はさらに32%まで落ち込むとの予想。

4.中国におけるEコマース販売の伸び率はインドに比べて2倍、またアメリカと比べた際には5倍になる見通し。

5.中国とインドにおけるEコマース販売の成長率はそれぞれ64%、31%に上り、アメリカの12%に比べて顕著な伸びを見せている。このことからも中国とインドの総人口20億人という数字がいかにアジアにおける急激な成長率の要因となっているかが分かる。

6.特にインドにおいては、この先2年間で世界最大の成長率をみせることが予測され、その結果2015年までにインターネット関連経済の分野で世界最大規模の国家となる見通し。Boston Consulting Groupの調査によると、インド国内でのインターネット普及率は2013年3月から2015年3月までの間で300%上昇するとの予測。

この記事はInternational Markets with Highest eCommerce Conversionsを海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る