• このエントリーをはてなブックマークに追加

Eコマースにおける商品包装の知られざる重要度

Eコマースで商品を販売する際に、普通は「売り物」である商品を重要視する一方で、包装方法などのパッケージデザインにはあまり

気を使わないことがほとんどです。しかし、Dotcom Distribution社のレポートによると、アンケート回答者のうち60%は商品がきれいに梱包されて届いた場合にはソーシャルメディアに写真を投稿したくなると答えています。

この60%の購入者は間違いなく今後も顧客となるでしょうし、その60%のうち10%でも友達に商品を勧めてくれれば更なる売上アップへと結びつくことになります。

さて、Dotcom Distribution Packaging ReportではEコマース販売における配送時の包装方法がどれほどブランドイメージ向上に役立っているかに加え、購入者がソーシャルメディアを通して宣伝をしてくれることになる効果についても調査をしていますが、そのレポートによると、39%がこれまでに購入した商品をビデオに撮って投稿したと答え、利用するソーシャルメディアとしてはFacebook(84%)、Twitter(32%)、Instagram(31%)、そしてPinterest(20%)などが挙げられています。

また、届いた商品の箱を開ける様子を撮影したビデオもここにきて人気を集めており、調査対象者のうち35%がこれまでにこのようなビデオを観たことがあり、そのうち55%は実際にその商品を購入するまでに至ったと答えています。

当レポートから浮かび上がる事実

このようにギフト包装のようにきれいにアレンジされたブランドロゴ入りパッケージで購入した商品が送られてくれば、買った側としても予想以上に嬉しいものですし、印象に残るだけでなくソーシャルメディアなどで他の人にもシェアする可能性も高くなります。つまり日常の一大イベントとして捉えてもらえるわけです

そして、一般に消費者が購入する商品をリサーチする際には、すでに購入した他の人の意見をソーシャルメディアでチェックするものです。実際に購入決定するに当たって商品の写真やビデオを観た上で判断するという意見は非常に多く、その際に商品がきれいに包装されて届くといった要素も商品購入を決定づける上で大きな判断材料となってくるのです。

film-589491_1280

このように、印象的な包装をして商品を送付することでインターネット上に写真やビデオがアップされ、その結果多くの消費者の目に留まりそこから売上アップにつながる可能性が上がると言った一連の流れは決して無視することができません。

つまり、商品の包装方法を真剣に考えて、味気ない段ボールで送るのではなくFacebookなどで思わず掲載したくなるような気の利いた包装をすると効果的ですので、皆さんもインターネットを検索して、お客様の心に残るきれいなオリジナルパッケージを作り出してみてはいかがでしょうか。

この記事はHow important is packaging for your ecommerce business?を海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る