• このエントリーをはてなブックマークに追加

倉庫管理マーケットでカギとなるオムニチャネル・フルフィルメント

ARC Advisory Groupは10年以上にわたって毎年世界の倉庫管理システム(WMS)のマーケットを

調査してきました。
市場規模は今や15億ドルを超えており、成熟した市場としては驚くべきペースで成長しています。
このWMS市場の成長と変化の最大の要因がeコマース小売りや顧客とダイレクトなチャネルを持つ製造ブランドです。
オムニチャネルは様々な方法で倉庫業を変革し、結果としてWMSソリューションにも影響を及ぼしています。

共同施設にサポートされた多様なチャネル

これまで店舗商品の補充にフォーカスしてきた倉庫は、現在eコマースによって拡大しています。企業はチャネルに関わりなく、全ての倉庫の在庫を一元化しようと努めています。これは低コストで高いサービスを提供するだけでなく、顧客に注文状況を知らせることも可能にします。
eコマース向けの商品ピッキングと、店舗補充のためのケースやパレット補充を組み合わせれば倉庫作業は当然複雑化します。これを処理するには倉庫に広範囲でマテリアルハンドリング手法のサポートが必要になります。WMSソリューションの多くはすでに複雑な時間管理や、SKU、顧客、チャネルごとの注文処理にかかる費用の計算を可能にする機能を有しています。これらの機能を導入することが重要になってきます。しかしWMSサプライヤーはeコマース商品、put wallプロセス(棚仕分けシステム)、出荷記録の管理のための新たなロジックを開発してきています。

店舗内WMS

小売りは店舗内での在庫管理を改善し、オンライン注文からの店舗引取りや店舗配送、返品といった、新たなオムニチャネル・フローの拡大のためにもWMSを導入しています。
これらのソリューションはピックカート、返却フルフィルメントやピッキングする商品の写真を閲覧する機能(アパレルに有用)を充実させるのに役立ちます。

「クリック&コレクト」として知られる注文フルフィルメント・プロセスは特にヨーロッパの食料品店で広く普及しています。これはドライブスルーでの商品受取機能を備えた倉庫によって広まってきています。倉庫は独立型の場合もあれば店舗と併設されている場合もあります。これらの作業をサポートするWMSソリューションには注文商品補充機能や注文品の準備機能、ロイヤリティプログラムといった顧客情報が含まれています。
また、Manhattan AssociatesといったWMSサプライヤーはこうしたWMSの定義に当てはまらないWMSを開発しています。
オムニチャネル革命がこの市場における成長と革新の強力な推進剤となっているのです。

この記事はOmni-channel Fulfillment Is The Key Driver Of Growth In The Warehouse Management Marketを海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る