• このエントリーをはてなブックマークに追加

中国マーケットの現状と将来の展望

マーケットリサーチを専門とするFrost & Sullivan社の報告によると、Jumei社は2013年の中国国内におけるオンライン化粧品販売シェア率No.1

(22.1%)を誇る大企業で、2010年3月のサイト開始以降急速にその人気を獲得してきたということです。

同社によると、Jumei.comのオンラインプラットフォームは中国国内で最も信頼度の高いシステムで、消費者は安心して有名ブランドの化粧品や各種ファッションアイテム、また生活雑貨などを購入できるという点が特徴となっています。

また、同社は消費者のニーズや嗜好を把握し、豊富な品揃えを武器にサイト上での効果的なセールス戦略フォーマットも確立させています。

さらにJumeiサイトでは幅広い種類の輸入化粧品も取り扱っており、それらは売り上げの大部分を担っていますが、ここにきて中国政府は貿易に関する様々な制約を緩和する動きを見せており、この先輸入商品の販売においては競争が激化することが予想されます。

それでもJumei Global社の売り上げ総額は今年の上四半期のみで51%の成長を見せており、2014年の同時期の成長率10%に比べても成長の度合いは明らかです。

一方で、JD.comやAlibabaといった他の中国語オンラインサイトも、ここにきて独自の化粧品関連商品やベビー用品などを積極的に開発してきていますが、中でもJD.comはJumeiにとって最大のライバルともいえる存在で、日本用、韓国用、そしてフランス用のサイトをそれぞれ独立して運営しています。

Alibaba

それに対抗すべく、Jumeiはプラットフォームの開発に合わせて中国マーケット進出を望む比較的小規模の海外ブランドと積極的に提携を結んでいます。また、同社のサイトで販売されている輸入商品のうち90%は中国国内において他社が取り扱っていないため競合が避けられているという事実も見逃せません。

そんな中、最近になって中国と韓国との間で幅広い商品を対象にした取引の自由化協定が締結されましたが、韓国製品は高価なものが多いため、美容関連商品はこの協定には含まれないだろうというのが一般的な見方です。

そうなると、現時点ですでに韓国製の化粧品を数多く取り扱っているJumeiにとっては、今回の協定に化粧品が含まれないという事であればAlibabaやJD.comと立場的には変わらないこととなり、化粧品販売に限っては依然として同社の優勢は変わりません。

加えて、Jumei側にとっては今回の協定により韓国との取引における関税の面で大幅に状況が改善され、結果的に支出は大幅に削減されることになります。

グレーマーケット

中国で使用されている化粧品のうち、70%は観光客が海外旅行に行った先で購入し国内に持ち帰ったものだと言われています。このような購入パターンを「グレーマーケット」と言い、特に日本や韓国、香港に旅行に行った際にまとめて化粧品関連の商品を購入して帰り、友人や家族に配ったり、中には国内消費者に向けて再販売することも珍しくありません。そしてこのような事が行われる背景には、中国国内と海外での大きな価格差といった状況があるのです。

中国政府の対策

そのような状況下において、中国政府は正規ルートで商品を販売している国際的Eコマースの成長をサポートするために、グレーマーケットに対しては厳しい法律制限を制定して対応しています。

その結果、旅行者によって中国国内に持ち込まれる商品の数は今後減少することになるとみられ、この事は中国国内の消費者に向けて海外製の化粧品を販売しているJumeiなどのオンラインショップにとっては大きな追い風となることが期待されています。

輸入関税

実は、中国での化粧品に対する輸入関税はこれまでの5%から2%へと減少しました。しかし、このことで節約される額は実際にはそれほど大差はないため、Jumeiなどのオンラインショップにはマイナスの影響はほとんどないとみられています。

「It’s Skin」への投資を通して事業拡大へ

「It’s Skin」という名のブランドはあまり耳慣れませんが、韓国をはじめとするアジア地域では根強い人気を誇っています。そこに目を付けたJumeiはこのブランドに投資を行い、It’s Skin ブランドを通して積極的に韓国製化粧品の販売戦略を展開しています。

現時点ではJumeiはまだ中国のEコマースのリーダー的存在となるには至っていませんが、化粧品関連においては認知度の高いEコマース企業です。そしてここにきて中国政府の新政策の恩恵を受ける形でさらに業界内での地位を確固たるものにしようとしています。

加えて、輸入関税削減や韓国との自由貿易協定締結などが今後どのように影響を及ぼすのかという点も合わせて、引き続き同社のビジネス展開に注目していきたいところです。

この記事はCross-border platforms are the next e-commerce revolution in China!の記事を海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る