• このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonが対抗できない3つの小売

eコマースの成長の勢いはとどまることをしらないが、そんなeコマースにもあまり影響を受けない小売りもある。eコマース

に対抗し続ける3つの企業を紹介する。

米国での消費のうち、オンラインによるものは6%を超えています。そして今後数年間、毎年二桁台前半の成長率を維持すると見込まれています。
2000年にはAmazonとeBayの売上げはそれぞれ28億ドルと4.3億ドルでした。2012年にはそれが611億ドルと141億ドルと大きく成長しました。
Amzonやebayのような世界的小売り企業は買い物のスタイルを変化させリアル店舗を脅かしています。しかしそうした脅威にも屈しない企業もまだまだ存在します。

カー用品販売:Advance Auto Parts

優位に立つ企業はオンラインでは真似しにくい利点を抱えています。Advance Auto Partsの場合、多種多様な部品在庫だけでなく、それらの複雑な商品構成に合わせた顧客サービスはeコマースには真似しにくいものとなっています。

ペット用品販売:PetSmart

ペットビジネスにおけるeコマースはまだまだ成長の余地があり、全体における3%程度の売上です。しかしオンラインがリアルを凌駕することは難しいといえます。理由のひとつがペットフードで、ペットフードは価格が安く重量もあるので配送コストが割に合いません。さらに PetSmartはペットホテルサービスを開始するなどリアルの強みを活かしています。

低価格アパレル:Ross Stores

有名ブランドや人気デザイナーの商品を低価格で販売するRoss Storesは商品の頻繁な入れ替え、宝探しの気分を味わえる店舗構成、数千のベンダーとの強い結びつきを武器にしてオンラインとの競争力を保っています。

eコマースの影響を受けにくい業界

・DIYチェーンはeコマースの影響はあまり受けていません。重量のある商品が多く配送コストがかかるからです。しかし大手のLowe’sやHome Depotは顧客がネットで商品の取り置きを頼めるサービスを強化しています。
・バッテリー交換やパーツのチェックなどネットでできないサービスを提供できるのがカー用品業者の強みです。しかしオンラインであれば一つの店舗より多くの商品をチェックできます。特に希少品を探す時に重宝されます。しかしまだまだリアルな接客が好まれている業界です。

この記事はWhy Amazon Can't Destroy These Three RetailersをOrange Blogが日本向けに編集したものです。

関連記事

アーカイブ

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

ページ上部へ戻る