• このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルコマース(M-commerce)とは?改めてじっくりと解説

「モバイルコマース(M-commerce)」は既に馴染みが深いようであまりきちんと定義されていない言葉かもしれません。

スマホ以前のガラケーでもネットショッピングは出来ましたし、今やスマホアプリやSNSから商品を買ったり、仕入れなどの商取引を行うことは日常的なことになっています。

しかし、改めて「モバイルコマース」と言われるとうまく説明できない人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、モバイルコマースについて、改めて次のトピックを解説していきます。

モバイルコマースとは?

そもそもモバイルコマースとは何でしょうか。
モバイルコマースは、『携帯端末を用いることで金銭の取引を完了できること』を指します。これは商品やサービスを購入するオンラインショッピングだけでなく、次のような取引も含んでいます。

  • モバイル端末を介した送金
  • 電子チケットや搭乗券・乗車券の購入
  • デジタルコンテンツの購入と配送
  • モバイルバンキング
  • 非接触性支払いとアプリを介した支払い
  • 地域ベースのサービス
  • モバイルマーケティング、クーポン、ロイヤリティカード

モバイルコマースの取引額

モバイルコマースは急速に成長している分野です。
Statistaの統計によると、世界におけるモバイルコマースの取引額は次のようにまとめられています。※2014年〜2019年までのデータ。*印は予測値。

画像出典:Statista
https://www.statista.com/statistics/557951/mobile-commerce-transaction-value-worldwide/

2014年にはUSD 509億2000万 (約5,660億円)だった取引額が、2018年にはUSD 4,593億3,800万(約55兆1,900億円)と10倍以上の伸びを示しており、2019年にはUSD 6,933億6000万(約77兆1,260億円)とさらなる成長が見込まれています。

モバイルコマースが急速に成長している理由としては、スマートフォンやタブレットといった携帯型端末の普及が広まったことでオンラインショッピングがより便利に行えるようになったからです。

モバイルコマースの種類

上記に挙げたように、モバイルコマースの例は様々なものが挙げられますが、基本的には次の3つの種類にカテゴライズすることができます。

1.モバイルショッピング

Eコマースと似ていますが、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末からのオンラインショッピングを指します。

2.モバイルバンキング

オンラインバンキングと似ていますが、モバイルバンキングではオンラインバンキングと比較すると利用できる機能に制限があります。モバイルバンキングアプリでは、チャットボットやメッセージ機能といったサービスを提供している銀行もあります。

3.モバイルペイメント

モバイルペイメントは、現在様々な種類のものが登場しています。これについては後述します。

モバイルコマースのメリット

次に、モバイルコマースのメリットとデメリットについて見て行きたいと思います。

モバイルコマースのメリットは、エンドユーザにとって次のようなメリットを提供します。

1.顧客に対して優れた買い物体験を提供する

モバイルコマースで特筆すべきは、携帯端末を持っている限り「いつでも・どこでも」買い物体験ができることです。

また、モバイルコマースを提供している企業の中にはアプリを用いて独自のサービスを展開しているところもあります。

例を挙げると、日本でも人気の家具店「IKEA」は、実際に家具やインテリア商品を置いたイメージが簡単にできる「IKEA Place」というAR技術を活用したアプリを提供しています。

またチャットボットやメッセージ機能を導入することにより、顧客との対話を容易にすることでよりユーザにとって使いやすいサービスにすることができます。

2.驚異的な成長の可能性

eMarketerによると、eコマースの取引額は2020年までに4.5兆ドルに達すると見込まれており、これは小売業における取引額の15%に当たります。多くのECサイトでは、モバイル端末からのトラフィックが50%以上であることから、モバイルコマース事業に注力しているところもあります。

参考:eMarketer
https://retail.emarketer.com/article/ecommerce-will-pass-key-milestone-this-year/596e4c8cebd40005284d5ccd

3、真のオムニチャネル体験

「オムニチャネル」とは、顧客がどこで企業や店舗にアクセスしているかを明確にし、彼らが欲しいものを購入しやすいようにする施策を指します。具体的にいうと、実店舗やオンラインの両方で商品やサービスを購入できるようにすることです。モバイルコマース は、他のマルチチャネルマーケティングや販売方法に比べて楽に買い物することができます。

4.豊富な支払いオプション

新しいモバイル決済オプションが登場するようになり、オンラインショッピングはさらに便利になりました。モバイル決済サービスは「現金かクレジットカードを超えるもの」ではありませんが、複数の店舗でワンクリックの決済が可能になります。

モバイル決済サービスを利用していれば、新しいECサイトで買い物するときでもクレジットカード情報を都度入力することなしにワンクリックでチェックアウトすることができます。

モバイル決済サービスで有名なものとしては、次のようなものがあります。

  • Apple Pay
  • PayPal One Touch
  • Amazon Pay
  • Visa Checkout

モバイルコマースにおけるデメリット

メリットだけしかないように思えるモバイルコマースですが、デメリットもあります。

1.最適化の必要性。モバイルファーストを考える

モバイルコマースはモバイル端末上で表示しやすく、またエンドユーザに使いやすいように最適化する必要があります。最新技術が次々に登場するため、動向を常にチェックしなければいけません。

ECサイトがPC版のみでモバイルに最適化されていないと、「買いにくい」という印象になり、エンドユーザの購買意欲は下がってしまいます。

具体的に言うと、ウェブページを表示させる速度と操作のシンプル性が最も重視されます。

モバイルコマースが一般的になった今、モバイルファースト(スマホ向けにデザインを作ること)の観点が、より重要になってきます。

2.支払いオプションの選択肢

モバイルコマースでは、ユーザが希望する支払い方法を取り扱う必要性があります。
例えば、オランダでは70~80%の人が「iDeal」というモバイルペイメントサービスを利用しています。もしオランダに住んでいたとして、店舗やECサイトでiDealの取扱いがなければ、ほとんどの人は利用しないということになります。

参考:iDeal
https://www.ideal.nl/en/

上記の例は極端な例ですが、国によってユーザが好む支払いオプションがあります。
また、豊富な支払いオプションがあることは一見良さそうな印象を受けますが、あまりにも選択肢が多すぎると顧客が一番良いものを見つけることを難しくするため、購買意欲を削ぐこともあります。

参考:Harvard Business Review
https://hbr.org/2006/06/more-isnt-always-better

3.価格比較が容易になった

実店舗での買い物は、何件もお店を回ったり事前にカタログで価格を調べる必要があります。一方、オンラインショッピングでは実店舗に行く前に価格を調べることができます。

オンラインショッピングでは簡単に価格の比較ができてしまうため、競合サイトの価格動向を定期的にチェックする必要があります。同じ商品でも、他社サイトで価格が低いと当然顧客はそちらに流れていくためです。

4.幅広い規制について知り、遵守する必要がある

特に国外の顧客に向けたECサイトでは、配送可能地域の税法や規制についての知識を身につけ、遵守する必要があります。一部のECサイトでは、商品によって出荷可能地域を設定しているものもあります。スマートな代替案としては、Amazonに一部の商品の販売を委託することです。

モバイルコマースに重要な支払いオプション

モバイルコマースを利用する顧客は、買い物の最後にクレジットカード情報や配送に関する情報を入力することを敬遠します。より簡単なチェックアウトと支払いは、より多くのコンバージョン、売上、またリピーターにつながります。

モバイル決済には以下のものが含まれます。

  • モバイルウォレット、またはデジタルウォレット
  • 非接触性モバイル支払い
  • クローズド・ループ・モバイル支払い
  • 送金
  • モバイルPOS
  • 携帯キャリア支払い

それぞれのモバイル決済について詳しく説明していきます。

モバイルウォレット、またはデジタルウォレット

モバイルウォレットはクレジットカード情報や配送情報などを事前に登録することで、買い物の際にタッチIDやPIN番号を入力するだけで決済を完了させることができる支払い方法です。モバイルウォレットで有名なのは次のものです。

  • Apple Pay
  • Google Pay
  • Amazon Pay
  • PayPal
  • Samsung Pay

非接触性モバイル支払い

非接触性モバイル支払いは店舗内や交通機関でのみ利用できる支払い方法です。日本では非接触性モバイル支払いの利用率が高く、Suicaといった交通系ICカード、おサイフケータイやApple Pay, Android Pay、コンビニで利用できるnanacoなど様々な種類があります。

クローズド・ループ・モバイル支払い

クローズド・ループ・モバイル支払いは聞き慣れない言葉ですが、米大手小売企業のウォルマートやコーヒーチェーンのスターバックス、タコベルなどで用いられている独自の支払いアプリのことを指します。

送金

以前であれば、送金は銀行のアプリに限定されていましたが、初期にはPayPalやGoogleが送金サービスを提供するようになり、現在では次のような豊富な選択肢があります。

  • Venmo
  • Square Cash
  • WeChat
  • SnapChat
  • Facebook Messenger
  • CONVENIENCE = CONVERSION

モバイルPOS

モバイルPOSは、小規模な店舗においてカードリーダなしにカード支払いを処理するための方法です。

モバイルPOSとは?オススメのモバイルPOS6選」で詳しく述べていますので、こちらもぜひご覧ください。

携帯キャリア支払い

携帯キャリア支払いは、利用している携帯キャリアの携帯料金と一緒に支払うことができます。

最適化のための5つの手順

モバイルコマースを最適化するための5つの手順としては次のようなものが挙げられます。

1.いくつかのテストを実行する

Test My Site

モバイル端末でのウェブサイト表示スピードを計測するサービスとして有名なのが、Googleの「TestMySite」です。URLを入力するだけで模擬3G接続時のウェブサイトのページロード時間や、表示スピードの遅さからウェブサイトから離脱するであろうユーザ数を割り出すことができます。

参考:TestMySite

PageSpeedInsights

こちらも同じくGoogleのサービスですが、「PageSpeedInsights」というサービスがあり、こちらはPCとモバイル端末両方でのページロード時間を三段階で評価し、同時に最適化のためのヒントを得ることができます。

WebPageTest

このツールでは、どのブラウザ/デバイス/接続タイプで最適化すればよいのかヒントを与えてくれます。

これらのテストツールでは1つのURLでしかテストが行えないことに注意しなければいけません。

2.画像を最適化し、減らす

画像はページ表示スピードにとっては2つの理由で良い影響を与えません。

  1. 画像が最適化されていない
  2. 1ページに画像が多すぎる

ひとつずつ理由を見ていきましょう。

1:画像が最適化されていない

画像の最適化とは、ファイルサイズを縮小することだけではなく、さまざまなデバイスに合わせて画像のサイズを変更することでもあります。

これを解決させるためのツールとして、「Akamai Image Manager」があります。このツールでは、画像を自動的に最適化およびサイズ変更し、さらに高レベルの圧縮を提供する画像形式に変換します。この統合のクローズドベータ版の顧客は、サイト全体でロード時間が最大70%改善されたと報告しています。

2:1ページに画像が多すぎる

1ページに表示させる画像が多すぎると、ページロード時間に影響が出ます。
ECサイトで商品写真を掲載する場合は、多くの場合必要なのは正面、背面、そして特定の機能を示す1つか2つのクローズアップのショットです。

3.シンプルなコードを用いる

HTML、CSS、およびJavaScriptコードを縮小するには、すべてのスペースと改行の関連ファイルを削除する必要があります。Googleではページを早く表示させるために、コードの短縮するためのツールをいくつか推奨しています。

4.トラッキング・スニペッツを圧縮する

サードパーティトラッキングとアナリティクスはECサイトにとって必要悪です。しかしもしGoogle Tag Managerを利用していない場合、ページスピードに影響が出る場合があります。このツールを利用することで、好みのトラッキング/アナリティクスサービスを用いることができますが、1つのページごとにコードを埋め込む必要があります。

5.フィーチャー・オーディットを実行する

フィーチャー・オーディットとは、サイトに統合されている各機能とアプリを正しく監査するツールです。

どの機能やアプリが頻繁に利用されているか/されていないかを図示してくれるため、見えづらいユーザのサイト内行動を具体的に見るツールとして利用されます。

画像出典:https://www.featureaudit.com/

まとめ

モバイルコマースは、EC市場全体から見ても大きなシェアを持ち、今後はますます拡大していくでしょう。
モバイルコマースに対応することは、EC化をより高めることにもつながります。

モバイル最適化を推進するヒントをぜひ本記事で探してみてください。

この記事はBig Commerceの記事を本メディアが日本向けに編集したものです。

PR:貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る