リテールイノベーションカンファレンス リテールイノベーションカンファレンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ時代のおすすめなスマートEC決済とは?

ネットショッピングやスモールビジネスなど、中小規模のスタートアップ企業のECサイトにおいて数多くある決済方法を選択するのは、かなり迷いがあるかと思われます。
「クレジット決済」、「代引き」、「コンビニ決済」、「銀行振込」など従来の方法に加え、ネットバンキング、携帯のキャリア決済、PayPal、LINEPayなど新たな決済方法が出てきています。

決済方法には、それぞれにメリット、デメリットがあります。導入の仕方も複雑なケースもあるので、ある程度ネットリテラシーがないと、なかなか容易ではありません。

ECサイトでどのような決済方法を導入するかは、金銭を取り扱うデリケートな項目ですので、慎重に検討する必要があります。

そこで本記事ではECサイトで使われている決済方法の種類や、運営企業の対応方法、新しい決済手段などについて解説します。

目次

決済方法の種類

「クレジットカード決済」、「代引き」、「コンビニ決済」「銀行振込」、「電子マネー」などが認知度の高い決済手段です。

クレジットカード決済

一番よく利用されるのが「クレジットカード決済」ですが、徐々に利用者が減っているとの報告もあります。
ポイントを貯めるという利点で利用されていた消費者も多かったのですが、ポイントにも飽きや限界を感じてきている傾向もあるようです。

身に覚えのない不正に利用されたクレジットカードにおいてEC業者が責任を負わなければならないリスクがあります。
これをチャージバックと言います。スタートアップの企業は、まずはクレジットカードを導入するメリット、デメリット、リスクやコストについて熟知されることをおすすめします。

よく知られている決済会社は

  • SMBCファイナンシャルサービス株式会社
  • ベリトランス株式会社
  • 株式会社ペイジェント

などが有名です。

コンビニ決済、代引き、銀行振込

まだまだ現金主義の日本人消費者には、「コンビニ決済」「代引き」「銀行振込」などは現金主義な消費者にとって安心な決済手段です。しかし、コンビニや銀行にわざわざ足を運ぶ決済手段となるので、遅延のリスクが発生しますし、手数料を嫌う傾向もあります。

代表的な会社は、

  • ヤマトフィナンシャル株式会社
  • ジャックスペイメントソリューション株式会社
  • 株式会社ニッセン

などが有名です。

「クレジット決済」、「代引き」、「コンビニ決済」の対応

総務省によるとインターネットで何かを購入する際の決済手段は、「クレジット決済」がほぼ6、7割、そして「代引き」3割、「コンビニ決済」3割と互角という報告があります。
まずは、この3つの決済手段を中心に考えるのが賢明です。

クレジットカード決済

約6~7割の割合で利用されるクレジット決済ですが、導入するには敷居が高く、決済会社におけるセキュリティやサポートの信頼性のガイドラインを熟知しておく必要があります。

クレジットカード導入のポイント
  • 情報セクリティの規格ISO27001(ISMS)の認定を受けているか
  • プライバシーマークを取得しているか
  • クレジットカードのセキュリティ基準PCI DSSに対応しているか
  • 高額な商品は分割払い、継続的に支払いが発生するものは自動引き落としなどの種類に対応しているか

などのセキュリティについて熟知しておく必要があります。

代引き

代引きは、商品と引き換えに代金を回収できるシステムなので、コンビニ払いや「銀行振込」に起こりやすいうっかり遅延などのリスクは少なく、売上の回収率は高い傾向があります。
しかし、手数料が生じるのと、あまり人に知られたくない商品と宅配業者との引き換えに抵抗を感じる人が少なくないようです。

最近ではコンビニ受取でも代引き設定が可能なケースもありますので、商品や顧客のニーズに合致していれば代引きを検討することも有効でしょう。

コンビニ決済

コンビニ決済には、以下の方式があります。

  • 商品と一緒に同封されている振込用紙で支払う
  • レジや店頭端末で払い込み番号やバーコードを提示して支払う

ただし、いくらコンビニが全国展開を行っているからといって、コンビニが近くにない地域もまだまだ多くあります。
コンビニ決済は多数ある決済方式のうちの一つとして導入を検討する方が、顧客にとっての利便性向上につながります。

新たな決済会社、決済手段

携帯キャリア決済

携帯キャリア決済とは、携帯電話会社の電話料金徴収システムを利用する決済方法(キャリア公式決済)のことです。
利用者は、月々の携帯料金と一緒に商品代行を支払うことができます。ドコモのケータイ払い、まとめてau払い、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払いなどがあります。

スマホからのショッピングが増えている中、キャリア決済への導入を促している傾向が増えつつあります。
しかし、キャリア毎に支払いの仕様に違いが大きい事、クレジットカードよりもEC事業者に支払う手数料が1,2倍前後と高くなるのが難点です。
まだまだ認知度が低く、発展途上な決済方法と言えます。

電子マネー決済

電子マネーとは、デジタルの商品券です。広く普及しているsuica、waon、edyなどはおなじみです。プリペイド方式、あらかじめ電子マネーを購入する(チャージ式)など、様々な支払いがあります。

paypal

paypalは、あらかじめ使用するアカウントにクレジットカードの情報を登録しておきます。
一度ペイパルに登録しておけば、ペイパルのサイトに入っての決済が可能となり、いちいち面倒なクレジットカード情報を入力しなくてすみます。
paypalは、グローバル展開しており、海外発行のクレジットカードでも使えるのがメリットの一つです。海外通販などを手がけるECサイトに向いています。

アマゾン決済

アマゾンは、2015年に「amazonログイン&ペイメント」の提供を開始しました。アマゾンのログインと、アマゾンを経由した決済を簡単にできる仕組みとなっております。すでにアマゾンに登録されている情報が基盤となるため、決済処理の流れがスムーズです。アマゾンヘビーユーザーを囲い込むことができるのがメリットです。

LINE Pay

LINE Payは、電子マネーとの仕組みが類似し、LINEのアカウントにお金を最大10万円までチャージが可能です。自身がチャージした中から支払いを行う仕組みです。
友達に10円送るとベーコンマックがもらえるなど、利用してもらえるきっかけづくりのキャンペーンが盛んに行われています。

楽天ID、YahooIDによる支払い

amazonと類似していますが、それぞれの楽天やYahooポイントを使って決済をする方法です。楽天やyahooのポイントが貯まりやすいので、ユーザーを囲いこみやすいのがメリットです。しかしそのポイント分は、EC事業者の負担となり、手数料が高いのがデメリットです。

ペイジー

公共の収納機関と金融機関での受け渡しを応用したシステムです。公共料金に記載されている収納機関番号を確認し、近くのペイジー対応のATMでの振込やインターネットバンキング経由で支払うものです。税金、公共料金を支払う手段として認識されてきました。
ゆうちょを筆頭に採用する大手企業が増えています。消費者の信頼性を得やすい決済手段です。

ネットバンキング

ネットバンキングでの取引もだいぶ定着するようになりました。フィッシングなどの詐欺もかなり横行しておりますので、まめにパスワードを変えたりと、個人の自己責任、リスク管理能力が問われます。

ECサイト決済の今後の展望

多様化する消費者のニーズ、多様化する決済手段の波に翻弄され、混乱するECサイトは少なくないのが現状です。
もちろんECサイトを運営するにあたり、売り上げを左右する決済手段のプライオリティが高いのはいうまでもありませんが、それ以外にもサイトの運営、集客などのランニングコストも考慮する必要性もあります。

新たに現れる決済手段を熟知し、採用に踏み切るのは骨のいる作業ですし、事業者側もユーザーも慣れに時間を要します。
LINEPayの10円ラリーのようなキャンペーンの例で、とりあえず決済に慣れてもらおうという努力を惜しまずには、新たな決済手段もなかなか定着しないのが現状です。

数年先までのコストのシュミレーションを行い、検討している決済会社の財務体力、セキュリティ、サポート体制をしっかりとチェックする必要があります。
自社商品に合った決済会社、ユーザーが選びやすい支払い手段をリサーチして売り上げアップにつなげる決済会社を選びたいものです。

PR:大規模ECサイトなら「Orange EC」。お客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
インバウンド対策、事例、ノウハウから、訪日外国人のデータまでの最新のお役立ち情報配信メディア「インバウンドNOW」
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る