• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンスを逃さないECサイトに向けた負荷対策の秘訣

これからの時期、小売業で盛んになるのが年末商戦に向けた動きです。賑やかな広告やお得な購入プランなど、街は様々な広告と買い物客でにぎわいを見せますが、これは必ずしも現実世界だけでなく、インターネットにおいても同様です。

ECサイトの間でもネット広告や宣伝が盛んになるほか、ショッピング目的のインターネット利用者が急増する季節でもあるため、サイト運営者にとっては数少ない機会を確実に購入へとつなげていきたいものです。

しかし利用者の増加は必ずしもECサイトにとってチャンスのみをもたらすとは限りません。その大きな理由の一つとしてサイトそのものに大きな負荷がかかり、せっかくのお客さんを購入から離脱させてしまうばかりか、サイトそのものの信頼性にもマイナスの印象を与えてしまいかねないのです。

今回はそんな高負荷にも対処できるよう、負荷の影響でサイトのパフォーマンスが低下する原因や、その対策についてご紹介していきます。

サイトに高負荷がかかってしまう条件

ECサイトのパフォーマンスに影響を及ぼすほど負荷がかかる条件とは、基本的に短期間で想定外のアクセスがあったときです。
サーバーへの集中したアクセスが続いてしまうとサイト内では更新スピードが以上に遅くなり、画像やテキストの表示、決済処理がまともに行われなかったり、サーバーが停止してサイトが利用できなくなるということも起こります。

とはいえこのような高い負荷のかかるシチュエーションは、通常ではそうそう起こることのない現象であるため、アクセスが集中して文字通り悲鳴をあげることになるためには、何らかの理由があるはずです。

1:セール情報の一斉送信

一つはメルマガやSNSを用いたセール情報の一斉送信によるものです。読者の多いゴールデンタイムにセール情報を配信すると、同じタイミングでユーザーが同じサイトにアクセスしてしまうことになるため、サーバーがパンクしてしまう・・・という流れです。

いつもはユーザーがバラバラにアクセスしているからこそ耐えることができたサーバーも、一気にアクセスされてしまえば高負荷に耐えることができなくなり、最悪の場合ダウンしてしまうこともあるのです。
あるいは入荷情報の場合も同様です。事前に人気商品を「何日の何時から販売します」ということを告知しておくと、ユーザーはその時間帯を狙って販売開始時刻の前後はユーザーのアクセスと更新の連続でやはりサーバーに負荷がかかってしまいます。

購入機会が限定的で、かつ事前にその情報をキャッチできてしまう場合、基本的にはそのタイミングで望まぬアクセスの集中が発生してしまいやすいということは覚えておきましょう。

SNSの「バズ」も油断できない要素

時間と関連性のない高負荷の原因の一つとしては、最近ではSNSによる予期せぬ「バズ」もサーバーダウンの要因として認識されつつあります。

「多くの人に見てもらいたいとは思ったが、まさかこれほどのアクセスを獲得してしまうとは」というケースは決して少なくなく、ある日突然何万ものアクセスを観測することはあり得る時代になったと認識しておく必要があります。
また、運営者自身で発信しなくとも、消費者側からの情報共有が多くの共感を呼び、バズを生むこともあります。
そしてこういったケースは事前に予測できるものではなく、朝起きたら突然バズっていた、ということが多いため、対策の難しいところでもあります。

ユーザー側の負荷耐性について

高負荷によるサイトパフォーマンスの低下は様々な対策を練ることで解消できることがほとんどですが、必要以上の対策はかえってコストとなり、起こるかもわからないアクセス集中に備えるため、必要以上の支出となってしまいかねません。

そういった無駄を避けるためにも、ユーザーがストレスと感じるレベルのパフォーマンスと、そうでない場合の線引きも理解しておくのが良いでしょう。一般的にユーザーはサイトを訪問した際に3秒以内に正常な表示を得られなければ離脱してしまったり、購入意識を削がれてしまうと言われています。

ユーザーのストレスも一定ではない

一昔前であれば通信回線の遅さは仕方のないことであり、接続までの時間がかかってももう少し待てたものかもしれません。
しかし、現代では高速LTEや光回線などの高速回線に慣れた生活が一般的となっているため、秒単位、あるいはコンマ一秒単位のパフォーマンスがユーザーへの印象に直結するということは押さえておいて損はないでしょう。

とは言え負荷がかかるタイミングが限定的であることは、運営者だけでなくユーザー側も承知の上でアクセスしているため、新商品の販売や特売セールの際は何十秒も待たせない限りは意外と待ってくれるということも少なくありません。
最悪サーバーがダウンしなければよし、という場合もあります。

持続的な遅延はユーザーを遠ざけてしまう要因に

問題なのは、年末商戦やハロウィンなどの限定的なタイミングで相対的なユーザーが増加し、常にサイトがつながりにくい状態に陥ってしまうという状況です。いつ訪問してもレスポンスの遅いサイトはやはり敬遠されますし、それがAmazonのような大型サイトならまだしも、個人ECの場合は致命的な問題となり兼ね合いからこそ、負荷への耐性を身につける必要があります。

ちなみにAmazonのような大型サイトでは高負荷への対策も徹底しています。彼らの規模になれば0.1秒の遅延で何億ドルもの損失につながると言われており、ある意味で個人EC以上に負荷への意識は高く設定されていると言えます。
日常的な負荷対策が徹底されているからこそ、ユーザーの信頼を獲得できているとも考えることができます。

有効な負荷対策の方法

負荷対策は原因にもよりますが、基本的には様々なアプローチから解決を図ることができます。

サイト内コンテンツの変更

サイトで表示させる画像の処理方法を変更することでも大きく遅延を緩和することができますし、MP3のような音楽ファイルを読み込ませるのをやめさせたり、サイトをシンプルに作り直し、アクションの多い動的な要素を排除するというのも有効です。
あるいは多様なフォントを使いすぎて重くなっているということもよくあるトラブルです。

以下に項目でまとめてみました。

  • 画像の処理方法
  • 音楽ファイルや動画ファイルなどの停止
  • 動的要素の排除
  • 多様なフォントの利用を押さえる

サーバーの設定を変更、増強

サーバーの設定変更や増強によって解決することもあります。高負荷による遅延はサーバーのレスポンスが遅れていることが原因ですので、ある意味サーバーさえ改善することができればあらゆる遅延は解消されることがほとんどです。

とは言えサーバーの増強はそうそう気軽にできるものではなく、やはりサーバー維持コストがかかってしまうため、できる限り避けるか、最低限の増強で負荷を軽減させたいところです。

効率よく負荷を軽減するために必要なこと

大切なのが、運営側の問題発見能力です。少しでも低コストで問題を解決したい場合、必要になるのは手当たり次第の治療ではなく的確な問題解決です。何が遅延の原因で、どういじれば改善できるのかを確実に分析できる力がカギを握っているともいえるでしょう。

エスキュービズムが以前取り組んだドン・キホーテのECサイト改善プロジェクトでは、この問題分析を徹底させたからこそ成功を収めることができた例の一つです。こちらも参考にしていただくと、より理解を深めてもらうことができます。

参考:http://orangeretail.jp/result/donki2.html

大規模でなくても良いので、個人レベルで手軽に、確実に負荷対策を行いたいという方にはクラウドサービスを活用するのも有効です。
クラウドサービスはサーバーの管理などをプロバイダーがおこなってくれるサービスです。特にAWSなどでは従量課金制でのサービスが展開されているため、確実かつ無駄の少ない負荷対策を行うことも可能であることは個人規模のECサイトにとって大きな味方となるでしょう。

先の読めない現代では、柔軟なサービスを常に提供し続けることが重要になります。どのような手段を選ぶにせよ、すでに負荷について気になる点を抱えている場合は、早めの対策を取ることをおすすめいたします。

PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」ではお客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る