• このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天とビックカメラが新会社設立、ECと実店舗の垣根を融合へ

2017年12月19日に楽天とビックカメラが新会社設立を発表しました。2018年4月に、楽天市場にビックカメラの新店舗「楽天ビック」をオープンし、「家電分野を中心とした、より利便性の高いショッピング体験を提供する」としています。
既に自社ECサイトに加え、楽天市場にも店舗を持つビックカメラ。「楽天ビック」はビックカメラ楽天市場店をベースとし、楽天ポイントをビックカメラの実店舗でも利用できるなど、ECと実店舗の垣根を融合する目的があるようです。
また、楽天側はビックカメラのもつ流通網を利用できるようになり、当日配送が可能になるということです。

オムニセブンが生鮮宅配でアスクルと提携し、イオンが「2020年度にEC売上高1.2兆円を目指す」と発表するなど、ECと実店舗の垣根を超えた取り組みを大手小売企業が次々と行っています。
EC事業への大規模な改革により、新しい小売の形が現れてくるのではないでしょうか。

参考:楽天とビックカメラ、新サービス「楽天ビック」提供に向けて新会社を設立
http://bit.ly/2B7jGJS

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
店舗スタッフの動画投稿から販売につなげる動画コマース「TIG commerce(ティグコマース)」
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る