• このエントリーをはてなブックマークに追加

コメ兵の通販サイトにオンライン試着サービス「Virtusize(バーチャサイズ)」が導入

 コメ兵は、公式通販サイト「KOMEHYO ONLINE STORE」で、購入したい商品と自分の手持ち品を比較できる、オンライン試着サービス「Virtusize(バーチャサイズ)」を導入したと発表しました。
 アパレルのサイズはブランドや国によって表記の方法が異なり、手元に届くまでサイズとフィット感が分らないという不安から購入障壁ができてしまうことが、ファッションコマースの課題として挙げられています。
 表記だけの表層的な提案では、具体的なフィット感はイメージしにくいところがあり、EC経由の返品理由のおよそ50%が「サイズ」理由によるものだったといいます。
 そういった課題に対してバーチャサイズの「サイズをチェック」は、オンラインストアで販売中のアイテムのサイズを分かりやすいイラストで表示してくれます。
 ユーザーの手持ちの服と、オンラインストアで販売されているアイテムのイラストを重ね合わせることで、サイズの差を見比べてぴったりなサイズを選ぶことができという仕組み。これによって、ユーザーはサイズに不安を抱えることなく、自身にフィットしたアイテムを簡単に選ぶことが可能になります。

懸案事項を解消することで向上する売上と満足度

 バーチャサイズは、2011年にスウェーデンで創業しており2013年より日本でのサービス提供を開始。日本国内においても大手ファッション、メーカーECサイトにて導入されています。平均して約20%の購入単価の引き上げに貢献しており、サイズやフィットへの不安が減ることにより、購入がしやすくなる傾向が強まるでしょう。

 90%を超えるユーザーが、バーチャサイズの機能がサイズ選びに役立ったと回答しており、返品率を平均30%削減したというデータが出ています。ECで購入することへのハードルを下げてくれるサービスはこれからもっと普及してきます。そう考えた時にECはまだまだ進化していくことでしょう。

参考:コメ兵/通販サイトに「オンライン試着サービス」導入
https://www.ryutsuu.biz/ec/k012614.html

関連記事

アーカイブ

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

ページ上部へ戻る