リテールイノベーションカンファレンス リテールイノベーションカンファレンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

InstagramとECサイトを結びつけるONE BUY ONEの活用方法

SNSはWebマーケティングやECサイト運営においては欠かせない存在となりつつありますが、中でも勢いのあるサービスがInstagram(インスタグラム)です。

日本では10代から30代までの女性を中心にアクティブユーザーが存在するInstagramでは、インフルエンサーマーケティングの発祥の地とも言えるほどビジネスにも適したSNSであると言われ、現在では公式機能としてビジネスユーザー向けの広告枠など、様々なサービスを気軽に利用することができます。

公式サービスのみならず、Instagram関連の外部サービスも最近では充実し、Instagramを用いたECサイトへの流入はより簡単かつ効果的に行えるよう発達してきました。
つい先日リリースされた日本発のECサイト向けサービス「ONE BUY ONE」もその内の一つで、InstagramとECサイトの連携がより密になるとして話題を集めています。

今回はそんなトレンドの真っ只中にいるInstagramと、そのトレンドをより確かなものにする可能性を秘めているONE BUY ONEというサービスについてご紹介していきたいと思います。

  • 若い女性を中心に人気のInstagram
  • 投稿の手間を軽減してくれるONE BUY ONE
  • 消費者への直接販売を大きく促進してくれる可能性も

Instagramの特徴

急成長するSNS

Instagramはビジュアルソーシャルネットワークサービスとも呼ばれるSNSのうちの一つで、現在日本だけでも2500万人前後のアクティブユーザーを有している大型サービスです。

TwitterやFacebookと大きく異なるのは、テキストではなく画像や動画といったビジュアルメディアがメインコンテンツとなるサービスである点です。
テキストが中心になってしまいがちなSNSでは文字そのものがコンテンツとなってしまい、その性質上感覚的なプロモーションが行いにくいというネックを抱えていました。

しかしInstagramの場合はコンテンツが画像と動画を中心になるよう設計されているため、余計なことを書かなくともビジュアルの感動のみで良いプロモーションを打つことができるのです。

いわゆる「インスタ映え」という言葉が流行したことからもわかるように、Instagramの世界観で提供されるコンテンツはユーザーにとっては夢を与えてくれる存在であり、その期待に応えられるアカウントは多くの支持を集めることができます。

インフルエンサーの存在

Instagramにおけるインフルエンサーマーケティングは、このビジュアル特化の点をうまく利用したマーケティング手段です。
普段から一般ユーザーにとって憧れの的であるモデルや芸能人、あるいはInstagramで多くの注目を集める「インスタグラマー」にプロモーションを依頼することで、何気無くも夢のある日常を切り取ったInstagramの投稿にその商品を写してもらい、SNS発祥の「バズ」を引き起こそうというものです。

従来の流行に敏感な人たちというものは、雑誌やテレビで紹介されているアイテムに注意を払い、トレンドの中心もまたそういった媒体に依存していました。
しかし、今では商品開発者や広告代理店がメディアではなく直接インフルエンサーに商品紹介を依頼するため、流行の中心地も流動性の高いSNS上に流れてきていると言えるでしょう。
SNSは単なる遊び場ではなく、立派なビジネスの場所、それもトレンドの移り変わりの激しい大きな消費促進のコミュニティへと変化しているのです。

ONE BUY ONEについて

ECサイトを支える存在となりうるサービス

ONE BUY ONEはそんなInstagramの影響力に目をつけたビジネスユーザー、特にECサイト運営者にターゲットを絞った新しいサービスで、Instagramの投稿から直接販売をより簡単に行えるためのサポートをしてくれます。

公式サイト:https://onebuy-one.com/

Instagramが販売促進に大きな影響力を及ぼす一歩で、ビジネスユーザーにとってネックであると言われてきたのが直接販売へのテンポの悪さです。

SNS特有のテンポの良さを失わせない設計

instagramでプロモーションを行えることは、手軽で良い施策として注目されています。
しかし、投稿から直接商品を購入するシステムは用意されておらず、商品のことを知った後で再びユーザーにサイトを訪れてもらい、そこから購入手続きをしてもらわなければいけないという手間をかけさせてしまう構造になっているのです。

常にトレンドと関心の移り変わりの激しいインターネットにおいて、この二度手間・三度手間を許してしまう設計は時として致命傷にもなりかねません。
いわゆる離脱率の上昇に繋がってしまい、せっかく興味を持ってもらったのに購入までの道のりが長すぎるあまり、途中で諦めてしまうか、下手をするとサイトにすら飛んでくれないということもあります。

SNSの中でもInstagramは特に、そういったプロモーションから購入の動線が複雑化してしまいやすいサービスとして、売り手を悩ませてきた側面がありました。
そこで、今回リリースされるONE BUY ONEは現在の冗長なプロセスをシンプルにしてくれる効果が期待されています。

仕組みとしては、自分がInstagram上に投稿した写真に商品をタグ付けした専用のページを生成し、唯一リンクを直接クリックできるプロフィール欄にそのページのリンクを貼り付けることで、より簡単にその商品の詳細情報や購入ページへのアクセスすることができるようになるというものです。

https://onebuy-one.com/

ONE BUY ONEの新しい取り組み:人工知能による商品タグ付け機能

機能がこれだけであれば、そこまで大きく取り上げるほどのサービスではないように思えますが、ONE BUY ONEの大きな特徴は人工知能による商品タグ付け機能を有しているという点です。

実際にInstagramで作業してもらうと分かる通り、人力でのタグ付けや情報入力はプライベートでやるような一度に数枚程度の作業であればまだしも、毎日何枚もの投稿を行うとなると、その作業はかなりの負担となってしまうのです。

ONE BUY ONEはそんなビジネスユーザー特有の悩みを解決するため、人工知能が自動的に商品を分類、タグ付けし、人間の手動の作業を大きく削減することに成功させています。

ページ生成スピードは約10秒、PCからはもちろんですが、スマホからでもこの作業はできるということで、ネット環境さえ整っていればいつでもどこでも商品のPRをインスタグラムから行い、直販につなげることのできる施策を効率よく持続することができるようになりました。

通常のECサイト運営者であれば、追加料金なしの月額1万円でONE BUY ONEを利用可能です。
使い勝手が良く、それでいてリーズナブルであるというのは大きなメリットであると言えるでしょう。

ONE BUY ONEの活用方法

ECサイトとの密な連携が可能に

ONE BUY ONEの登場により、InstagramとECサイトの連携はさらに向上したと言えます。これまではネックとされていた離脱率も減少し、エンゲージメントが直接販売につながる可能性は大きくなることが期待されます。

https://onebuy-one.com/kids.select_official

コンテンツの投稿は継続的に!

とは言え、肝心の商品の情報がInstagram上に公開されていなければこれらのサービスも意味をなさなくなってしまいます。
ONE BUY ONEの導入を考える際にまず行わなければいけないのは、継続的な写真や動画の投稿です。

Instagramは今のところ、TwitterやFacebookが備えているような共有機能は公式には用意されていないため、継続してコンテンツに注目を集めるためには毎日のコツコツとした努力を積み重ねる必要があります。
どんな写真でも良いので、積極的に投稿していくよう心がけましょう。

幸いなことに、ONE BUY ONEには前述の通り投稿した写真を自動的に認識し、手動の作業を削減してくれる機能を備えています。
ONE BUY ONEは単に離脱率を下げるだけでなく、直接の影響力に関わる投稿そのものの手間も削減してくれるため、以前よりもはるかに投稿の労力を減らすことがこれによって可能となるはずです。

ONE BUY ONEはまだリリースされたばかりのサービスであるため、具体的にどれくらいの使い勝手であるのかは不明である点も多いのですが、少なくともInstagramをビジネスに使いたいと考えているECサイト運営者にとっては大きな助けとなる存在であることは間違い無いでしょう。

PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」ではお客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
インバウンド対策、事例、ノウハウから、訪日外国人のデータまでの最新のお役立ち情報配信メディア「インバウンドNOW」
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る