貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ebisumartが「楽天ペイ」と「楽天IDConnectオプション」を利用したシステム標準連携を開始

「ebisumart」は、「楽天ペイ」と会員登録補助機能「楽天IDConnectオプション」のシステム標準連携を開始します。

「ebisumart」とはインターファクトリーが提供するECプラットフォームです。

今回の「楽天ペイ」と「楽天ID Connectオプション」のシステム標準連携の目的は、ECサイトで買い物をする際に入力が必要な個人情報やクレジットカード情報のステップでのユーザーの離脱を防ぐためです。

「楽天ペイ」と「楽天ID Connectオプション」を導入したECサイトでは、楽天IDとパスワードを入力するだけで、楽天IDに登録されている住所とクレジットカード情報をもとに買い物をすることができます。

また、クレジットカード情報の管理は楽天側が対応するので、ECサイト側はセキュリティのリスクを負う必要がないのも特徴です。

「楽天ペイ」と「楽天IDConnectオプション」でユーザビリティと売り上げが上がる可能性

インタネット上で決済をする場合で、一番スムーズなのはクレジットカードです。

しかし、個人や小さい会社でクレジットカードの決済機能を導入するには、セキュリティーと運用コストの兼ね合いもありハードルが高いです。

今回「ebisumart」が「楽天ペイ」と「楽天IDConnectオプション」をシステム標準連携したソリューションは、楽天側がセキュリティの管理を行うので、今まで導入に踏み切れなかった個人や小さい会社もクレジットカード決済に対するハードルが下がります。

また、情報登録が面倒に感じて離脱していたユーザーも拾える可能性があるので、売り上げにもつながります。

ユーザビリティの向上とECサイトの売り上げがアップが期待できそうです。

参考:ebisumart、「楽天ペイ」と「楽天ID Connectオプション」のシステム標準連携を開始
https://eczine.jp/news/detail/5438

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る