• このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018年度版】業界別・参考にしたい海外ECサイトデザイン12選

ECサイトにとって重要な要素とは一体何でしょうか。

ECサイトに重要なものは、「デザイン」「使いやすさ」の2点です。

    デザインが見やすいECサイトは使いやすさにもつながり、使いやすいECサイトはユーザが不便に思うポイントを徹底的に取り除いています。さらに、ユーザの行動を先回りして把握し、適切な対処をほどこしています。

    今回は、海外におけるECサイトで優秀なデザインと使いやすさを追求しているものを業界別に紹介していきたいと思います。ECサイトデザインの構築の参考にされてみてはいかがでしょうか。

    参考にしたくなるECサイト・フード編

    写真で美味しさをアピール:Di Bruno Bros.

    画像出典:Di Bruno Bros.

    Di Bruno Bros.はバラエティ豊かなチーズと肉,ワインといった商品をECサイト上で販売しています。

    Di Bruno Bros.のECサイトが優れているのは、写真を多用しておりすっきりとしたデザインで操作に迷わない点です。さらに写真はおしゃれで真似したくなるようなものが掲載されています。

    画像出典:Di Bruno Bros.

    最初に目に入るページでは必要な文字情報が抑えられており、ユーザがもっと商品情報を知りたい場合は写真をクリックすることで詳細を知ることができます。写真にカーソルを合わせて買い物かごアイコンをクリックすると、そのまま買い物かごに入れることも可能です。

    参考:Di Bruno.Bros. https://dibruno.com/

    ポップな色使いとデザイン:TEESMAE’S

    画像出典:TESSEMAE’S

    TESSEMAE’Sはオーガニック食品を扱うECサイト。パステルカラーとポップなデザイン、おしゃれな写真を多く使用しています。ECサイトの中では商品を活用したレシピも掲載されており、真似したくなるような写真が掲載されています。

    InstagramやTwitterを活用したデジタルマーケティングをおこなっており、若年層をターゲットにしたマーケティングをしていることが伺えます。

    画像出典:Instagram、TESSEMAE’Sのページ

    化粧品のような美しいECサイト:PRESS

    画像出典:PRESS

    PRESSのウェブサイトはまるで化粧品の宣伝を見ているかのようにシンプルで美しいデザインが採用されています。

    PRESSはジュースクレンジングダイエット(食事の代わりに果汁・野菜100%のジュースを飲むダイエット方法)のためのドリンクを販売しており、美意識の高い女性をターゲットにしていることがわかります。非常にスタイリッシュで無駄を削ぎ落としたサイトデザインが採用されています。

    参考:PRESS https://press-london.com/

    BITTERMILK

    画像出典:BITTERMILK

    BITTERMILKはアルコールや炭酸飲料などと混ぜることにより違う味を楽しむことができる飲料商品です。ECサイトのデザインは全体的にレトロな雰囲気を感じます。

    画像出典:BITTERMILK

    同社のECサイトニハレシピのページも設置されており、アイコンをクリックすると動画と共にドリンクの作り方の解説が始まります。材料も記載されており、シンプルな作り方のため商品を購入して実際に試してみたくなります。

    参考:BITTERMILK http://bittermilk.com/

    参考にしたくなるECサイト・ファッション編

    Tシャツ専門店:Legend Tees

    参考:Legend Tees

    Legend TeesはTシャツ販売専門店で、デザイン性の高いTシャツを取り揃えているのが売りです。

    サイト全体のデザインのバランスが良く、アイコンも少ないことから操作に迷うことがありません。このウェブサイトでは、スクリーンプリントを活用したカスタムTシャツの製作も受け付けています。このECサイトはどちらかというと男性に好まれるデザインでしょう。

    参考:Legend Tees http://www.legend-tees.com/

    計算されつくしたシンプルなデザイン:ZARA

    日本でもおなじみのZARA。ECサイトはとにかくシンプルに作り込まれていますが、ところどころに工夫が凝らしてあります。

    ZARAのトップ画面は一枚の写真で固定されており、ほぼ写真がメインなためユーザに操作の迷いを抱かせません。

    画面左側に表示されているメニューのカテゴリーをクリックすることでトップ画面の写真と差し変わるため、画面が遷移して表示されるのを待つストレスがありません。シンプルながらもスタイリッシュに見える服のカットを多く用いており、ユーザの購買意欲をかきたてます。

    参考:ZARA https://www.zara.com/

    トップ画面で商品をアピール:AETHER

    画像出典:AETHER

    AETHERはアウトドアウェアにプラスして都会的でスタイリッシュな服も揃えているブランドです。

    ECサイトのトップ画面は一面の雪景色を表示させているため、一目で登山/スキーに関連するサイトだとわかります。AETHERの商品はシンプルで機能的なものが多いですが、同時にデザイン性も失っていないハイクオリティな商品を取り揃えています。

    参考:AETHER https://www.aetherapparel.com/

    予想外の色使いで商品を見せる:Norwegian Rain

    画像出典:Norwegian Rain

    Norwegiean RainのECサイトは一風変わっています。
    トップ画面には1枚の写真が表示されますが、そのすぐ下にある商品リストを見ようとすると全てがグレー色のものしかありません。

    ある商品をクリックして詳細ページを表示すると、そこで初めて商品のカラーがわかります。

    画像出典:Norwegian Rain

    商品をさらによく見てもらうために、「このような仕掛けもあるのか」と驚かされるサイトデザインです。

    参考:Norwegian Rain https://norwegianrain.com/

    参考にしたくなるECサイト・ライフスタイル編

    ぬくもりを感じる:Leif

    画像出典:Leif

    Leifはどこか温かみを感じられる生活雑貨を多く取り揃えているECサイトです。優しい色合いのトーンをECサイトに用いることによって、リラックス感を醸し出しています。Leifの商品ラインナップにはクッションやテーブルトップ、手頃な価格のアート、アクセサリー、ステーショナリー商品などがあります。

    参考Leif https://www.leifshop.com/

    躍動感を感じる:Longboad Living

    Longboard Livingはスケーターに向けた商品を多数販売しています。
    スケートボードや関連商品を豊富に揃えており、服も販売されています。トップ画面は疾走感のある写真が多く掲載されていて、ECサイト全体のデザインはオレンジ色を基調にしたシンプルで無駄がない使いやすい設計となっています。画面左側のアイコンにカーソルを合わせると人型のマークが動き、遊び心も感じられます。

    参考:Longboard Living https://www.longboardliving.com/

    統一感のある色使いで高級感を出す:AU LIT FINE LINENS

    画像出典:AU LIT FINE LINENS

    AU LIT FINE LINENSはベッドカバーなどのリネン商品を販売しているECサイトです。ウェブサイトのデザインは白と青とベージュを基調にしており、サイト全体を通して清潔感・高級感を感じます。取り揃えている商品も上記の3色が多いため、統一感があり美しいデザインです。

    参考:AU LIT FINE LINENS https://www.aulitfinelinens.com/

    商品の効果を見せる:Berlloy

    画像出典:Bellroy

    Bellroyは財布やバッグなどのコンパクトさにこだわった商品を取り揃えています。
    ECサイトのトップページでは、一目でコンパクトさがわかるように同社の製品と他の製品を比較した写真を掲載しています。写真によって使用前・使用後の効果がわかりやすく、これを見たユーザが商品を購入したいと思わせるような工夫がされています。

    トップ画面では商品にどれくらいのものが財布やバッグに入るのか動画で紹介されているので、実際に店舗に行って確認しなくてもよいところも高く評価できます。

    参考:Bellroy https://bellroy.com/

    まとめ

    いかがでしたか?
    デザインが優れているECサイトを業界別に挙げてみました。どのECサイトもターゲットを絞り込んで効果的なマーケティングやデザイン構築をおこなっているのがわかりました。

    見せ方の工夫をすることで、あっと驚くようなECサイトや、ほっとするようなECサイト、わくわくするようなECサイトといったように、ユーザに面白い買い物体験を与えます。

    ECサイトのデザインは販売したい商品のイメージに合わせつつ、ターゲットのユーザが欲しくなるようなデザイン構築をおこなうと良いでしょう。

    PR:デザインも自由にカスタマイズが可能なECサイト構築パッケージ「Orange EC」

    >>お問合せはこちらから

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る