ECと店舗のカキネを無くす ECと店舗のカキネを無くす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【初心者向け】AmazonのSEO対策とは?

Amazonマーケットプレイスに店舗を出店されている方であれば、「どのような方法であれば商品がもっと売れるのだろう?」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

ところで、皆さんは日常的に利用しているスマホやパソコンで何かを調べる時はどのような行動をするでしょうか。日本であればYahoo!やGoogle、もしくはBingにアクセスして検索窓にキーワードを入力しているでしょう。

これらの検索エンジンでは、入力されたキーワードを元にして、検索した人のニーズに最適のウェブページを検索結果に表示します。これをSEO(Search Engine Optimization, 検索エンジン最適化)といいます。

Amazonにも同様にSEO対策があります。

以下では、AmazonでのSEO対策について解説していきます。

AmazonのSEO対策にはどのような方法がある?

Amazonでは、ユーザがキーワードを検索したときに最適な商品を上位に表示させるアルゴリズムが設定されています。

このアルゴリズムはレビューの評価や販売数、キーワード、クリック率と成約率などの要素から判断されます。

つまり、これらの要素を改善していけば自然とAmazonの中で検索ページの上位に表示されるようになります。

Amazonのアルゴリズム「A9」

Amazonには「A9」と呼ばれるアルゴリズムがあります。

しかし「アルゴリズム」とは一体何なのでしょうか。
アルゴリズムとは、コンピュータがあらかじめ設定された判断基準を元にして問いに対する答えを表示するまでの一連の方法や手順を指します。

たとえば、検索窓に「東京駅 行き方」というキーワードを入力すると、複数の公共交通機関やタクシー、車、徒歩での行き方を検索結果に表示されます。これを自動的に表示させるようプログラムされているのがアルゴリズムです。

このアルゴリズムは検索エンジンによって異なる設定がされています。そのため、特定の検索エンジンでウェブサイトを上位表示させたい場合、それぞれのアルゴリズムに合わせた要素を意識してウェブサイトの構築を行う必要があります。これを「SEO対策」といいます。

AmazonのA9が評価するポイントは、上記にも触れた以下の要素です。

  • レビューの評価
  • 販売数
  • キーワード
  • クリック率と成約率

SEO対策の手順としては、

  1. 消費者が入力するキーワードを商品ページに盛り込む
  2. レビューの評価を高めるための施策を行う
  3. クリック率と成約率を確認して消費者の反応を分析する
  4. 販売数の変化を分析する

ということを繰り返していけば、徐々にAmazonの中で検索結果が上位に上がっていくでしょう。

キーワードを調べる方法

キーワードを調べる方法はいくつかありますが、一番手っ取り早いのはAmazonにアクセスして検索窓に商品を入力する方法です。

例えば、「ボールペン」と入力すると、このように複数のキーワードが表示されます。ここに表示されているキーワードは多くのユーザが頻繁に入力するものであるため、これを手掛かりにすることができます。

画像出典:Amazon

また、「ボールペン 黒」というキーワードを選択したあと、検索窓でスペースを押すとさらに詳細なキーワードを確認することができます。

画像出典:Amazon

これに合わせて、さらに細かい関連キーワードも調べたいときは「Amazonサジェスト キーワード一括ダウンロードツール」で検索することができます。

参考:Amazonサジェスト キーワード一括ダウンロードツール
http://www.azkw.net/

商品ページに盛り込むキーワードがわかったら、商品説明やタイトルにキーワードを複数入れていきます。
この際注意したいのが、キーワードを詰め込みすぎて意味不明の文章にならないよう、ユーザにとってわかりやすい商品説明を心がけることです。検索上位に表示されている商品の説明を見て、なぜ上位に表示されているのか分析しても良いでしょう。

レビューの評価を高める方法

レビューの評価で重要なことは、1~5までの評価で高い評価を得ることです。レビューの件数の多さも評価されますが、いくら件数が多くても低い評価ばかりではSEO対策としては効果がありません。

しかし、商品を購入したユーザから評価をしてもらうのは簡単ではありません。なぜなら商品に問題なかった場合、ほとんどの人は評価すらしないからです。あまりにも商品説明と乖離している場合や欠陥商品であった場合、ネガティブな評価をつけられる可能性の方が高いです。

レビューの評価をユーザにしてもらうためには、期待以上の満足感を感じてもらう必要があります。そのためには、ユーザが知りたいことを徹底的に調査して商品説明を詳細かつわかりやすくする必要があります。

クリック数と成約率を分析する方法

次にクリック数と成約率を分析する方法です。Amazonでは成約率を「ユニットセッション率」と呼ばれます。クリック数は商品ページがクリックされた回数、ユニットセッション率は「成約数÷クリック数」で求めることができます。

例えばクリック数100に対し、成約数が50であれば成約率は50%、成約数10であれば10%となります。Amazonにおいては成約率の高さが重視されています。

これを分析する方法として、「Amazonセラーセントラル」という出品者のみ利用できるページで詳細な数値を確認できるため、 積極的に活用しましょう。

ユニットセッション率を高めるためには、効果的な商品説明を記述したり、クオリティの高い画像を多く掲載したり、一時的にセールを行ったりするなどしてユーザの反応を分析することで着実に売れるものが理解できるようになるでしょう。一度に多くの施策をすると何が効果が高いのかわからなくなるため、一つずつ根気強く試していく必要があります。

知っておきたい上位表示されるポイント

AmazonのSEO対策としては基本的に上記の3つを行うことですが、同時に知っておきたい上位表示されるポイントがあります。

短期間での売れ行きが良い商品

Amazonで上位表示される商品は短期間の間に連続して購入されているものが優先的に表示されます。例えば爆発的な人気が出た商品は頻繁に購入につながっているため、上位表示されます。流行など時期的なものもあるため、商機を読むことも必要でしょう。

広告を用いたり、一時的に競合他社より低い価格で販売することで短期間での販売数を上げることもできます。SEO対策だけでは十分な効果が出ない場合、こうした対策をすることで功を奏することもあります。

在庫数が豊富にある商品

Amazonでは同じ商品でも在庫数が少ないショップと多いショップでは、在庫数が多いショップが優先的に表示されるようになります。これはユーザが不便な思いをしないためです。売れ行きが良い商品は在庫を切らさないように余裕のある商品仕入れ計画を立てる必要があります。

まとめ

Amazonで商品を爆発的に販売するには、地道なSEO対策を施すことが大切です。

AmazonのSEO対策では

  • レビューの評価
  • 販売数
  • キーワード
  • クリック率と成約率

という要素が重要であることがわかりました。

そのためには

  1. 消費者が入力するキーワードを商品ページに盛り込む
  2. レビューの評価を高めるための施策を行う
  3. クリック率と成約率を確認して消費者の反応を分析する
  4. 販売数の変化を分析する

という手順に沿ってSEO対策行います。

Amazonはユーザの満足度を最も大切にしているため、ユーザの評価と販売数の増加には敏感です。

高い評価をつけられる商品を見てみると、商品のクオリティや機能の他にも適正な価格とショップの迅速かつ丁寧な対応について言及しているものがほとんどです。ユーザの評価から多くの気づきが得られるため、上位に表示されている商品を参考にすることもSEO対策と並行して行っていきましょう。

PR:大規模ECサイトなら「Orange EC」。お客様にECサイト開発のノウハウをお伝えしています

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る