触れる動画TIG commerce(ティグコマース) 触れる動画TIG commerce(ティグコマース)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECに活用したいGoogleショッピング広告の運用方法とは

オンラインショッピングが以前にも増してその重要性を高めている昨今、ECサイトも数多く展開され、Amazonのような大手サイトを筆頭に、購入者をいかに増やしていくかという施策が様々な手法で行われています。

ニッチな商品であればお客さんの数も少ない一方で競争率も低いものとなりますが、ポピュラーな商品であればその競争はさらに激しいものとなり、徹底したwebマーケティングを心がけなければ顧客を獲得することは難しいところです。

そしてそのようなヒートアップしやすい商品の販売において重要となって来るのが広告のあり方です。広告は消費者目線から見れば煙たがられることも多いものですが、本当に商品を探している人にとってはわかりやすい導線であるという本来の役割も場合によっては大いに果たしてくれるものです。

そしてweb広告の中でも高い信頼性を備えているのがGoogleショッピング広告です。

IT企業としては最大規模のGoogleが提供する広告は、活用次第で大きな自社ECサイトの手助けとなってくれるのは間違い無いでしょう。

今回はそんなGoogleショッピング広告の概要やその特徴、運用方法についていくつかご紹介していきます。

EC需要の高まりにも応えてくれる
まずは広告を開始し、少しづつ最適化させていくことが重要

Googleショッピング広告とは

Googleショッピング広告は、以前に商品リスト広告と呼ばれていたGoogleの提供するEコマース用のweb広告です。

Googleをショッピングサイトのように運用することが可能に

特定のアイテム、例えば「黒縁メガネ」や「ガラステーブル」などをgoogle検索した時、検索結果の先頭に現れる商品の数々を一度は見たことがあると思います。あれがGoogleの提供するショッピング広告です。

パソコン版はもちろん、スマートフォン上でも検索結果の先頭に分かりやすく表示されるため、高い広告効果が期待できるということで注目を集めています。

https://support.google.com/google-ads/answer/186472?hl=ja

いわばアマゾン検索を用いた時のように、検索エンジンから直接商品情報への流入が見込めるのが特徴です。

なぜショッピング広告なのか

Googleショッピング広告が注目を集めている理由は、やはりオンラインショッピング需要の増加、そしてそれに伴うECサイトの増加や小売店のEC化が大きいと言えるでしょう。

従来のネット広告といえば胡散臭いものが多いイメージでしたが、スマートフォンが普及したことで誰にとってもンターネットが身近になり、ネット上での消費活動も盛んになったことで、ECも賑わいを見せることになりました。

さらにメルカリのようなフリマアプリやZOZOTOWNのようなアパレルECサイトなど、若者のネット上の消費活動を活発にするサービスが登場したため、web広告も馴染みが深く、オンラインショップでの購入にも抵抗が薄れていきました。

同時に大手ECだけでなく、個人でのECサイトも様々なものが現れるようになり、SEOやSNSでのマーケティングなど、多くの施策を試しながら競い合う市場となっていったのです。

そこでGoogleショッピング広告を活用することで、激しい検索結果競争に参加せずとも、手軽且つ安定して検索結果の先頭に表示してもらうことができるのです。

Googleショッピング広告のメリット

Googleショッピング広告は通常の自然検索などに比べ、いくつかの利点を持っています。

安定した検索流入効果が得られる

先ほども少し触れたように、Googleに利用料を支払うことで広告枠を設けてもらい、且つそれが検索結果の上位に常に表示されるため、高い流入効果を得ることができます。

もちろん枠としては自然検索とは別の広告枠になるため、広告料を出していることが暗にユーザーには伝わるのですが、価格や商品の画像、販売サイトも同時に表示され、不信感のない自然な表示となるため、印象が悪くなってしまう心配もありません。

購買意欲の高いユーザーへの請求力がある

関連ワードからのSEOではなく、商品名やカテゴリの検索から直接商品ページに誘導することができるため、「この商品が欲しい!」というユーザーに直接訴えかけ、個人のECサイトでも大手ECサイトより高い流入を期待することもできます。

コストパフォーマンスも高い

googleショッピング広告は通常のテキスト広告よりもクリック単価が安く、リーズナブルな広告料で検索流入が見込めるというのも個人規模のECサイト運営者には嬉しいポイントです。

Googleショッピング広告のデメリット

ショッピング広告は確かに利点もあるのですが、デメリットも存在します。

掲載順位のアルゴリズムが不明瞭

これは自然検索におけるSEO対策の話でもよく言われるのですが、Googleは検索アルゴリズムについて明確に説明することはなく、定期的にアルゴリズムも変更されるため、どうすることが最適の方法とは一概に言えない点を残しています。

これはショッピング広告も同様で、同じ広告スペースにいくつものECサイトが重なった場合、どのようにして広告枠の中でも上位に表示されるかは不明な点も多いとされています。

懸念されるSNSの台頭

また、今日では検索エンジンがそもそも使われなくなっており、エンジンそのものの有用性が低下しているという懸念もあります。

多くのユーザーはSNSやECサイトで検索を完結させてしまい、検索エンジンを用いたショッピングは今後行われなくなっていくのではという話もあることは覚えておくと良いでしょう。

Googleショッピング広告の効果的な運用方法

そのようなメリット・デメリットを踏まえた上で、Googleショッピングをうまく活用していうためにはどうすればいいのでしょうか。

Googleショッピング広告の出稿方法

ショッピング広告には二種類存在し、一つは単体の商品のみを宣伝する「商品ショッピング広告」、もう一つがいくつかの関連商品を宣伝する「ショーケース広告」となり、広告したいものに合わせて選ぶことができます。

広告の出稿も難しいものではありません。詳しくは公式ページで案内を見ればわかりますが、まず下記のページから商品情報を設定し、Google広告のページでキャンペーンを作成するだけで完了です。

参考:https://support.google.com/merchants/answer/6324436?hl=ja
https://support.google.com/merchants/#topic=7259123

効果的な広告の出稿方法

広告の出稿そのものは簡単ですが、コスパに見合う効果的な広告の出稿もまた少し意識するだけで大きな効果を得ることができるでしょう。

例えば広告短歌の設定です。Google広告は単価をある程度自由に設定することができ、値段に見合った広告の表示を行ってくれます。もちろん高い単価で広告を出せば高い流入効果を見込めますが、だからと言って短歌の低い広告で効果が得られないというわけではありません。

まずは低い単価で広告を出稿し、検索結果の様子を見ながら価格を設定していくと良いでしょう。
もちろん単価だけで流入効果が決まるとは言い切れません。例えば同じ商品の価格がECサイトごとに異なる場合、一番安い価格のサイトが上位に表示されるのは必然と言えます。

低い単価で検索結果の様子を伺いつつ、色々と試してみることで流入効果を上げていく作業が重要となるでしょう。

Googleショッピング広告は自然検索とは違い、テキストだけでなく写真も表示できるという、ビジュアル面でのメリットも備えているため、その広告効果は大きいと言えます。まずは活用しながらその効果を実感し、徐々に最適かしていくことが有意義な活用方法といえるでしょう。

PR:大規模ECサイトなら「Orange EC」。お客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
TIG commerce:触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る