• このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイト運営者に使いやすい在庫管理システムの基準とは?

ECサイト運営に欠かせないのが在庫管理です。

在庫管理の目的は、在庫を正確に把握しておくことです。顧客から注文を受けたあとすぐに出荷作業に取りかかることができ、計画的で無駄のない仕入れを行うことができます。

近年はインターネットショッピングでいつでも簡単に買い物ができるようになったため、ECサイトを経由したオンライン注文が増加しています。スピーディな出荷に対応するために、在庫管理を楽にする「在庫管理システム」の導入を考えているECサイト運営者も多いのではないでしょうか。

今回は在庫管理システムに関して、次の点をご紹介していきたいと思います。

では、早速解説していきます。

在庫管理システムとは何か

在庫管理システムは、基本的には自社で保有している在庫数を正確に把握するためのシステムです。しかし在庫管理システムを提供しているサービスは、在庫管理だけではなく他の機能も使えるように多彩な機能と連携できることを強調しているものがほとんどです。

自社ECサイトだけではなく、楽天やYahoo!ショッピング、Amazonといったモール型ECサイトとの連携機能を強調している在庫管理システムも多くなっています。

在庫管理システムには、在庫管理のほかに次のような機能を備えているものがあります。

  • 受注管理/仕入・発注管理/商品登録機能との一元化
  • 倉庫管理システム(WMS)との連携
  • 社内基幹システムとの連携
  • 多店舗展開のECサイトでの在庫共有
  • POSとの連携
  • 売上分析機能
  • 棚卸し作業の効率化

在庫管理システムは在庫数を把握するだけでなく、他の機能と連携することで業務効率を高めることが期待できます。

在庫管理システムはこんな時に便利

在庫管理の基本的な流れは、商品の仕入れ→在庫管理→注文ごとの出荷→売上処理→期末の在庫管理(棚卸し)・決算というサイクルが一般的な流れでしょう。

一見シンプルなように思えますが、実際の業務では様々な問題が起きます。

様々な問題というと、例えばこのようなものがあります。

【商品の品質問題】
  • 入荷品の品質が悪く、メーカーへの返品・交換が必要
  • 特定の製造ロットでNG品が多く出ている
【人的ミス】
  • 入荷処理を忘れる
  • 誤って注文数量と違う数を出荷する
  • 異なる商品を発送してしまう など

これらは一部の問題にすぎませんが、在庫管理は一筋縄ではいかないことがほとんどです。このような問題が起こった際は都度在庫に反映させないと時間が経つごとに忘れたり、担当者によって認識が異なっていたりと業務の混乱につながります。

在庫管理システムを利用することで次のようなメリットがあります。

  • 在庫数をすぐに確認できる
  • 誰が見ても在庫がどの状態にあるのか把握できる
  • 在庫の賞味期限・消費期限を管理できる
  • 注文を予測した仕入れ計画を早めに立てることができる
  • 人的ミスを軽減することができる
  • 返品やキャンセル処理に柔軟に対応
  • 多彩な機能と連携可能なため、顧客のニーズに応えられる
  • 社内システムと連携することで業務効率を高める

自社の課題が解決できるか、確認してみましょう。

在庫管理システム導入前のチェックポイント

在庫管理システムの便利な機能を調べていくと、その便利な機能にすぐにでも導入し業務効率化を図りたいところですが、導入前に確認すべき重要なことは現時点で在庫管理にどの点が問題であるのか洗い出しを行うことです。

在庫管理システムを導入している企業は多くありますが、実際に業務に携わっている担当者の中には社内の在庫管理システムの使いづらさを指摘する人もいます。

この原因として考えられるのが、導入した在庫管理システムが実際の在庫管理や出荷作業、倉庫でのオペレーションの実態に即していないからです。十分に議論がされないまま、使いづらいシステムを導入してしまう例も少なくありません。

まずは部門・部署ごとに現場のオペレーションでどの点が問題なのか、またどのような機能があれば業務効率化に確実につながるかという点について具体的に話し合いましょう。

在庫管理システムは何を基準に選べばいい?

在庫管理システムは様々な種類がありますが、何を基準に選べばいいのでしょうか。

在庫管理システムは倉庫管理に適しているものや、ECサイトの注文・出荷に関するシステム処理に適しているシステムなどそれぞれに強みがあります。

何を基準に選べばよいのかについては「在庫管理において何が問題か」「連携させたいシステムはあるか」について議論していくと良いでしょう。

ECサイト運営におすすめの在庫管理システム

在庫管理システムは色々なものがありますが、以下ではECサイト運営で使いやすい在庫管理システムについてそれぞれの特徴に触れながら3つご紹介してきたいと思います。

ネクストエンジン

画像出典:ネクストエンジン

ネクストエンジンの在庫管理システムは、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどモール型ECサイト運営者に便利な機能を備えています。

在庫管理の他に受注管理や多店舗ECサイト運営で面倒な商品登録作業の省略化、多様な決済への対応、送り状ソフトとの連携や自社・外部倉庫との連携など様々な機能と連携させることができます。

在庫管理は楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングの複数のECサイトでの注文を自動で取り込むことができ、在庫管理作業を一元化することができます。

料金は月額1万円からで、受注件数に応じた従量課金制度となっているため、ECサイトを立ち上げたばかりの企業でも導入しやすいでしょう。

参考:ネクストエンジン
https://next-engine.net/

ビジコムのBCPOS

画像出典:ビジコム

ビジコムのBCPOSは実店舗とECサイト両方を運営している企業にとって使い勝手の良いクラウド型の在庫管理システムです。

BCPOSでは実店舗とECサイトで在庫を共有することができ、商品が売れて在庫がなくなったときに自動的に在庫数から売れた個数を引いて反映させることができます。

実店舗とECサイト両方の運営をするためには在庫数を常に最新の状態に保つことが必要不可欠ですが、BCPOSはそれを可能にします。

対応モールや対応ショッピングカートにも多数対応しているため利用しやすいでしょう。

参考:ビジコム
https://www.bcpos.jp/products/purpose/ecstock.html

CROSS MALL(クロスモール)

画像出典:CROSS MALL

クロスモールは在庫管理の他に商品登録や受注管理、発注・仕入管理機能を備えており、一元管理をしたいECサイト運営者やECサイトと連携をしたい実店舗運営者に向いています。

多数のモールやショッピングカートと連携可能で、倉庫管理システム(WMS)ではロジザードZEROと連携することができます。様々な配送会社の提供している送り状発行システムとも連携可能です。

クロスモールのサービスで着目したいのが、顧客からの受注を自動的に振り分ける機能です。

複数のECサイト運営を行なっていて注文が殺到した場合、担当者が1件ずつ注文内容を確認することは非常に時間がかかる作業です。クロスモールの自動受注システムでは、何も問題がない注文を「出荷待ち」、コンビニ払いなど後払いを「入金待ち」、担当者が確認すべき注文を「要確認・修正」に振り分けることができるため、担当者の業務負担軽減を図ることができます。

料金も1サイトあたり月額5,000円〜(※受注可能件数に上限あり)とECサイトを立ち上げたばかりでも利用しやすいでしょう。

参考:クロスモール
https://cross-mall.jp/

まとめ

以上、在庫管理システムについての解説でした。

この記事では在庫管理とは何かといったところから、在庫管理システムの便利な機能や選ぶ基準、またECサイト運営をする上で使いやすい在庫管理システムを3つピックアップしました。

在庫管理にお悩みのECサイト運営担当者は、在庫管理システムの導入の参考にしてみてはいかがでしょうか。

PR:「EC-ORANGE」のパッケージ販売に加え、多くの構築ノウハウを生かした受託開発をおこないます。

>>お問合せはこちらから

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る