• このエントリーをはてなブックマークに追加

Site(サイト)の意味。ウェブサイトとは何かを徹底解説します

「ウェブサイトって何?ウェブページやホームページって違う意味なの?」

そう思っている方に向けて記事を書きました。

それぞれ意味は異なります。そんな漠然とした「サイト」という言葉ですが、その意味を正しく理解することで、社内外のIT担当者と円滑にビジネスを進めることができます。

この記事では、

  • サイトの意味
  • サイトの歴史と誕生した背景
  • Webサイトを見るときの仕組み
  • サイトの類語や間違われやすい言葉

をお伝えします。

サイトの歴史は概要を知っておくだけで十分です。そして、サイトはどういう意味なのか、そしてどのように使えばいいのか、学んでいきましょう。

サイトとは「敷地」「場所」を意味する言葉

サイト(site)は「webサイト」のような使われかたが多いですが、siteそのもの意味は「敷地」や「場所」などです。

Webサイト(website)の場合、トップページやお問い合わせページなど複数のWebページがひとつにまとまった「場所」という意味があります。

経理におけるサイトの意味は「売掛金が支払われるまでの期間」

Web系のイメージの強い「サイト」ですが、経理では「支払いサイト」という言葉があります。

支払いサイトのサイト(sight)は「手形などの決済期間」という意味です。つまり取引代金の締め日から支払日までの猶予期間を表します。

Webサイトのサイトとは意味が異なるので注意が必要です。

サイトの歴史、誕生した背景

私たちが普段から当たり前に使っているWebサイトですが、もともとは研究者のあいだで使われていた技術です。

ここでは

  • Web誕生の経緯
  • Webの発展と生じた問題点
  • Webの規格を決める団体の誕生

の順に解説します。

1. Webの始まりは「研究所のデータや文書をリンクさせる仕組み」

Webの生みの親はイギリス人のティム・バーナーズ=リー博士です。彼がインターネットでもっとも重要なシステムの1つであるWWW(World Wide Web)を考案しました。

ティム博士が在籍していた研究所は、研究者の入れ替わりが多いためデータなどの情報が共有されにくい場所でした。そこで、研究者の持つデータや文章を1つのコンピューターに集めてそれぞれをリンクさせられないかと考えられ誕生したのがWorld Wide Webです。

2. 世界初のサイトとブラウザは1991年に誕生した

ティム博士が世界で最初にWebサイトを公開したのは、1991年8月6日です。この日がWebの誕生日とされています。

またWebサイト公開と同時に閲覧するためのブラウザ「WWWクライアント」も発表しました。さらにティム博士はこのソフトとその仕組みを無料で公開しています。

ソフトの仕組みを無料で公開したことで利用者はさまざまなカスタマイズをすることができるようになり、Webは現在のような発展をとげることができました。

3. Web技術の規格を決める団体「W3C」の創設

Webはみんなが自由に使えるメリットがあり、次々に新しいWebブラウザが開発されました。しかし同時に、ブラウザごとにルールがことなりWebサイトの開発者が混乱するデメリットも発生したのです。

ティム博士はこれを解決するためのルール化が必要と考え、Web技術の規格を決める団体「W3C(World Wide Web Consortium)」をつくりました。

Webサイトを見るときに行われていること

Webサイトを見るとき、リンクをクリックすると見たいWebページが表示されます。ここではリンクをクリックしてからWebページ表示されるまでのあいだに、どのようなことが行われているのか解説します。

WebサーバーのデータをWebクライアントで受信する

まずは、WebサーバーとWebクライアントについて解説します。

  • Webサーバー:Web上に情報を公開しているソフトウェアやコンピューター
  • Webクライアント:Webサーバーから情報を受けとるソフトウェア

Webサイトを見るときは、WebクライアントからWebサーバーに「このWebページを見せて」とリクエストします。Webサーバーはリクエストの内容を処理しWebクライアントに「Webページのデータ」を返し、Webクライアントは受け取った「Webページのデータ」を表示させます。

受信したデータをWebブラウザでキレイに表示する

Webサーバーから受信した「Webページのデータ」は、コンピューターが読むためのプログラミング言語で書かれています。プログラミング言語のままだと人間は何が書かれているのかわかりません。これを人間が見える形にしてくれるのが「Webブラウザ」です。

Webブラウザの代表的なものには「Internet Explorer」や「Chrome」、「Safari」などがあります。

サイトの類語まとめ

Webサイトには目的によっていくつか種類があります。

ここでは代表的な、

  • サテライトサイト
  • ポータルサイト
  • オフィシャルサイト
  • 特設サイト

について解説します。

サテライトサイト(衛星サイト):メインサイトのSEO補助をするWebサイト

サテライトサイトとは、メインサイトの補助的なWebサイトです。SEO対策やメインサイトで獲得できないユーザーの獲得を目的につくられることが多く、衛星サイトとも呼ばれます。

サテライトサイトにメインサイトへのリンクを貼ることでSEO対策の効果が期待できます。

メインサイトが「美白化粧品の製品」の場合、サテライトサイトは「美白効果のある食べ物」や「日に焼けないための情報」などになります。

ポータルサイト:さまざまなページの入り口となる大きなWebサイト

ポータルサイトとは、さまざまなWebページへの入り口をひとつにまとめたWebサイトです。
ポータルサイトには、情報の集め方やターゲットとするユーザーによって多様な種類があります。

  • 天気予報や株価、ニュースなどをさまざまなコンテンツやサービスを提供している「総合ポータルサイト」
  • 企業内の情報を共有するための「企業内ポータルサイト」
  • 地域に特化した「地域ポータルサイト」
  • 口コミやレビューが中心の「口コミ系ポータルサイト」
  • ECモールなどの「ショッピングポータルサイト」
  • ユーザーが交流する場「コミュニティ型ポータルサイト」
  • 医療や法律など専門分野に特化した「専門情報ポータルサイト」

などです。

具体的には、以下のようなサイトが「ポータルサイト」の例です。

総合ポータルサイトの例
  • 検索エンジン「google」
  • 検索エンジンとニュース、情報サイトが集まった「Yahoo! JAPAN」
  • ニュースサイト「livedoor」
地域ポータルサイトの例
  • JR西日本が運営する「マイ・フェイバリット関西」
  • スタイルナビ 仙台情報ポータルサイト

オフィシャルサイト:企業や有名人などの公式サイト

オフィシャルサイトとはその意味のとおり、組織や個人(有名人など)が公式の情報をのせるために設けたWebサイトです。

企業や政府機関、地方自治体、芸能人や政治家などの有名人がそれぞれオフィシャルサイトを公開しています。

東京都公式ページやJAL企業サイトなどがあります。

特設サイト:イベントなどに合わせて特別に作られたサイト

特設サイトとはその意味のとおり、ある目的のために特別につくられたサイトです。

特設サイトはイベントやキャンペーンなどが開催されている期間のみ公開されます。サイトを訪れたユーザーに対して、イベントを体験してもらえるような動画や画像をたくさん使ったサイトが多いです。

例えば東京モーターショーやTokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018などが特設サイトです。

次は、サイトと間違われやすい言葉について解説していきます。

サイトと間違われやすい言葉

Webサイトと間違われやすい言葉として「ホームページ」と「Webページ」があります。それぞれ意味が異なりますので、正しく理解しておきましょう。

サイトとホームページの違い

ホームページはWebサイトのトップページのことです。WebサイトはさまざまなWebページのあつまった場所で、ホームページはそのなかのひとつになります。

ただし人によっては「Webサイト」を「ホームページ」と呼ぶこともあるので注意が必要です。

サイトとWebページの違い

WebページはWeb上にあるひとつのページのことです。このWebページが集まるとWebサイトになります。

まとめ:サイトの意味

ここまでをおさらいします。

サイト(site)とは英語で「敷地」「場所」を意味します。WebサイトはWebページがあつまった「場所」という意味でこのように呼ばれます。

Webサイトの例としてのものを挙げました。

  • サテライトサイト
  • ポータルサイト
  • オフィシャルサイト
  • 特設サイト

目的によって、さまざまな種類があるのがサイトの特徴です。

また、サイトと間違われやすい言葉として「Webページ」と「ホームページ」があります。

  • Webサイト:Webページがあつまった場所
  • Webページ:Web上にあるひとつのページ
  • ホームページ:WebサイトのトップページでWebページのひとつ

「サイト」の意味をしっかりと理解したうえで、ビジネスに活用しましょう。

PR:ECサイト構築パッケージ「EC-ORANGE」

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る