http://エスキュービズムのサービス開発事業 http://エスキュービズムのサービス開発事業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業界エキスパートが証言!消費者が小売供給チェーンに変革を起こす

世界最大規模で文具・オフィスに関連する商品全般を取り扱うディスカウントストア・チェーンOffice Depot Incの取締役、

リック・ディマイオ氏によると、近年小売業界の供給チェーンシステムはこれまで以上に豊富な知識を持つ消費者からの需要を受けて、システムのカスタマイズ化、可視性向上、そして配送オプションの充実などへの対応を迫られているということです。

Office Depot LEED-Certified Store Austin TX

しかし、ディマイオ氏はこのような消費者側からの高い要求に応えることで、むしろこれまでの昔ながらの供給チェーンにおける古いスタンダードからの脱却が加速していると話します。

「私が業界に入った頃は、現在の状況とは正反対の状況でした」とは先ごろロサンゼルスで開かれた供給チェーン業界の会合における同氏のコメントです。

その中で、同氏は現在のテクロノジー進化の恩恵を受けて小売業界における力関係が変化し、消費者がこれまでにないほどの主導権を握ることとなり、その結果小売業者間での競争が激化し、供給チェーンにおいてもどのような製品を卸していくかといった点の重要性が急速に増してきているというポイントを述べています。

そのため、配送供給業界はこの先いくつかのトレンドに対応する必要性が出てくるとの見方を示しています。

例えば近いうちに消費者は自宅、オフィス、実店舗などをはじめ、商品購入の際は都合の良い時間帯に場所を指定して商品を受け取ることができるようになるとみられます。前出のディマイオ氏は、それを受けて消費者がオフィスなど自宅以外での引き取りを選択する際は、オフィスの営業時間内にスピーディに配達を完了させることが求められてくると指摘します。

(引用元:Once was lost, Now she’s found / ** RCB **

また、在庫管理倉庫や配送センターからのみの発送ではなく、近隣の実店舗から発送するケースもより一般化されてくるとみられ、配送サービスも月~金のみの対応ではなく毎日実施できるようなシステムが標準となってくるのです。

加えて、消費者は通常の配送サービスは無料が普通であるという感覚が強くなり、同日配送サービスは有料が一般的となる一方で、通常配送の無料サービス実施に消極的な業者は結果的に大きな代償を払う事にもなりかねません。

さらに最新テクノロジーのクラウドサービスを利用して配達場所へ正確な配送を実施することも可能になってきますが、実際には人間の記憶や土地勘の方がより確実であり、このようなテクノロジーに完全に依存するまでには至らないと予測されます。

ちなみに運転手が要らないドライバーレステクノロジーなどに関しては、ディマイオ氏は信用性の問題から一般に普及することは無いだろうとの見解を示しています。

2013年に事業合併をしたオフィス用品業界の大手Office DepotとOffice Maxの2社は、近年の小売業界での変革に対応する形でこの2月にStaples Inc社と63億ドルもの資産が動く合併を実施させ、細かな法律関連でいくつか乗り越えなくてはならない問題点はあるものの、全体のシステム移行は年末までには完了するとの見通しです。

ところがこのような大企業であっても、オフィス用品販売業者は最近ではオンライン小売業者の登場に伴う厳しい販売競争にさらされているのが現状です。

(引用元:Ascent Magazine Atos Thought Leadership Personal / Atos International

そのような中で、業界で25年の経験を持つディマイオ氏は、現在の小売業界におけるキーポイントは供給チェーンにおける迅速な管理体制の実施であると話します。

「実際のところ、私がこれまで供給チェーン業界に携わってきた中で、今ほど大きな可能性に満ちた素晴らしい時期はこれまでに記憶にありません」(ディマイオ氏談)

この記事はConsumers Triggering Major Changes in Retail Supply Chainsの記事を海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

写真提供 アイキャッチ画像:consumer confidence! / Frederick Homes for Sale

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
インバウンド対策、事例、ノウハウから、訪日外国人のデータまでの最新のお役立ち情報配信メディア「インバウンドNOW」
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る