http://エスキュービズムのサービス開発事業 http://エスキュービズムのサービス開発事業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリで実現する仮想ドラッグストア

これからの小売にとってオンラインでの存在感を高めることが、生き残るために重要なことは言うまでもありませ

ん。モバイルに精通した顧客を惹きつけるためにも、ユニークで、インタラクティブで、魅力的なオンライン環境を整える必要があります。

米国最大のドラッグストアチェーンのCVS Pharmacyは、iPadに特化したショッピングアプリを発表しました。アプリは3次元の店舗空間を創造し、美容用品、化粧品、食料品といった一般商品の販売だけでなく、薬局、写真現像、健康管理サービスなどのサービスも提供しています。顧客はオンライン販売、処方箋サービスや横断的なクーポンサービスなどを受けることができるのです。

タブレットによるモバイルショッピングが成長を続ける中で、ブランドにとって仮想店舗は徹底したオムニチャネル・リテイリングを提供できる手段となりえます。


◇CVS Pharmacy 実店舗
(引用元:LONG BEACH LOUIE『CVS Pharmacy』

◇CVS Pharmacy 仮想店舗
(引用元:mobi health news『CVS launches a “virtual pharmacy” iPad app』

◇アプリの買い物画面

見やすくて使いやすく、大量の商品が展開する実店舗よりもある意味買いやすいとも言える。送料は総額49ドル以上の買い物で無料。それ以下なら5.9ドル。少し高めに感じるが、それも商品ラインナップの充実次第か。


◇写真現像サービス

iPadにメモリーされている写真を簡単に現像できるサービス。iPadで撮った写真を現像する人は多くはないかも知れないが、このサービスで増えるかもしれない。CVSバイスプレジテント、Brian Tilzerがこのアプリについて以下のように語っています。

◇タブレット用アプリ開発に至った思惑

「毎月何百万の顧客がCVS.com(CVSのオンラインサイト)を訪れており、特にiPadを通じて訪れ顧客が多くいました。多くの顧客が出先からアクセスする中で、店舗やコールセンターといった顧客との接点とモバイルをどのように統合するかを考えました。

このiPadアプリは顧客を念頭において設計され、これまで親しまれてきた実店舗環境を真似せており、直感的なだけでなく、魅力的で楽しいものになっています。このアプリにより、顧客はCVS.comや実店舗で提供するサービスを、いつでも出先から受けることができるようになります」

◇構想から実現までの経緯

「昨年に多くのトラフィックがタブレットから、特にiPadからであると気づき、iPadに適した簡易な顧客経験を創造できないかと構想を練り始めました。過去の数ヶ月間のデータを分析し、なるべき早く市場に投入しようと奮闘しました。これからはアプリを改良し、強化していく予定です。すでに次のリリースの見通しを立てており、より安全性が増し、インタラクティブな機能が充実したものとなります」

◇タブレットは理想のプラットフォーム

「早い時点から三次元のデジタル店舗を作りたいと考えていました。タブレットはそれに理想的なプラットフォームでした。視覚的でタッチ操作をベースとしているからです。例えば顧客は簡単に処方箋を管理し、スワイプすれば簡単に薬剤情報を入手できます。一回のログインで入力された処方箋情報は他のモバイルアプリやCVS.comにおいても更新されます。これも重要なことです」

タブレット向けアプリの未来は?

タブレットによるオンラインショッピングが増えているという話は以前にもしました。

『eコマース成功の鍵を握るタブレット』http://orangeretail.jp/blog/foreign/329

それはつまり出先や空いた細切れの時間に利用している人が多いと言えます。そんな人たちにとってアプリは有効な手段となり得ます。通常のオンラインサイトではまずインターネットに接続し、そこからさらにサイトへ接続しなければなりませんが、それに対しアプリならワンタッチでサイトに飛べるからです。この手間の違いは些細なものではありますが、この些細な違いが大きなアクセスの差を生みます。

しかしアプリが充実したものでなければ、当然そのアプリは忘れ去られます。今回CVSのアプリをご紹介しましたが、このアプリの特徴として『楽しさ』が挙げられます。機能性や利便性だけでなくそういった感情に訴えるものがあるとないのでは大きな違いが生まれます。

また、通常の店舗ではオペレーション上都合が悪くても、オンラインなら、例えば商品カテゴリーの増加なども容易です。CVSがこのアプリにより自信を深めれば、これまで実店舗では展開してこなかった商品もさらに追加していくことが予想されます。一つの企業の一つのアプリで総合的なサービスが提供されるようになれば、いかに顧客に選ばれるアプリを開発するかの競争は熾烈を極めたものになると予想されます。勝者総取りが可能になるからです。

日本でも今後数年も経てば最大の小売形態となると言われているオンライン販売。その動向を知る上でアプリの重要性を認識する必要があると言えます。

この記事はRetail customer experience.comの記事をOrange Blogが日本向けに編集したものです。

モバイルアプリはマーケティングの次の一手に!

市場調査ダウンロード
モバイルアプリは今後企業のマーケティングの次の一手に成り得るかもしれません。
海外〜日本のアプリ市場動向、モバイルアプリ利用者の行動についてのレポートから、アプリをどのようなシーンで利用するかなどをまとめた資料が無料でダウンロードできます。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
インバウンド対策、事例、ノウハウから、訪日外国人のデータまでの最新のお役立ち情報配信メディア「インバウンドNOW」
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る