• このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのコンテンツをバイラルにする方法

コンテンツ・マーケティングはオンラインビジネスにおいて最もリーズナブルなマーケティング手法であり、Eコマー

スにおいてもそれは例外ではありません。
100人にシェアされる100のコンテンツを作成するよりも、1000人にシェアされるコンテンツをひとつ作成する方がより効果的ではないでしょうか。言うは易しと思われるかもしれませんが、口コミのように友人や同僚を通して広がっていくコンテンツ、つまりバイラルコンテンツにはある特徴があります。そうした特徴をとらえ、マーケティングの参考にしてみてはいかがでしょうか。

バイラルコンテンツとは何か?

画像、記事、動画、インフォグラフィックスなどはインターネットでシェアされる重要なコンテンツ形態です。ユーザーは時に心を引き付けられるコンテンツに出会うと、それを他者とシェアしたくなります。シェアされたユーザーも同じように感じると、コンテンツはウイルスが伝染するように瞬く間に広まっていきます。
そうしたコンテンツをバイラルコンテンツと言います。コンテンツを徹底的に作りこみ、バイラルな広がりを意図することをバイラルマーケティングと言います。この形態のマーケティングはシェアされるコンテンツを前提にしており、広くシェアされれば多くのトラフィックと評判を得ることができます。

なぜバイラルコンテンツはEコマースにとって重要なのか?

手ごろな価格でバイラルコンテンツを作成することは可能です。マーケティングキャンペーンのうち10パーセントでもバイラルになれば、その投資収益率は他のどのマーケティング形態よりも高くなります。
Eコマースは継続的に利益率の圧縮や激しい競争にさらされています。こうした状況下では低コストでリターンの大きいマーケティング手法を誰しもが求めており、バイラルマーケティングはまさにそれなのです。もちろんバイラルマーケティングは自由自在に操れるものではありません。それでもバイラルマーケティングには着手すべき価値があります。

バイラルコンテンツ事例

美しくなる過程をつぶさに描く

thumbnail_youtube

ヘアケア商品「Dove(ダヴ)」のバイラルCM。ブランドのメッセージをきちんと伝えるためにショッキングな表現をあえて描く。

宙返りでジーンズをはく

http://www.youtube.com/watch?v=-prfAENSh2k
Levi'sのバイラル動画。ジャンプしたり宙返りしながらジーンズをはくというユーモラスな動画。1週間で200万回以上再生された。

走行する二台のトラックで綱渡りスタント

http://www.youtube.com/watch?v=1zXwOoeGzys&feature=player_embedded
ボルボのバイラル動画。ボルボ・トラックの操縦性能の高さを証明することをコンセプトに作成。

バイラルコンテンツの特徴は何か?

感情に強く訴える

憧れや欲望、畏怖心はEコマースサイトを利用する動機づけとなりえます。ネガティブな感情もまたバイラルなものです。多くのバイラルコンテンツは怒りや憎しみ、悲しみを呼び起こします。しかしこうしたネガティブな感情をEコマースサイトでの購入に結び付けるには工夫が必要です。初期のバイラルCMには、その内容の過激さから、抗議が寄せられ、テレビでのオンエアが中止になったものもあるので注意も必要です。。

刺激的である

バイラルという概念は人々を行動に駆り立てることを前提にしています。ありきたりなコンテンツではこれが上手くいきません。もちろん読み手の精神状態次第では無意味なコンテンツにも刺激を感じることはありえます。例えばありふれた引用句が添えられた画像などが読み手の気持ちに刺激を与えるといった感じです。

面白みがある

ユーモアはバイラルコンテンツの一要素ではありますが、最も重要な要素の一つと言えます。本質的に面白みのあるコンテンツは成功する可能性が高いです。深刻なテーマであってもユーモアを含んだコンテンツは成功する傾向にあります。

タイムリーである

ネットユーザーは気まぐれです。今日新しいものが明日には古臭くなってしまう世界です。バイラルコンテンツを作成するにはタイミングを重要視しなくてはなりません。

普通ではない

バイラルコンテンツの作成は一筋縄ではいきません。タイムリーで面白くて刺激的ではあっても読み手にとってはもう飽きがきてしまっているかもしれません。ネットユーザーは普通ではないものをシェアしたがるのであり、つまらない人と思われたくはないのです。

さっと目を通せる

ネットユーザーはネットで読書をしているわけではありません。いつでもせっかちに目を通します。作成したバイラルマーケティングの運命はクリックひとつで決まってしまいます。コンテンツは短く、さっと見れるものにしましょう。

バイラルコンテンツは驚きや興奮、面白みなど視聴者の「感情」に訴えかけています。つまり、こうしたコンテンツを作ろうとしても、感情を扱う故にそこに正攻法や必勝法があるわけではないということです。そこには自由で豊かな発想力、意外性が求められます。

人には感情を共有したいと言う欲求が備わっています。SNSがそれを容易にする時代だからこそ、バイラルマーケティングが今求められているのです。

この記事はViral Content Marketing for EcommerceをOrange Blogが日本向けに編集したものです。

関連記事

アーカイブ

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

ページ上部へ戻る