• このエントリーをはてなブックマークに追加

小売の未来形~カギは「AI(人工知能)」と「VR(バーチャルリアリティー)」

AIやバーチャルリアリティーといった最新テクノロジーの登場で、小売業界の販売の形にも急速な変化が起きていますが、最近の統計では、小売業者の多くがこういった最新テクノロジーを販売戦略の中核に据えることでビジネス拡大を計っていることが明らかになっています。

実際例を見てみると、アパレル業界ではRebecca Minkoffが試着室にスマートミラーを採用し、Kate Spadeはスマートフォンを充電することができるハンドバッグ「Everpurse」を発売し、人気を博しています。

しかしその一方で、テクノロジーの進歩のスピードに付いていくこと自体が大きな課題となっているのもまた事実で、このようなテクノロジーを積極的に取り入れている企業ですら、時として対応に苦労するほどです。

小売ブランドJohn Lewisのテクノロジー部門責任者のジョーン・ベリー氏は「我々の目指すところはこれまでの常識を覆すような最新テクノロジーを採用していくことですが、進化のスピードを考えた時、通常は5年かかりそうなものが2年で実現してしまっているのが現状です」と話します。

注目のテクノロジー「AI(人工知能)」

そのような中で、今注目されているのがAI(人工知能)です。つまり、高い学習能力を持ったアルゴリズムが開発されたのに伴い、膨大な量のデータを、まるで人間が取り扱っているかのような効率で処理することができるのです。

実店舗でもデジタルテクノロジーを活用して個別対応したサービスを展開できることは消費者が切に望んでいる事で、統計ではミレニアム世代のうちアメリカでは70%、UKでは62%が小売業者にはAIテクノロジーを積極的に使って商品情報を提供して欲しいと考えているとの結果が出ています。さらに、この先テクノロジーが進化することで業者側としても消費者が何を望んでいるかをより正確に把握することができると思うとも答えています。

アウトドア用品販売の大手The North FaceはすでにIBM WatsonのFluid Expert Personal Shopperというテクノロジーを活用しており、まるで実際のスタッフを相手に商品検索をしているかのように自分にピッタリの商品を見つけ出すことを可能にしています。

また「バーチャルリスニング」はAIの中でも今最も注目されている分野で、アルゴリズムを使ってインスタグラムなどのプラットフォームの写真を分析し、消費者が自社商品に対してどのようなコメントをしているかを把握することなどができます。

このように、AIはいまやサイエンス・フィクション映画の世界の話ではなく、この先10年のうちに、実際に我々の生活の中で続々と実用化されていく事が予測されています。従って、小売業者も速やかに対応していく事が必須だと言えるでしょう。

小売業界が挑む最新テクノロジーの活用とは

実店舗、特にファッション業界ではエンターテインメント性が高くよりクリエーティブなカスタマーサービスを提供すべく、最新テクノロジーの採用に積極的です。

前出のベリー氏は「小売業界にエンターテインメント要素を加えるという意味でもデジタルテクノロジーには大いに期待しています。消費者の心をグッとつかむことができるサービスというのは非常に興味深いですし、そのためにはいろいろ試してみながら消費者にとって役に立つものは何かということに焦点をあてていく事になるでしょう。」と話し、バーチャルリアリティーの持つ重要性を説きます。

「バーチャルリアリティーはカタログに命を吹き込むようなはたらきをし、特に家具のようなサイズの大きな商品を販売する際には、消費者を商品のもたらす世界感に奥深く引き込むことで高い満足度を持って購入まで至るプロセスを構築することができるのです(同氏)」

バーチャルリアリティーの利用者は2018年には1億7100万人にも上る見込みで、小売業者側もこの流れへの対応をみせています。世界各国にショッピングモールを展開するWestfieldは、ここ数年の間にバーチャルリアリティーは一気に一般化すると予測しており、この他にも先ほど名前の出たThe North Face を始め、Tommy HilfigerやLowe’sといった各ブランドも実験的試用を始めています。

このように今最も注目を集めているバーチャルリアリティーはこの先10~15年のうちに小売のスタイルを大幅に変える勢いで進化を続けるとみられています。

特にジェネレーションZと呼ばれる、現在13~17歳の世代が大人になる頃には、実店舗にバーチャルリアリティーなどのテクノロジーが当たり前のように採用されており、消費者としてはそのような店舗により多く足を運ぶ傾向になるのは必然的でしょう。

ただし、忘れてはいけないのはこれらの最新テクロノジーを使って目指すべきところは「スムースなオムニチャネルサービスの実践」というところにあるという基本概念です。これは一見ごく簡単そうに思われますが、意外と今の段階ではしっかりと行われていないということを肝に銘じて、適切なテクノロジーの活用を目指していきたいところです。

この記事はFuture Of Retail: Artificial Intelligence And Virtual Reality Have Big Roles To Playの記事を本ブログが日本向けに編集したものです。

店舗集客の施策として有効な手段

◆実店舗への送客施策!
店舗とECサイトのデータを連携し相互送客を促進「Orange ECO2O」(製品サイト)

◆オムニチャネル完成の最後のピースとして、販売促進の次の一手としてアプリの導入を!
アパレル業界で多く導入されているモバイルアプリが構築できる「OrangeClub(オレンジクラブ)」。(製品サイト)

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る