0703セミナー 0703セミナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップにおける在庫管理の重要性を改めて考える

ネットショップを運営していて売上が順調に伸びて行けば嬉しいものですよね。

しかしその反面、初めのうちはほとんど意識しなくてよくても、規模の拡大と共に徐々に悩ましい課題が浮上してきます。

それが在庫管理です。

この記事では、「在庫管理」とはそもそも何を指すのか、なぜ重要なのかを改めて考えてみたいと思います。

<目次>

「在庫管理」とは最適な在庫数を予測し、コントロールすること

在庫管理を一言で説明すれば「最適な在庫数を予測し、コントロールすること」になります。

なぜそれが必要なのかと言うと、以下の二つのリスクがあるからです。

過剰在庫のリスク

モノを売るには、その商品を作るなり仕入れるなりして調達する必要がありますよね。そしてその両方には当然コストがかかってきます。

それから、自宅で賄えるぐらい小規模の場合を除いて、在庫を保管しておく場所を確保するにも当然コストがかかります。

予測に届かず在庫を余らせてしまうと、上記のコストが無駄になってしまうリスクが常に付きまといます。

欠品による販売機会ロス、信用下落のリスク

一方で、モノが売れることは嬉しいのですが、予測したより売れ過ぎてしまった場合もあまり望ましくありません。欲しい人はまだまだいるのに欠品状態となり販売機会をロスしてしまうからです。

欠品によるユーザーからの信用が下がることもまた、ネットショップを経営していく上では怖いリスクとなります。

規模が大きくなると在庫管理のリスクは拡大&複雑化

上記二つのリスクを最小限に留められるよう、常に最適な在庫数を予測し、リアルタイムでコントロールする必要があるのですが、これらのリスクは、ネットショップの規模が大きくなるのに比例して大きくなり、また対応の難易度も圧倒的に上がっていきます。
自社のネットショップだけでなく、モール型のネットショップにも併せて同じ商品を出品しているケースなどはなおさらです。

さらに季節商材などを扱う場合は、商品力だけでなく時期による要素も考慮して在庫管理を行う必要が出てきます。

在庫管理システムの導入の必要性

規模が小さいうちの在庫管理は、経験による予測と、エクセルなどへの手入力でなんとかなってしまう部分もあるのですが、大規模になり複雑化したネットショップの在庫管理は、それに特化したシステムの導入を検討する方が賢明です。

在庫管理システムを導入すれば、出入荷や受注の状況がリアルタイムに一元管理できるため、非常に効率的に在庫をコントロールできます。

在庫管理システムを導入する際は、以下のポイントを参考にして選ぶと良いでしょう。

自社のニーズを明確化しておく

一口に在庫管理システムと言っても、システムごとに得意領域は異なります。物流管理を中心に構築されたシステムが必要なのか、倉庫内のロケーションを管理することを目的に作られ他システムが必要なのか、あるいはその両方の機能が欲しいのか、自社のニーズを明確にしておくことから始めましょう。

商材特性に合わせたシステムを選ぶ

また、扱う商材によっても必要となってくるシステムが細かく変わってきます。例えばアパレルであればサイズを管理する機能は必須ですし、食料品であればトレーサビリティや荷姿管理などが必要となってきます。それぞれの業種業界に特化した在庫管理システムがあるので、自社が扱う商材に合わせて選びましょう。

モール型ネットショップに対応しているか

モール型のネットショップに出品している場合、選んだシステムが出品しているモールに対応しているかどうかをチェックする必要があります。また、マルチテナントで複数のモールに出品しているようなケースでは、システムがそれぞれのモールに対応しているかはもちろん、全てのモールの注文に連動して在庫を一限管理できるかどうかもポイントです。

アップデートに対する対応は迅速か

また、モール型のネットショップ側で提供しているサービスやツールは頻繁にアップデートされますので、それらの仕様変更に在庫管理システムがスピーディに対応してくれるかどうかも確認しておく必要があるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

冒頭で、在庫管理は規模の小さいうちはあまり気にしなくて済む問題と言いましたが、もしネットショップの売上を拡大し、規模を大きくしていく計画があるのであれば、規模の小さいうちからシステム導入を検討しておくのが懸命です。

すると、在庫管理に対するナレッジが溜まり、精度の高い最適在庫予測ができるようになりますし、いざ規模が大きくなった時に効率的に対応できる基盤ができるためです。

PR:ECサイト構築パッケージ「EC-ORANGE」ではお客様にECサイト開発のノウハウをお伝えしています

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例
エスキュービズムニュースレター!
お役立ち資料ダウンロード
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る