• このエントリーをはてなブックマークに追加

「ネット通販は景気の影響を受けない」
楽天の三木谷社長が、決算説明会で発言したそうです。

株式を上場する主要ネット企業の決算が出揃い、
ショッピング・消費関連の楽天やカカクコムが営業利益を
2倍以上に伸ばしました。

そして、前述の三木谷社長の言葉です。

「楽天市場」は76億4千万円の営業利益。
5万点を超える商品、配達スピードのサービス向上に
よるものも大きいと思われます。

他にもアパレル通販サイト、「ZOZOTOWN」も
営業利益は約25%増、会員数も4.2倍と好調。
「顧客の20代に景気低迷の影響なし」とみているようです。

独自のホスピタリティや、明確なターゲット設定、
バツグンの費用対効果、など
他にはないサービスを展開している企業は
景気低迷にも強いのでしょう。

この景気の中でも、ECサイトの可能性はまだまだ
ありそうなのが、頼もしいですね!

ユーザに愛され、消費が活性化するECサイト構築の
お手伝いを、私達もしていきたいと思っています!

関連記事

アーカイブ

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

ページ上部へ戻る