• このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、ECの業界でフラッシュマーケティングという言葉をよく聞くようになりましたね。  
  

でも、「フラッシュマーケティング、聞いたことあるけれど、要するに何なの?」という方も多いのではないでしょうか?やや固い表現で説明をすると、フラッシュマーケティングとは、  
  
  

「商品やサービスの提供にあたり、割引価格や特典がついたクーポンを期間限定でインターネット上で販売、24~48時間程度の短時間(フラッシュ)に集客・販売を行う」
  
  

マーケティング手法といわれています。その手法を活用し、もっとも成功している企業がアメリカのGrouponでしょう。先頃、日本の(同じくフラッシュマーケティングを展開する)ベンチャー企業「クーポッド」を買収したニュースが出た関係で名前を聞かれた方も多いかと思います。
  

フラッシュマーケティングについて語られるときに、  

  

「フラッシュマーケティング?どうせ一過性のブームじゃないの?」  
  

という声を聞くことも多いのですが、Grouponの成長した規模とスピード(創業2年で売上300億円、利益40 億円超を達成!)をみていると、それが単発のヒットではなく、ユーザーだけでなく事業者も含めてWinWinとなるエコシステムをつくりあげたことは認めざるを得ません。  
  

では、これ以降、
  

「一体、フラッシュマーケティングとはどのようなものなのか?」
「フラッシュマーケティングの何が新しいのか?」  
  
といった点について、Grouponのサービスをひも解きながら具体的に考察してみたいと思います。
  
  
Grouponのサービスは非常にシンプルです。  
地域を指定して,「Today's Deal(今日の商品)」があるかどうか見て,後は購入する場合はクリックするだけです。

しかし、そこには”街”と”消費者”を巧みに結びつけた仕組みがあります。  
  

■消費者にとってのベネフィット
  

一度、ユーザー登録をするとGrouponのサイトには”Today's Deal(今日の商品)”というかたちで、その日のお得なクーポンがサイトに表示されます。また、メールでも毎日、送られてくるのですが、それが大量の情報ではない(表示・配信される”Today's Deal”は一日一枚!)ため、ユーザーは情報の波に溺れることなく、「今日は何が得なのかな?」と気軽に配信された情報を確認します。逆にいえば、Grouponが、数多ある情報のなかから登録ユーザーが得と感じる情報を選別し、配信するファンクションを果たしているともいえます。
  

■”街”にとってのベネフィット
  

また、一方の”街”、各商店にとってもメリットがあります。それはGrouponが、商店は料金を支払うこと無く広告を表示できる成果課金型のビジネスであることです。一定の人数の購入希望があれば、お店が正式に割引クーポンを発行し、Grouponは成約金額のうち決められた料率の手数料を受け取るモデルですので、お店はお客さんが付いた後にはじめて支払いが発生することになります。 

  

Today's Deal(今日の商品)は、一見、「先着10名限り」の目玉商品に似ているのですが,その仕組みにソーシャル性が組み込まれる点において大きく異ります。どういうことかというと、いわゆる目玉商品は人に推薦すると損をしますが,Grouponは(最低購入単位があるので)人に推薦することで自らが得をします。そのため、商品を購入したい利用者にとって,クチコミをするインセンティブが生まれます。
  
街の商店にとっては、  
  
  
クチコミが自生的に発生する仕組み、
リピート顧客の獲得可能性、
サイト上での店舗・サービスの認知  
  
  

などを初期費用が発生せず提供される、Grouponはこれまでなかった広告ツールであるといえます。   

 

以上、Grouponの事例をみましたが、これらの知恵は現在、ECサイトを運営されている事業者様にも活用できるのではないでしょうか?例えば、
  
  

ECを展開しながらリアル店舗を持っている企業様、  
また、既にローヤリティの高いファン層を抱えているECサイト事業者様、
  
  

などは、Webとリアルを結びつけるフラッシューマーケティングを上手に活用することによって、更に顧客接点を増やし、売上アップにつなげることができるのではないでしょうか?  
  

考えていると色々と想像が膨らみますね!  
  

エスキュービズムは、これまで様々なECサイトを構築してきた経験から、お客様が持っていらっしゃる様々な課題を解決する御提案ができます。ECサイト構築につきまして、何か御相談や御質問等ございましたら、コチラまでお問い合わせをいただければと思います。
  

よろしくお願いいたします。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る