• このエントリーをはてなブックマークに追加

Mコマースの持つ可能性についに高級ブランドも着目!

一般的に中国の消費者は、ゲームや電話をするためだけでなくスマートフォンを通して非常に頻繁に買い物をする傾向が

ある事が分かっています。

昨年だけでもスマートフォンを利用した購入額は前年比168%の上昇率を見せており、パソコンにおける上昇率を凌ぐ勢いです。従って、このままの状態が続くと、モバイル機器を通した商品販売というのはパソコンを使って行う場合よりもマーケットにおける重要度が高くなる日も遠くはないと言っても過言ではないのです。
peoples-republic-of-china-741728_1280
iResearch社が発表した実際の数字を見てみると、前年度上半期だけで売上高は前年比168.3%、金額にして3,620億元以上(およそ584億アメリカドル相当)という記録を示しており、2014年全体ではその数字は218.3%にまで上昇しています。

このような急激な成長の結果、中国国内におけるモバイルプラットフォームの存在感や重要性はますます大きくなってきています。

高級製品取り扱いブランドへの影響

Mコマースのこのような急成長を受け、高級製品を取り扱うブランドもここにきてオンラインショッピング、ひいては独自のモバイルアプリの開発といった点の必要性に目を向け始めています。実際にシャネルやフェンディといったブランドも今年中の対応を目指して動き始めています。

このようなオンラインショッピングサイト構築のトレンドに続いて、中国国内で有名なインスタントメッセージアプリWeChatを活用するケースも増えてきています。

例えば、中国のアパレル販売サイトShangPinは2013年にWeChatアプリとモバイル対応サイトを採用した結果、売り上げの40%がこのアプリとモバイルサイトを通して行われるようになりました。また、イタリアのアパレル販売企業Yooxも同様にWeChatのモバイル対応アプリを今年に入って開発しています。

しかし、これらのアプリはただ単に消費者の興味を引く面白いコンテンツなどを提供するだけでなく、リピート顧客の獲得につながるシステムを兼ね備えているのも特徴で、イメージ画像を効果的に使用したPinterestの機能などはその好例です。

業務提携のもたらすメリット

とはいっても、実際のところは中国でのモバイル機器を通した商品購入はほとんどがEコマース大手販売サイトで採用されているアプリを通して行われているのが現状です。ちなみに2015年上半期の時点でAlibabaはすでにPC、モバイル市場において84.5%のマーケットシェアを獲得しており、JD.comもモバイル市場では5.2%のシェアを獲得しています。

高級ブランド各社もここに目をつけており、徐々にこれらのマーケットリーダーと業務提携を結び始めていますが、あまり「安売りのサイトで販売されている」といったブランドイメージを持たれることの無いように細心の注意を払っています。

そのような中でも実際にBurberryとCalvin KleinはTmallと、SephoraはJD.comと積極的に業務提携を結んでいますが、その背景には高級ブランドイメージを失いかねないというリスクはあるものの、中国国内のEコマースリーダーと業務提携を結ぶということには大きなプラス面があるという事実があります。具体的にはより規模の大きなマーケットへの進出が出来るという点に加え、海外で購入した商品を国内で再販する「グレーマーケット」へも対抗できるうえ、商品運搬管理ネットワークもしっかりと整備されており、WeChatを通したEコマース販売も大変効果的です。さらに購入者側としても、商品レビューを閲覧しながら購入するかどうかを決定することが出来るという点も大きなプラス要素と言えるでしょう。

ヨーロッパでは消費者はパソコンを通して買い物をする傾向にありますが、中国ではむしろその逆で、一般的にスマートフォンを利用するケースが非常に多くなっています。

事実、近年はモバイル機器を通した商品販売額は150%を超える勢いを見せており、高級ブランドに限らず格安商品を取り扱う販売業者も、この現状を理解した上で販売戦略の見直しを迫られています。つまり、顧客数増加ならびにセールスアップを達成させるためにはモバイルマーケットへの進出は最重要課題であると言えるのです。

この記事はThe impact of the m-commerce on luxuryを海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

モバイルアプリはマーケティングの次の一手に!

市場調査ダウンロード
モバイルアプリは今後企業のマーケティングの次の一手に成り得るかもしれません。
海外〜日本のアプリ市場動向、モバイルアプリ利用者の行動についてのレポートから、アプリをどのようなシーンで利用するかなどをまとめた資料が無料でダウンロードできます。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る