• このエントリーをはてなブックマークに追加

従来の小売販売のカタチを変える最新テクノロジー

近年のモバイルテクノロジーならびにモバイル決済技術向上の影響を受けて、小売業者の業務管理方法にも変化が

見られています。業界の最先端を行く企業は常に利益向上とコスト削減を実現するシステムに着目しており、その結果生まれる最新テクノロジーは新しい可能性を次々と示してきています。

ワイヤレステクノロジーは過去数年に渡って従来の小売販売の形態に大きな影響を与えてきましたが、コストや安全性、また実用性といった面でその効果が限られてきていました。その様な中、ワイヤレス・ローカルネットワーク(WLAN)技術は急速な進化を続け、全ての規模の小売業者にとって手軽で便利に利用できるものとなってきています。またモバイル決算から在庫管理、カスタマーサービス管理に至るまでWLANを利用することで小売業者にとってはカスタマーサービスを始めとした各分野における質の向上を実現することができるのです。

モバイルPOS決済

POS決済とは実際に商品を買い物客に販売する場所で行われるもので、一般的にはレジカウンターにあたりますが、このセールスカウンターはサイズが固定しているためそこで作業に当たる販売員の数やレジの数は限られています。したがって繁忙期などは買い物客がレジカウンターに長い列を作ってしまうことになり、その結果商品の購入をあきらめることで売り上げに影響する他、カスタマーサービスにおいても悪い印象が植えつけられてしまい、再び来店してもらうことが難しくなってしまうのです。

WLANテクノロジーの利点

その1:完全モバイルPOSシステムでは携帯式端末、プリンター、そしてクレジットカード情報スキャナーが利用できるため、店内が混みあっている際には販売員を店内の様々な場所に配置することで、クレジットカード利用者が列に並んで待つことなくよりスムースに購入手続きを行うことが可能になります。

その2:会計の列に並んでいる買い物客が購入しようとしている商品をモバイルデバイスで事前にスキャンしてデータを記録することで、会計のスピードアップに繋げることができます。クレジットカードを使用して支払額も少額の場合はスキャンしたその場で会計自体を完了させることも出来ますし、支払額が比較的大きい場合、または現金や小切手で支払いが行われるケースではスキャンした後に「チケット」が印刷されて手渡され、レジに着いた際にはそのチケット見せるだけでスムースに支払いに移る事が出来ます。

在庫管理



Data Storage Device / BinaryApe

モバイルテクノロジーは、小売業者にとって長年の懸念材料であった店舗内・倉庫両方における在庫管理の費用面で大きな効果を発揮します。

基本的には倉庫に商品が到着した時点で記録を行い、販売店舗に移動する際に追跡システムで管理したうえで、実際に購入された時点で在庫から削除するという流れになります。この動きをリアルタイムでアップデートしていくことで、商品棚に該当商品が無い場合に店内にストックがあるか、または倉庫に保管されているのかといった情報を瞬時に得ることが可能になります。

正確な在庫管理情報は品切れの発生も防ぐことになります。最近の調査では、40%の消費者は探している商品が店舗内で見つからない時には、他の店舗で購入をするという結果が出ています。このことからも品切れを未然に防ぐことが売り上げの増加と顧客満足度につながってくるということは明白です。

また、商品が到着した際にはワイヤレスLANを通してメイン管理システムと連動した携帯バーコードスキャナーを使用することで、商品が在庫に追加されその具体的な所在地もデータとして保存されます。実際のところ小売業者の多くが店舗直送(DEX)や統一コミュニケーション(UCS)基準に対応したテクノロジーを採用しており、これによって配達ドライバーがそのまま納品書を会計システムに送ることができるために会計面での処理が簡潔化されることになります。

DEXインターフェースのほとんどは有線式のポートが必要ですが、ワイヤレス版もここにきて開発されてきており端末とポート間の有線接続の必要が無くなってきています。ワイヤレス端末は通常の有線で使用できる範囲全てに設置が可能ですし、このデバイスを使用することで、例えば在庫補充をする際にバーコードをスキャンするだけで在庫管理が簡単に行えるようになります。

また、ホストコンピュータとの連携で店舗内およびバックスペースでの在庫量を瞬時に照会することができ、該当商品が店舗内に陳列されていない場合はWLAN端末を通して正確な保管場所も検索することが可能です。

さらにバックスペースにも在庫が無い場合はその場で管理倉庫へ発注を行える他、販売価格に変化があった際もプリンターで価格リストを印刷できるため、素早く店舗内の各商品に反映させることができます。

カスタマーサービス


Customer service / Alan Cleaver

カスタマーサービスの充実という点でもWLANテクノロジーはその効果を発揮しますが、特に低コストで行えるという点は特筆ものです。買い物客から最も多い苦情は「会計での長蛇の列」を筆頭に、「間違った価格表示」「質問をしたくても店員が見当たらない」または「捜している商品が見つけづらい」といったものですが、モバイルテクノロジーはこういった課題にも人員やコストを追加せずに対応することができるのです。

中でも店舗内に設置された販売価格確認キオスクは消費者の好評を得ており、セール商品、値札外れ、間違った値段表示、返品アイテムといったような本来の販売価格の確認が難しいケースでも、キオスクの機械で商品のバーコードをスキャンするだけで正確な情報を得ることができます。

こうすることで買い物客はわざわざレジまで行って価格確認をする必要が無いため、一般的に会計エリアのスピードアップにもつながってきます。こういった利便性も配線の必要が無いモバイルWLANテクノロジーならではのもので、店内における配置場所も自由に移動することができるため、特別セールまたは期間限定販売などを行うセクションがある際にはそこへキオスク自体を移動させて対応することも可能です。繰り返しますが、このような柔軟な対応は配線が必要なシステムではほぼ不可能です。

また、WLANシステムでは商品の在庫情報や一般的な問い合わせへの対応といった面でのサービスの向上も期待できます。

具体的には、買い物客自身がセルフサービス式の店舗内キオスクを利用することで商品情報をはじめとしてセールス製品、または周辺の他店舗の住所や在庫状況といった情報にもアクセスすることができる他、キオスクに設置された「係員呼び出しボタン」を押すことで自分で探し回ることなく簡単に販売スタッフを見つけて質問をすることが出来るという具合です。

現実的には、テクノロジーの利用によって売り上げを劇的にアップさせたり顧客満足度100%を保証するようなことにはなり得ませんが、今回ご紹介したモバイルテクノロジーに関しては小売販売の「カタチ」を変えることで、従来の問題点の解決、業務効率の向上、顧客満足度アップといったことを実現し、その結果として販売実績にもプラスに反映されていくという効果が期待できるのです。

この記事はNew Technologies - Changing Traditional Retail Practicesを海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る