• このエントリーをはてなブックマークに追加

小売業界トレンド、Mコマースの次は「Vコマース」に注目!

オンラインショッピングが世界中で一般化されて久しくなり、今や買い物の手段としてはインターネットはむしろ当たり前という認識を得るまでになっています。

パソコンからウェブサイトを通して買い物をする「Eコマース」から始まったこのトレンドは、スマートフォンや買い物アプリなどのモバイルテクノロジーの発達に伴い、現在「Mコマース」が主流となってきています。最近ではほとんどの消費者がスマートフォンを使用している時代ですから、パソコンの前に座ってスイッチを付けてサイトを探しながら買い物をするよりも、いつでもどこでも手軽にアクセスできる携帯電話の買い物アプリを通して商品を購入する方が格段に便利だというわけです。

<Eコマース→Mコマース→そしてVコマースへ>

先に触れた通り、EコマースからMコマースと続いた流れは今後Vコマースへと移行していく事が予想されます。Vコマースとは「バーチャル(Virtual)」コマースの事を指し、実世界での買い物よりも優れたカスタマーサービスを提供できるというのが特長です。では、このVコマースの性質とは具体的にどのようなものか順に見ていきましょう。

tablet-338300_1920

ビジュアル販売ツールならびに集中分析機能

シンプルかつ効果的なこのツールは、コンピュータの知識の無いユーザーでも簡単に使いこなすことが可能です。またEコマース分析機能と一体化しているため、消費者がどこを頻繁にクリックしているか、人気商品はどれか、また買い物かごに商品を残したまま購入に至らない原因は何かといった要素がクリック一つで完全に把握することができます。

アドバンス検索などの各種機能が充実

Vコマースにおいては検索ツールやナビゲーションなどを必要に応じて活用することができます。つまり買い物かごや精算プロセスを簡潔かつ利用しやすくすることによって、サイト訪問者を一人でも多く商品購入に導くことが可能になるのです。

個別対応サービスにより売上アップ効果

Vコマースでは個別対応カスタマーサービス機能によって、消費者が求めているまさにその商品を提案することができるため、売上アップ効果が期待できます。例えば「この商品を購入したお客様はこれらの商品も購入しています」や「あなたにおススメの商品」などといった形での提案方法が一般的です。

e-commerce-402822_1920

A/Bテストなどによる実践データ管理

Vコマースでは複数のサイトシステムを実地テストにかけることでどのシステムが最も効果的かを判断することができます。こうすることで特定の顧客ターゲットに効果的にアプローチすることが可能となり、さらにはセキュリティの確立した支払い機能の搭載を実現することで消費者は安心して買い物を楽しむことができるのです。また、オンライン上の各種攻撃からもサイト自体をしっかりと守ってくれます。

充実した商品イメージなど買い物をより楽しく

充実した商品画像や説明文などもVコマースの特長です。また、世界の主要通貨や使用言語、さらには購入商品の国際配送にも対応しているなど消費者にとっては便利な機能が多く採用されています。

このように、便利かつ重要な機能が満載のVコマースはこの先ますます浸透していく事になるとみられますので、小売業界に携わる者としてはこれからも目が離せません。

この記事はV-commerce – The Next Big Thing After Ecommerce and Mcommerceを海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

記事に関連するサービス
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
店舗スタッフの動画投稿から販売につなげる動画コマース「TIG commerce(ティグコマース)」
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る